FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

居酒屋 室町で晩御飯(2)@十条通室町下ル

2020
08
久々に二万歩以上歩いたので、少々お疲れ気味な土曜日。で運動のおかげでお腹が減ってきた17:30ごろ。こういうときは近鉄伏見駅から電車に乗って行ける地下鉄の駅近くのお店を検討するのだ。で、のですが、夏休みに一度行って、これはなんだか、えらくボリューム満点でお得な海鮮居酒屋だな!と思った「居酒屋 室町」を思いだす。

室町2!(小)_001

東九条という、なかなかDEEPな場所にあるのですが、地下鉄十条駅の四番出口から200mほどの駅近物件で、開店時間に電話して「奥の座敷の空きはありますかねえ~」とお願いしたら、無事席確保。やってきた19:00過ぎ。周りに飲食店はほぼ皆無なのですが、お隣はスナックかな。お店は超急な階段を登った二階にあります。

室町2!(小)_011

扉を開けると右手にカウンター席。ほぼ満席で、奥の座敷に入れてもらう。
座敷を選んだ理由は、煙草OK店だから。非常にタイトなカウンター席で隣で煙草を吸うのは勘弁してよ、なのですが、座敷席は結構ゆったり目なので、大丈夫だろうという目算。で、前回書いたネタでは「三密対策は心配かな~」と書いたのですが、御覧のようなUVランプ方式空気洗浄機ががんがん運転され、対策がレベルアップされているのだ。

室町2!(小)_002

とりあえず、瓶ビールをお願いし、周りの壁に貼り付けられた短冊や、日替わり?なのか白板に書かれたやたら豊富なメニューを検討。白板メニューは前回とほぼ同じでしたので、気になる方は前回ネタをご参照。(スマホで写真を持ち歩いているのでチェック可能汗汗)

室町2!(小)_003

京都に数多ある「お洒落居酒屋割烹」なら、間違いなく一品の量ほどある突き出しがばばーんと登場するのがお決まり。今回もバイ貝の旨煮、それに蛸の旨煮という布陣。バイ貝なんて結構大粒のものが六個も入っている大盤振る舞い。焼き鳥の串でくるくると頂くきつつ、写真の端っこに写っているメモ紙に注文したいものを自分で書いて注文するのだ。 前回、刺身盛り合わせを含む4種類のお料理を注文したら、それでお腹いっぱいになってしまい、今回は刺身盛り合わせはパスして色々注文してみようということに。

とはいえ、一皿量が多いのでまずは3皿で様子を見ながら追加
注文する作戦。ほぼ満席なのでお料理のサーブは明らかに遅くなるのですが、今日はノンビリやらせてもらおうということに。

室町2!(小)_004

マグロ刺身は多分、¥1050なり。前回頂いた刺身で特にマグロが美味しかったので、つい。が、期待通りのてんこ盛り量ですな~。スダチの輪切りと比較すると想像できるかも?なのですが、一貫サイズが他のお店の二貫は確実で、合計六貫。質もかなり!な納得レベル。

室町2!(小)_006

で、お酒ラインナップがウイークポイントなお店。次は何を呑もうかな~なのですが、心の琴線に触れるものが無いので・・

室町2!(小)_005

私は前回の経験で、寒い季節はこのお店ではこれ一択でしょう!と思う焼酎芋お湯割りを、相方は男梅チューハイという変化球。焼酎お湯割りは魔法瓶と同じような巨大マグカップに、間違いなく350ccを楽々オーバーするしっかり量。間違いなくお得はお得。(日本酒一合¥400なのですが、何が出てくんですかねえ。。次回確認しなくては・・)

室町2!(小)_007

焼いた魚も欲しい!と前回、隣の席で注文されていたグジ(巨大な半身でした・・)が欲しかったのですが、当日は無くてのどぐろがスタンバっていたので注文。¥2000~となっているので正価は不明ですが、支払いから¥3000ぐらいだと思われますな。 これが過去食べたのどぐろ最大級&片身では無く丸一匹だったのでびっくり。25cmはあります。さらさら油が特徴な脂ギッシュな魚ですが、皮がなんだか好きなのだ(汗) 
食べ応え満点で、この時点で今日も四皿ぐらいで終わりそうだよね、ということに。。

室町2!(小)_008

これはレギュラーメニューから蟹味噌和えで多分¥1250なり。これまた、期待通りのてんこ盛りメニューででっかい蟹の足、なんと13本分を蟹味噌で和えました的な。いやー、これまたビックリでした。淡麗辛口の冷酒できゅっ!と言う感じですが、再度2人ともう焼酎芋お湯割りを追加し、超マッタリ。。。。

で、先に注文したものがこの3点。まだ少々入るよね?と超超悩んで、前回お隣で食べていたメニューを注文してみよう!と厳選2種類を注文! 焼酎お湯割りがマグカップのおかげで、ほんわりと温かさキープ!なのが有り難いですな。のんびりとお料理を待つ。

室町2!(小)_009

満席&追加注文だったので、ジャスト18分お待ちし、じゃじゃーんとやってきたのがこちら。まずは白板メニューから、せせり塩焼き。値段不明ですが、他のメニューから考えると¥700ぐらいではないかと予想。スーパーで売っているワンパックをそのまま全部焼きました的な。が、大味では無く塩コショウが程よく効いていて非常にジューシーに仕上がっていて、居酒屋のアテとしては非常に優秀。

で、前回見かけて、これは次回食べないと~!と思ったメニューが登場。そうか、そうなのか・・・

室町2!(小)_010

また甲殻類なのですが、これを食べに来た!値段不明なエビフライ。というのも、短冊メニューでお値段が¥1050~、と時価になっているから。とはいえ¥2000を超えることは有りえないとは思いますが。。。 ちなみに添えてあるレモンが一番大きなサイズのもので、その一番太い部分の輪切りです。 あまりにびっくりして箸で持ち上げたりして撮影するのをすっかり忘れている(滝汗)のですが、衣は薄目、ぶりぶりんの食感で、ちゃんとタルタルソース付き。いやー、ちょっとした洋食店的な感じで旨かったです~。流石にこの5皿だけで今回も参りました!という。

室町2!(小)_012

帰りはこの急な階段を降りる必要があるので、足元と呑みすぎにはご注意ですな。

以上で瓶ビール1に、チューハイ1に焼酎お湯割り3と、お酒は控えめにならざるを得ない!という状況なのですが、以上で¥12000チョイという超超超納得価格。色々細かい点は突っ込みたくなるのですが、気になるメニューがまだ多数!あるので、また海産物をしこたま食べたくなったらやってきたい&前回も書きましたが、コロナが少々落ち着いたら6人ぐらいでワイルドに行ってみたいと妄想中ですな。ご馳走様でした、確実また来ま~す!
(現在、サービス担当のお兄さん曰く、平日は結構空いているらしいので、ねらい目ですよ~) 
 
 

 
◆居酒屋 室町
住所:京都市南区東九条南河辺町49-4
営業時間:17:00~24:00 日祝休
TEL:075-661-4090
関連記事

0 Comments

Add your comment