FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

お好み焼 鉄板焼 さかえ@中書島

2020
26
新型コロナ発生で緊急事態宣言以降、食べに行ったお店のネタを2週間寝かせる!マイルール発動中、というのは何回か書いているのですが、ネタが尽きてきたのもあり、ようやく時差1週間ほどになった金曜日のディナーネタ。

さかえ(小)_001

今回も4月にオープンしたばかりのお初のお店。中書島にあるお好み焼き店「さかえ」なるお店。以前、こちらでご紹介した、緑豆ちぢみが素敵に美味しい韓国料理店、「紗蘭」 (さらん)の居抜き物件。今度のお店はどうかなあ?と気になっていたのだ。店内に。

さかえ(小)_005

奥に4人掛けテーブル席が4。そこが既に満席。鉄板前のカウンター席が4席あり、そちらに入れてもらう。料理進行を観察しながら呑むのが好きなので、我々にとっては一等席なのだ。ガタイの良い40代半ばほどのご店主と奥様、サブのお兄さんの3名体制で回されているのですが、流石に満席近いのでてんてこ舞い状態。

さかえ(小)_002

鉄板アテメニューの一部。スジ煮込みやポテサラなどさっと出てくるものが別に何種類かあり、全20種弱ほどかな。あとはお好み焼にベタ焼、焼きそば、焼きうどんと京都のお好み焼店としては標準的な構成。とりあえず、〆はお勧め!と書いてあるベタ焼にして、まずはアテ類で一杯呑もう!と言ういつもの作戦で。 

さかえ(小)_003

で、私は生ビール、相方はブラックニッカハイボール。確か¥400しなかったような。生ビールも¥480とかの良心的価格設定だったように記憶。(メニュー撮影失念汗汗)

さかえ(小)_006

目の前で焼かれているところを見て、ほー!と思ったとん平焼は¥500なり。初めに豚こまをざっと鉄板で炒めて、皿に取り、鉄板で細長ーく溶き卵2個分ほどを広げて、上に炒めた豚こまを乗せ、器用にくるくるくるっとコテで巻き上げて出来上がり。 ポン酢でどうぞ!と言う趣向。

さかえ(小)_008

とはいえ、お好み焼き店では、ソースが気になる我々。ほぼ激辛レベルの辛ソース、やや辛めのピリ辛ソース、ステンレスポットの甘口の三段階がスタンバイ。マヨネーズと青のり、鰹粉と一味、と言う編成。半分はポン酢であっさり頂いて・・・

さかえ(小)_009

残りは辛ソースの味見。いやー中々パンチのある感じで美味しいのだ。京都のお好み焼き店は、こうでなくっちゃイケませんな。

さかえ(小)_011

アテその2は、どこでもポテサラを食べる人ですので、あれば食べます。なんと¥300!という超良心的価格。その上、量もしっかりなマヨネーズしっかりの家庭的なお味ですが、美味しいのだ。私は角ハイボール¥480?にスイッチ、相方は、お替り!ということで。

さかえ(小)_010

ホソキムチ¥700なり。脂ぷりっぷりのホソ(小腸)、味付けが上手ですなあ。円やか辛くて美味しいのだ。このキムチのタレと胡麻油が混ざったのが堪りませんな。間違いなく、この周辺のお好み焼き店でも相当にハイレベル!ということで、目の前で焼けていたアテを2品追加注文。

さかえ(小)_012

相方がなぜだかこういうお店で注文する確率が高い砂ズリは¥500なり。一味を掛けたのは私です汗。量的にも非常~に良心的でコリコリと期待通りのお味。シャキシャキの刻み葱が美味しいと、更にネギ刻み乗っけ系のこちらを。

さかえ(小)_013

当店のお勧め!だったスジ焼き¥600なり。煮込んである筋では無くて、1.5cm角ぐらいの角切りにしている生のスジ肉(想像するに、ランプあたりかな)をコテでぎゅうぎゅう押し付けけながら香ばしさを付加するレシピなのだ。これも美味しい&大お得!メニューですな。我々もお勧めいたします。

さかえ(小)_004

で、〆は当初の計画通り、このお店最高価格メニュー、ベタ焼蕎麦入りミックス¥950の油カス入り+¥300+ネギわさっとトッピング(いくらだろ+¥100ぐらい?)をお願いするのだ。

さかえ(小)_016

目の前で焼けていくプロセスを眺めているのが楽しい。京都人には説明不要ですが、ベタ焼きとは広島焼きと製造プロセスはほぼ同じで、まず薄焼きの生地をクレープ状に焼いて、上に、キャベツ千切り+そば+具材のあと生地を少々回し掛け、蓋をして蒸し焼きにしてから、薄焼き玉子焼の上にひっくり返す、というようなレシピなのだ。 広島との違いは生地の固さ(京都の方がしっかり目のお店が多いかな)ですかねえ。 

さかえ(小)_014

焼き上がったあと、ソースをお好みで掛けて下さい、その上からネギを掛けますので!というプロセス。我々の場合、甘口ソースのみ!マヨ無しで仕上げて、取り皿の上にてんこ盛りで激辛いソースとマヨミックスを作り、そこにちょんちょんと付けて食べる、と言う作戦。(味付けをコントロールできるので・・)なので、中途半端なピリ辛ソースはどのお店でもほぼ出番なし汗

さかえ(小)_015

厚さ3cmは確実にあるボリューム感満載な一品ですが、キャベツしっかり目なので意外にするんと胃袋に落ちるのですな。いやー、これはなんだか大変ハイレベルではないか!という感想。

で、いつものように一番最後にやってきて、最初に帰る客になる滞在時間1時間15分。いやー、大満足でした。で、生ビール1とハイボールなんやかんやで5!とそこそこ呑んで、以上で¥7000なにがしという全然大大大納得!価格でした。
もう既に中書島では知る人ぞ知る人気店で予約が確実なようなのですが、我が家の徒歩10分圏内に、テッペン!という人気お好み焼店があり、そこも粉もの系メニューは異常にコスパ優秀なので、今度からどちらに行こうか悩むことになりそうな一軒。ご馳走様でした、また来ます~! 
 
 

◆お好み焼 鉄板焼 さかえ
住所:京都府京都市伏見区東浜南町660−2
営業時間: 平日17:00~23:30 日祝17:00~23:00 水休
TEL:050-461-2301
関連記事

0 Comments

Add your comment