FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

七輪亭で充実!晩御飯(3)@近鉄小倉駅

2020
31
DIYで七輪で焼いた炙りものをアテに、美味しいお酒が頂ける居酒屋「魚とホルモン 七輪亭」、近鉄小倉駅から徒歩5分足らずの駅近にあるお店。初見はこちら二回目はこちらで書いていて、行間から「これは相当気に入っているようだなあ」と思われた人は大正解なのだ。

七輪亭(小)_001

丹波橋の我が家からは祇園辺りに出るのと時間的には変わらないので、週末に予約入れていない日にはちょこちょこと電話しているのですが、大人気店なので全然席が取れず。多分二回目から振られること4・5回、1年ぶりに席が取れたのでやってきた19:30という時間帯。店内に。

七輪亭(小)_014

17:00からやっているので二周目だと思われるカウンター席に入れてもらうのだ。これは帰りかけの写真ですが、我々が入るカウンター席の空き2席以外は全部埋まっている大人気状態。飛び込みのお客さんが次々来て、ばんばん断られている状況。
お店は御覧のようなカウンター席が10席ほど、6人ほどのテーブル席が3かな。2階もあり、まだ未確認なのですが、そちらも予約で満席な模様。各テーブルには七輪の排煙設備がありグングン煙を吸い込むので、コロナ対応にも有利!てな感じですな。

七輪亭(小)_002

本日の日替わりメニュー。これとは別に、A4で裏表2枚に細かい字でびっちりと書かれたグランドメニューもあるので種類は超豊富な部類。(そちらのメニューは変化が無いようだったので、前回ネタでご確認を) 

七輪亭(小)_003

まずは相方は麦、私は芋お湯割り¥380!(安いな・・・)を呑みつつ、さあ何にしようかなあ~ということに。

七輪亭(小)_004

まずは本日メニューのお刺身から。今日は天然本マグロの赤身・トロ盛り合わせが¥950!だったのでつい注文。いやー、サイズ的には東九条の某店の圧勝なのですが、全然納得量。トロの質は非常~に高そうな印象。山葵も粉ものではありませんし、これは美味しいね!とマグロ好き相方も超納得な一品。

七輪亭(小)_005

周りのテーブルを見るとお若いグループ客が多いので、圧倒的にお肉メニューが人気なのですが、我々はここでは海鮮系をまずは頂くという作戦。魚の目利きができる方が居られるようで、先の鮪といい、なんだかどれもハイレベル。
これは「うお焼」のセットで¥1380なり。 焼き物用に少々厚めに切ってありますが、そのまま刺身でも全然OKなレベルです。本日は、鮪に鰤の腹身、鰆の腹身、鱧に天然鯛という組み合わせ。 塩を少々して七輪でころころと返しながら焼いて、スダチや卸しポン酢等でぱっくり!という趣向。

七輪亭(小)_006

更に焼き河豚は¥1080とかそれぐらいのお値段。塩焼き、ポン酢焼き、七味焼きの三種盛りになっていて、ま、量はお値段なりに魚のアテ的な量なのですが、お味は間違いなし。骨の周りの肉を存分に味わえる七味焼きがお気に入り。

七輪亭(小)_007

ホルモン焼き店でもあるので、こういうものも当然あるのだ。キムチ盛りは¥480なり。いやー、きっちり乳酸発酵。ちゃんとしております~。 で、目の前に鮨店のように冷蔵ケースがどどんと鎮座していて、大量の殻付き牡蛎や帆立、タイラギ貝にハマグリ等々がてんこ盛り。貝焼きを食べたことが無かったので、貝の焼きモノセットをお願いする。

七輪亭(小)_008

貝殻の付いたのが数個出てくるのかと思ったら、こういう貝の刺身盛り的なものが出てきてびっくり。タイラギ貝に鮑、ホッキ貝にトリ貝、帆立(貝柱と紐)など。これで¥1480なり。

七輪亭(小)_009

味付け海苔と青海苔の佃煮が添えられていて、貝の身を七輪でさっと炙ってから、こういう感じで海苔でくるんと頂く趣向。海の香り大満載! これはたまらない!と日本酒をお願いすることに。

七輪亭(小)_010

今日のお勧めはこんな感じですね!とボトルプレゼンしてくれました。いやー悩んで、まずは米鶴の純米吟醸からスタートなり。

七輪亭(小)_011

お酒はこういう出し方ですな。2人で分け分けして呑むには便利な方式(滝汗) 大体、一合ですが後で伝票を見たら¥690!でした。うは~良心的。のちほど七田も頂いたように記憶。

で、美味しい魚料理を頂いてから、七輪焼の焼肉にスイッチできるのがこのお店の美点。今回は〆ご飯(握り鮨とか丼物とかビビンバ・クッパまで超豊富です)はパスして、〆焼肉にしよう!ということに。

七輪亭(小)_012

奥がカルビで¥750、手前が上ハラミで¥1150と、ファミリー向け焼肉店ぐらいのお値段で、量・質も全然納得レベル。で、店名に「ホルモン」がくっ付いているお店なので・・・

七輪亭(小)_013

ホルモン盛り合わせ¥750もお願いしました。排煙装置がしっかりしているので、こういう味噌系タレ焼きでもそれほど煙くはないです。。これまた質も全然納得。

七輪亭(小)_015

あとは焼くべし!焼くべし!結局〆を食べるのは不可能なほどお腹パンパンなり。いやー大堪能でした。。


以上で、芋2、麦1と日本酒2合と我々とするとお酒量は若干控えめで〆て¥11000チョイという大大大大大納得価格。いろんな炙り料理をアテにしてお酒を呑みたい!という願望を見事に達成可能なお店。季節変わりで色々食材が変わるのが楽しいので、また季節変わりでやってきたい一軒。ま、気になる方は、兎に角、お早めに予約してぜひ。
 
 
 
◆魚とホルモン 七輪亭
住所: 京都府宇治市小倉町西浦82−24
営業時間:17:00~23:30  不定休
TEL:0774-24-3754
関連記事

0 Comments

Add your comment