FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

中華料理 福盛苑@京都現地系中華料理店巡り16

2020
07
一部のマニアック系友人のウケが良いので気に入っているネタ、「京都現地系中華料理店巡り、その16」です。
実は今まで紹介したお店の中でも特に現地度は低いお店なのですが、お味&CPはなんだかやるよねえ!なので書いちゃうことにします。お店の名前は「中華料理 福盛苑」なり。場所は京阪桃山南口駅の北向かい、桃山南口交差点角にある分かりやすい立地。

福盛苑(小)_001

この後に、八幡のスーパー銭湯でマッタリ予定なので車でやってきたのですが、ごらんの正面入り口の反対側にPAも四台分確保されております。11:00オープンで10分ほど過ぎた時間帯。店内に。

福盛苑(小)_002

この近くで仕事場があった時期があるので2年前までは結構しょっちゅう前を通っていて、確かこの前も中華料理(ラーメン)店で、その前はうどん屋さんだったような記憶あり。2018年ごろ開業されたお店なのだ。内装は和でも中華でも、という落ち着いた感じで、結構席数あり。 先客はご年配カップル1組。

福盛苑(小)_004

で、今回来よう!と思ったのが、このメニューをGoogleマップで見かけたから。メニュー名は、麻婆太麺となっているのですが、どうみてもこの麺は、生地を手打ちで伸ばす「ビャンビャン麺」では?!ということに。(ちなみに「びゃん」の漢字が凄いので、こちらをご覧あれ。)シェフは、御覧の通り中国から来られた方で、サブのお兄さんとサービスのお姉さんの3名体制だったのですが、キッチン内共通語は中国語。このあたりは間違いなく現地系なのですが、メニューは全部日本語のみ、という状況。更にサービス担当のお姉さんは、ほぼ問題ないレベルで日本語もOKなので無問題なのだ。

福盛苑(小)_005

で、ランチ時は大規模ラーメン店のように、メインの麺類にセットできるサイドメニューもしっかりスタンバイ。しかし、かなりのお得設定ですな。

福盛苑(小)_003

更に定食、丼物もしっかり。定食はご飯お替り無料!というガテン系お兄さんにオオウケしそうな構成。(更に4台分ですがPA有りというのも点数高しですな。。) 我々の普段のパターンなら「アラカルト注文できますか~?」とランチ時でも確認するのですが、どういうわけだか相方が「油淋鶏定食!」と即断即決だったので、私も麻婆太麺+炒飯のセットをお願いするのだ。

福盛苑(小)_006

で、この後お風呂&買い物ということで、いつものごとく昼ビールでにっこり。(運転は相方にお任せを)

福盛苑(小)_007

暫しの後、相方注文の油淋鶏定食¥820が登場。ご飯少な目で!とお願いしたのですが、注文が通っていたのか不明(汗) 非常~に盛り良し!な油淋鶏、それに揚げ春巻き2個、ちょっととろみのある中華風?なワカメ豆腐の味噌汁、超ミニ冷ややっこ、お漬物に、ちゃんとふるふるの杏仁豆腐がついている!という構成。うわ、\820でこれならいいじゃん~という説得力!

福盛苑(小)_008

更に油淋鶏アップ写真。サクサク衣をまとった鶏唐揚げに甘酸っぱ辛いソースを掛けました的なお料理ですが、こんもりとレタスの上に2cm角ほどに切り分けられた唐揚げがてんこ盛り。もっとサイズ的には大きめに切って頂いたほうが好きかも!なのですが、何せこの量なので、相方と半分こで程良い感じでした。

福盛苑(小)_009

で、麻婆太麺¥780(並)がででんと登場。注文時に辛くしてください!とお願いしたのですが、激辛としては常識レベルかな。(辛くしてください、という人が過去居なかったようで、お姉さんに分かってもらうのに時間かかる汗)
某麻婆麺店の三辛ほど(滝汗)。。とはいえ、ラー油量、花椒量はしっかりで深みのある非常~に良いお味。深草近隣までの領域で、お店で出している麻婆豆腐では非常にいい線行っている!という感想。麻婆豆腐をスープに入った麺に掛けてあるのですが、スープ量が少な目でほぼ麻婆豆腐。いやー、これは相当に美味しいです。辛いもの好きには大推薦!

福盛苑(小)_011

麺を持ち上げると、あー、やっぱりビャンビャン麺!なのだ。この丼に、御覧の太さの麺が一本しか入っていないと思われますな。麺と言うより、くにくにと肉厚ですいとんに近い食感。普通の中華系卵麺のほうが間違いなく万人受けすると思いますが、ま、面白い!と思ってくれる人もおられるかと(滝汗)。ネット情報によると、小サイズにすると超あっさりになったりするようなので、「辛くしてください!」と並サイズをお願いするべしです。

福盛苑(小)_010

セットのチャーハン¥250はうって変わって、ごらんのように玉子+人参+ネギ以上!というような超アッサリ系。が、フワパラで結構好みの味でニッコリ。。

福盛苑(小)_012

で、白ご飯・炒飯とも、いつものパターンで御覧の様にしっかり頂くのですな。いやはや、お腹パンパンランチになりました。CPは非常に優秀で、以上で〆て¥2500ほどという。

中国の料理を出すお店で、店名が「中国料理」ではなく「中華料理」とされているお店は、日本向けアレンジがありますよ、という意味らしいのですが、現地系中華料理店としてはお料理が綺麗&辛さを日本人向きに抑えているので、シェフはちゃんとしたところで修行された方だと思われますな。これは他にも食べてみたいなあということに。

福盛苑(小)_013

相方が支払いを済ませている間にパチリ。(紹興酒が気になって汗) テイクアウトもやられているのですが、途中でこられた中年カップルが「オードブルのお持ち帰りをお願いします~」など、近隣の方に便利なお店として使われている模様。 セットものでお得ランチなら超アリ!な一軒。夜も来てみないとですね。ご馳走様でした~。
 
 
 
◆中華料理 福盛苑
住所:京都市伏見区桃山町丹後10-6 伴ビル 1F
営業時間:11:00~14:30 16:30~22:00 火休
TEL:075-621-3411
関連記事

0 Comments

Add your comment