FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

楽酒菜 はづき@河原町通松原上ル

2020
05
ネットを彷徨っていると、アテがイケている居酒屋、三条新町「まゆめ」が、河原町通松原上ルに8月末に移転されているのを発見。京都の日本酒好きなら多分押さえておられるであろうお店で、三条新町で島根の地酒「十旭日」の空瓶が店頭に並んでいるあそこだ!と言うと、ははーんと思い出される人もおられるはず。最近ご無沙汰していたので、これは覗きに行かないと!ということに。

はづき(小)_001

予約してやってきた確か金曜日の18:30。京都で良くある、間口はそれほど広くないのに奥に向かって細長い鰻の寝床店。カウンター席が6かな。4人掛けテーブル2、2人掛け2という構成をまんざら亭ご出身のご店主、それにお姉さん1名の2名でまったり営業中。先客はおっさんカップル1組で、テーブル席に入れてもらう。

はづき(小)_002

さあ何にしようかな!ということに。日替わりのお刺身を含め魚系メニューは豊富なのですが、この手の居酒屋さんとしては、ソソルお肉メニューも豊富なのが嬉しい。酒好きの心の琴線に見事に寄りそうメニュー編成ですな。

はづき(小)_003

で、このメニューを見ると、ああ、ここはまゆめなのだと思い出す方も多そうな。日本酒はこれと・・・

はづき(小)_004

その裏面の全26種類ですが、既に切れていたり追加があったりで。入り口に冷蔵庫が置いてあるので気になる人はチェック!なのだ。しかしどれでも一合¥950均一!という安心感の高い仕組み。まずは刺身盛り合わせ2人前¥2000だけ先にお願いし、芋焼酎お湯割り頂きつつ、なんだか注文に悩むのですな・・・。

はづき(小)_005

で、暫しの後出てきたお刺身盛り合わせ¥2000!なり。いやー、これはなんだか厚切り&盛りしっかりですな。大葉に隠れている赤身が鰹、手前はマグロ。時計回りでカンパチ、蛸、シマアジ、鯛、イサキ、鰤の背・腹と全18貫!という布陣。蕩ける鰤にまったく生臭くない鰹、歯ごたえぷりぷりなカンパチ、シマアジとも超納得の構成。いやー久々でしたがお安すぎ・・・。

はづき(小)_006

これは日本酒にスイッチだろう!ということに。まゆめなら十旭日(じゅうじあさひ)!、純米のひやおろしをチョイス。こういう片口で出してくれるのだ。最後だったのでちょっとおまけして頂いたかもですな。

はづき(小)_007

どこでもポテサラ食べる男ですが、まゆめ・はづき通じて初体験!かも。ロースハム入りの柔らかめに作ったポテトマヨディップ的なポテサラにフライドオニオンチップ!とたっぷりのキャベツ千切り。じゃきじゃき食感のキャベツとポテサラが超合いますな!の¥500なり。

はづき(小)_008

で、二組ほど入って混雑してきたので突けるお料理を追加しておこうということに。まずはなぜだか最近置いてあるお店では食べている気がするキムチはほし山謹製で¥500なり。最近道の駅など売っているところで色々買うのですが、やっぱほし山は間違いないですな~。

はづき(小)_009

シマアジカマの煮つけはなんとなんとなんと¥450なり。皿が大きいので小ぶりに見えますが、ちゃんと突っつけるほどの量。お味のつけ方もバッチリ。

はづき(小)_010

お次の日本酒は、御店主にお勧めをお願いします!ということで出して貰った三重の地酒「天一 神の穂 純米無濾過生原酒」なり。いやー、かなり珍しい一本のようですので、気になる方はお早めに。

はづき(小)_013

更に濃い系なアテで海老と帆立のマカロニグラタンで¥650なり。帆立の貝殻に詰めてあるのですが・・・

はづき(小)_014

こんな感じです。この貝殻に大量にパリンパリンに焼けたチーズがくっ付けてあるのですが、むっちゃ見事な酒のアテなのだ。いやー、お勧めいたします。

はづき(小)_012

更にお勧めを!とお願いし、山口の「五橋 five(ブルー) 純米吟醸生酒」を出して貰う。いやーどれも一升¥3000以下のお手軽系はないのに、一合¥950は嬉しい。

はづき(小)_011

こういうお店ではまず注文してしまうお気に入りから、鴨の山椒焼で¥1000なり。いやーいうことありません~。相方共々超にっこり。で、最後の〆はまゆめ再訪の折には、絶対食べよう!と思った一品を注文。

はづき(小)_016

お料理待ち用に、お酒を合わせて追加で。滋賀から「三連星 純米ひやおろし 吟吹雪」なり。あー、この季節の京都の定番。久々に呑みましたがやっぱり美味しいですな。

はづき(小)_015

このはづきを再発見したネタ元はこちらなのですが、そうそう、まゆめならこれで〆なくっちゃ!と思った牛しぐれ煮ピザ¥1000なり。当日、メニューに無くて「しらすと九条ネギのピザ」だったのですが、無理を言ってハーフ&ハーフで(滝汗) すき焼き的旨味の牛しぐれ煮とチーズの出会いが凄いです。日本ならでは! イヤー大満足なり。

で結局、焼酎2と日本酒4合結構呑んで〆て、たしか¥12000くらいだったように記憶。いやー使いやすい&日本酒呑みは充実!な一軒。〆の牛スジカレーに激しく心惹かれたのですが次回のお楽しみということで。美味しかったのでまた来ます~!
 
 
 
 
◆楽酒菜 はづき
住所:京都市下京区河原町通松原上ル清水町282
営業時間:12:00~23:00(L.O.22:00) ランチもやられているのですかねえ~、確認しなくては・・
TEL:075-708-7893

関連記事

3 Comments

Ken  

前の場所に別のお店が入ってるのでまゆめはどうなったのかなと思ってました。名前が変わってたんですね。検索してもわからないはず。ありがとうございます。

2020/11/06 (Fri) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Saki  

「河原町下がったところにすごく美味しいお店ができたから行こう!」とお誘い頂いて先日伺ったのが はづき さんでした!
店主さまのお顔を見た途端、あら⁈ そしてお酒メニューみた瞬間に確信(笑)十旭日の安定感すばらしかったです(//∇//)

2020/11/09 (Mon) 07:53 | EDIT | REPLY |   

スイカ小太郎。  

そうそう、間違いなく良いお店。

久々に行ってみたいな~と思っていた矢先で移転されていてびっくり!だったのですが、相変わらずお手頃に酔っ払える良店。
多分、日本酒のチョイス方針は、実販一升¥3000ぐらいで美味しいのを!ということなんでしょう~。

2020/11/09 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Add your comment