FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Roji-oku@仏光寺通室町西入

2020
02
相方と、今晩はお肉の気分だよね~と意見一致。が、焼肉ではなく赤身肉ローストのようなのが良いよねということに。となる、と我が家では某マニアック肉料理イタリアンを真っ先に思いつくのですが、予算が合わないのでもう少々お手頃価格なお店は無いかとリサーチ。と、この8月に京野菜とローストビーフが頂けるお気軽系なビストロがオープンされていることを発見。早速行ってみよう!ということに。

Roji-oku(小)_001

やってきたのは、四条烏丸から二筋南で西に200mほど、仏光寺通室町西入にある「Roji-oku」なるお店。実は以前、看板を取り換えている工事中にたまたま前を通りかかり気になっていたのだ。店名の通り、この前のずーっと奥、右側にお店があります。

Roji-oku(小)_013

その時目に付いたのが、このウエイターさんのイラストで、なんだか印象に残っていたのですな。店内に。

Roji-oku(小)_002

想像以上に大きなお店で、食べログによると全50席。個室ブースもあるようで、全体は良くわからない(汗)のですが、お洒落な6席のカウンター前のテーブル席に案内される。テーブルごとに御覧の黒いスクリーンで間仕切りされていて、席間もかなりゆったり目で三密とは無縁状態。 

Roji-oku(小)_003

メニューその1。それほど豊富ではないですが、ツボは押さえている感じ。創作系ビストロなのかな。。。お店HPによると、京野菜×ローストビーフ×Bistroというコンセプト。スタッフ含め、お若く元気で健康的なお店。

Roji-oku(小)_004

メニューその2。メインの一押しはこれを食べに来た!のローストビーフ。宮崎産黒毛和牛だそうな。牛タンカツサンドに後ろ髪惹かれつつ、基本何をアテにしてワインを呑もうかなあ?ということに。尚、日本酒もあり、①伏見の招徳旭、②佐賀の天吹うるとらDRY ③京丹後の久美の浦KENRO ④新潟のイトッキー ⑤京丹後の白杉金シャリ という布陣。¥1000ほどでした。

Roji-oku(小)_015

何はなくてもこちらから。。泡グラスは確か¥800ほどだったかなあ。。

Roji-oku(小)_005

★があるメニューがお勧めだ!と言われると、それから攻める素直な我々。まずは、お勧めその1、牛タン時雨煮とアボガドタルタルで¥980なり。生姜が効いたすき焼き的味付けの時雨煮の上に、アボガドの微塵切り(なにか野菜の微塵切りが・・・)+温泉玉子!という旨くないわけがない(二重否定)、という。時雨煮ががっしりした味付けなので成立するのだなあ、となんだか納得。

Roji-oku(小)_007

薄切りバゲットもアテになるのですが、我々はパンを追加でお願いしました。むっちり系のバゲットで文句無し美味しい。

Roji-oku(小)_006

前菜盛り合わせ¥1000なり。ビジュアル良好&お手頃価格ですな。。手前から、サラミに鴨レバーペーストのカナッペ、真ん中はオリーブ、色々自家製ピクルス、ポテサラに鯵のカルパッチョという布陣、鯵のカルパッチョの味付けや、ポテサラが明太子ローズマリー風味だったり色々と工夫あり。量的にも程よい感じ。

Roji-oku(小)_012

これは白ワインのほうが良いよねえ、とボトルで。Ginestet 5 Cinq Etoilesなり。ボルドーですが、するするっと呑める系。確か¥4200なり。

Roji-oku(小)_008

鮎のコンフィはラピゴットソース(みじん切りの野菜類ソース・ビネガー極少)で。¥880ナリ。フォークで頭を押すとほろっと崩れるほど柔らかく。いやー、これまた良いアテなのだ。
で、いよいよメイン!なのだ。200gにしました。

Roji-oku(小)_009

なんだか久しぶりにお目に掛かった様な気がするローストビーフ200gは、¥3500なり。赤ワイン+トマト・ほんのりガーリック系のまさにローストビーフソースがたっぷり。

Roji-oku(小)_010

厚みは7mmほどあるかな。いやー、どういう火入れなのですかねえ、この美しいピンク度合い。が、ちゃんと火は入っていて、お肉の旨さに柔らかさを求める人なら正に納得!な味わいでしょうなあ。レア&えげつなくジューシーで、この少々お下品な感じのソースが超合っている!と思いました。いやはや、驚きがある一皿。黒七味を合わせるのも良いアイデア。

Roji-oku(小)_011

相方に〆に牛タンカツサンドを提案するもNG!で、次善策で「農園野菜と京赤地鶏のスパイシーリゾット」¥1200を少ない目で。これも見事な米粒の火の入り方、どことなくモロッコ的スパイシーさを感じる味付けも非常に口に合いました。お勧めいたします~。

以上で〆て¥15000ほどという大納得価格! お酒はお安くないので、呑むとそれなりになのですが、このお料理はハマる人が居そうな予感。ローストビーフ好きはぜひ行って追試を。ご馳走様でした。
 
 
◆Roji-oku(ロジオク)
住所:京都市下京区糸屋町215-1 ブローディア仏光寺 1F
営業時間:11:30〜15:00(LO14:30) 17:30〜24:00(LO23:00) 月休
TEL:050-5457-0489


Roji-oku(小)_014


食後の散歩写真。土曜日というのに、まだまだ人影は最盛期の半分ほどですかねえ。
関連記事

0 Comments

Add your comment