FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

うなぎの初音@三重県亀山市

2020
26
夏休み中に三重県四日市にあるミシュランビブグルマン選出の鰻屋さんに行ったのですが、新名神が空いているので2時間足らずで楽勝で行けることが判明。更に調べてみると国内でも三重県は鰻消費量が多いうえに、お値段がお手頃な鰻屋さんが沢山があることも判明。で、いつもの探求心がむらむらと持ち上がってきて、相方に「週末は三重県方面に鰻と温泉ドライブなんてどうよ?」と提案、速攻でOKということに。

うなぎの初音(小)_001

で、やってきたのは三重県亀岡市にある鰻店、「うなぎの初音」。丹波橋の自宅を9時前には出発し、お店前PAに到着したのが10:20。お店は11:00オープンなのですが、お店の外に出してある予約表で11番目でした。(少々びっくり・・・・) 一回転目に入店できたのは14組ほどで、整理券とメニューを頂いて、先に注文を言っておくのだ。

うなぎの初音(小)_002

で、一回転目のお客さんは11:00にお店前集合!ということになっていて、以降の来客は貰った整理券に書いてある順番になると、お店の看板下にある電光掲示板に表示されるという合理的な仕組み。PAは30台以上楽々停められるのですが、エアコンを効かせた車内で入店待ち出来るのがありがたい。並ばなくても良いので三密対策もばっちり。

うなぎの初音(小)_004

店内は72席も入る巨大な箱。御覧のカウンター席以外のテーブル席は基本全席埋めておられる模様。とはいえ席の間隔も広めに取っているので、店内も三密対策はばっちり。

うなぎの初音(小)_003

こういう掲示も気配りを感じますなあ。。。とは言え、まさかメニュー表がないとは思わなかったので(滝汗)写真撮影できませんでした。。。だはは。 で、書いておきますと、鰻丼は松竹の二段階で¥2030、2670。鰻重は松と特製松の二段階で¥3180、3880、ひつまぶしは¥3380、3990なりという価格帯で、全て税込み価格なのが嬉しい。単品は長焼きぐらいで、枝豆・もずく・冷ややっこがおつまみ系というシンプルな構成。 またまた白焼きを食い損ねました・・残念。。

うなぎの初音(小)_005

流石に11番目なので、店内でも20分ほど待ちましたかね・・。暫しの後、ばばーんと私注文の特製松うな重登場。では、開けます~。

うなぎの初音(小)_007

特製松うな重は、概ね一匹サイズの鰻がばばーん! 肝吸いと冷ややっこ、お漬物、口直しはオレンジという構成。

うなぎの初音(小)_008

アップ写真。腹開き&地焼きの関西風ですが綺麗な焼き色。焼きは、皮のぱりぱりさを引き出すよりも脂の落とし量をコントロールして身のしっとりほわほわさを引き出す焼き方のように思いました。タレはさらっと系ですが結構塩分がっしりで、前回と似ているかも。三重県のタレは少々濃い目が多そうな。炊き立てで粒の立った白ご飯ともばっちり。

うなぎの初音(小)_009

相方はおひつまぶし¥3380を注文。特製ひつまむしとの違いは鰻量のみ、な模様ですな。肝吸いが欲しければ鰻重を!ということのようです。。

うなぎの初音(小)_010

で、おひつまぶし用の鰻が焼きをまったく変えていることに気が付くのだ。こちらのほうは鰻重用よりがっちり火を入れている感じで皮がぱりっぱりに焼けていて、焼きが強い分、脂は少々落としてある感じ。このほうがさっぱりダシ茶漬けには良く合いそうな予感。

うなぎの初音(小)_011

で何はなくても、いつものこれを。いやー幸せですな、とことん! 
周りを観察しますと、常連さんはほぼひつまむし派のようです。特製ひつまむしに、単品の白ご飯を追加注文する人に遭遇・・

うなぎの初音(小)_012

基本、鰻には粉山椒が欲しい派なのでお願いしました。我が地元、清水坂七味屋本舗謹製だったので、にっこりする二人。

うなぎの初音(小)_014

お茶碗もお店オリジナルで、なんだか可愛らしいのだ。

うなぎの初音(小)_013

相方にちょっと頂戴よ!とお願いし、ダシ茶漬けを少々。ダシの追加なども気軽にお願いできます。ご飯量はかなりしっかり目(特におひつまむし)なので、普通の食欲の人なら、ご飯大をお願いしなくても大満足でしょうな。

うなぎの初音(小)_015

で、支払い時にこちらのお店も2019年度ミシュラン三重で、ミシュランプレートを獲得されていることが判明。いや、下調べ不十分(滝汗)ですな。。以上で¥8000チョイ(ノンアルビール2本付き)のお支払い。ご馳走様でした~、美味しかったです!
 

 

◆うなぎの初音
住所:三重県亀山市関町新所898-1
営業時間:11:00~14:00 16:00~19:00 鰻売り切れ仕舞い 月休・第3火休
TEL:0595-96-0157

関連記事

0 Comments

Add your comment