FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

味処 おたんで晩御飯(3)@福井駅前

2020
06
なんだか久々の福井出張になった9月前半。前入り+1泊の計2泊で、朝からテレワークで自宅で仕事し、夕方京都駅に移動。16:50のサンダーバードに乗ってやってきた福井市。また、同僚N氏と一緒。今日は移動だけで、とりあえず晩飯でも喰います?ということに。

おたん(小)_002

めざすは、福井駅西口の真ん前にある商業施設「ハピリン」。そこの1Fにこういう渋い居酒屋さん「おたん」があるのだ。ハピリン建築前からこの場所で居酒屋さんをやられていて、ハピリンオープンと共に移転、営業再開された模様。とりあえず、立地的には超便利な場所で、JR改札口まで300mなさそう。駅から雨に濡れないで来れるのも二重丸。(へたばっていたので、新店開拓する根性がなかった・・・・というのもあります(滝汗))

おたん(小)_003

火曜日の18:30過ぎという中途半端な時間帯。いつもは酔客でぎゅうぎゅうなのですが、こんなに空いているのは初めて。コロナの影響か、今日は我々ともう1組ぐらいで、帰ることには5組ほどという状況。基本、海鮮系居酒屋さんなのですが、おでんも人気。明日から本業がヘヴィーウイークに突入!なので、お酒は軽めにね!ということで。

おたん(小)_004

トリビーを注文したら、一緒に出てきた突き出し。茄子と万願寺を炊いたおばんざい的なもので、ま、ほっこりと進行するのだ。

おたん(小)_005

ここに来たら食べている気がするクイックメニュー、牛もつ煮込みは¥500。とろとろで赤味噌でしっかり!な間違いないお味。ビールが進みますな~。

おたん(小)_006

本日の刺身盛り合わせはビンチョウマグロ3貫、クロマグロ2貫、鰤3貫、イカ2貫とゲソ、それに蛸二貫というしっかり5種盛りで¥1500なり。イカゲソの新鮮さににっこりしつつ。ま、この辺りのお店で最良!ではないのですが、CPはかなり良好な部類。更に冬の間は盛り込みがぐっと増えるのだ。

おたん(小)_007

ダシ巻はLサイズ玉子3個分は確実サイズで¥450という良心的価格。

おたん(小)_010

酒の種類はそんなに多くないのですが、御覧のような300ml入りが3・4種ありますかねえ。これもここに来たら注文している、一本義の本醸造生酒なり。300mlで¥850というお手頃価格で、さらっと魚介類に合うスッキリ系なのだ。

おたん(小)_008

うざくは¥650だったかな・・。三杯酢に鰻のたれを合わせてあるのがおたん風。これまた良いアテですな。。

おたん(小)_009

ブリカマなど焼いた魚系が売り切れで、推薦頂いた鯖煮つけは¥450なり。これまたお安いですな・・・。これを白ご飯とお漬物、味噌汁で一食成立しそうな、白ご飯にピッタリ系。

おたん(小)_011

同僚のN氏は体重が私の2/3くらいしかない小柄なおじさんなのに、非常に健啖家で、私はもう程よい感じで、そろそろ〆かなあ?と日本酒をちびちび舐めていればOKモードなのですが、まだ追加する気満々。「ここで食べたことがない、好きなものをぜひ」とお願いしたら、こちらの唐揚げ¥700を注文。ランチで唐揚げ定食などもやられているので、揚げ物も結構美味しいのだ。味しみしみ系でなかなかのお味でした。

おたん(小)_012

こちらはホルモンの鉄板焼きで¥800とかそれぐらいのお値段。しまちょうとかそういう部位です。もやしとキャベツでアッツアツ、と言うようなベタで美味しい一品。 量的にも結構満足!

おたん(小)_013

福井市内の居酒屋で、ほぼどのお店も〆メニューに置いている、おろしそば。こちらでは¥500なり。太目の田舎蕎麦を刻み葱と鰹節、大根おろしたっぷりの冷たいぶっかけダシで頂くのですが、大根おろしの効果でさっぱりと〆られるのがいいですな。いやはや大満足。

で、生ビー3に、日本酒300ml、レモンチューハイ1と酒量は控えめで、〆て¥10500!という大大大納得価格。ま、普段使いの駅前酒屋として二重丸。また、近隣ホテルに宿泊していて、遠出するパワーが無い時にお世話になりそうな予感ですな。ご馳走様でした~。

 

◆味処 おたん
住所: 福井県福井市中央1-2-1 ハピリン 1F
営業時間:11:00~23:00 月休
TEL: 0776-28-2502
関連記事

0 Comments

Add your comment