FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

肉とワイン JInen@大津駅

2020
17
少々ばたばたしておりまして久々の書き込み、生きておりますスイカです。
今年の年末進行は少々異常なのでは!と、既に年末のような忙しさなのですが、会社に出勤しないので体力的には結構有り難い状態。とはいえ、自宅業務はON・OFFの切り替えが大変ですなあ、御同輩。

で、実は先々週ネタ。FB友から、滋賀のマニアック精肉店「サカエヤさん」のお肉を扱うレストランが新しく出来たよ~!と教えて頂いたのは一か月少々前。シェフは変わった経歴の持ち主で、中小製造業コンサルタントなどをやられていた方なのですが、58才にして飲食店を起こされた模様。食べる前にそういう前情報はまったく調べず(汗)、FB友の推薦を思い出して土曜日ランチの席予約をその日の朝10:00ごろ入れたのだ。で、本来、ランチはお肉しっかりカレーを出されているのですが、折り返してお電話あり、今日は¥4500ランチコースも大丈夫!ということで速攻でお願いしたのだ。(通常は前日迄予約です) ラッキ~!

jinen(小)_001

で、やってきた大津駅から東に約3分ほどの駅近物件ですが、少々ややこしい場所。お気に入りの焼き鶏が旨い鰻屋「たけ」がある路地奥。いやー、非常~に隠れ家的なのですが、非常にお洒落。

jinen(小)_002

予約無しでもサカエヤのお肉が入っているカレーが喰いたい!なら、席数は結構あるので現在は全然入れるでしょうな。通常ランチメニューはこんな感じなのですが・・・・

jinen(小)_004

店内に入ると一部二階建ての床をぶち抜いた高ーい天井で、なんだか見事なリノベーション。全20席だそうですが、席間超ゆったり。 先客はマダム4人組でディナーコース(¥8000からあります)をお願いしている模様。

jinen(小)_003

この席に入れて頂きました。フロア担当の多分、奥様によると、リノベ前は天井が一部落ちてお化けが出そうなほどだった模様。現在二階は事務所として使用中らしいのですが、品が良い内装なのだ。

jinen(小)_005

で、シェフ自ら、ランチコースの説明をして頂く。お肉はもちろんサカエヤ謹製で、さつま豚だそうな。厚みは30mm強、200gほどありそうな存在感! この炭火焼がメインで、お肉系の前菜とサラダ、それに〆カレー!が付いている正に我々好みの設定。いやー、折り返して電話営業頂いた奥様に感謝!なのだ。 当日はシェフご夫婦とスーシェフのおねえさんの3名体制。

jinen(小)_006

で、泡グラスなど頂きつつ、のーんびりランチという事で、ワクワクとお料理を待つ。

jinen(小)_007

まずは前菜のお肉加工品の盛り合わせで2人分盛り。卸しチーズをまとったローストビーフ、ほうき鶏の鶏ハムはトマト系のラビゴットソースと合わせて。パテはレバー味強めのもので、奥に隠れているのがジャガイモのザブジ(スパイスカレーに良くついているスパイス和え)という、これは昼間っから赤ワイン持ってこーい!な。

jinen(小)_011

当然呑みます。グラスワインはそんなに種類は置かれていないですが、ボトルはヴァン・ナチュール系主体な模様。

jinen(小)_008

で、青野菜主体で軽やかな味付けのサラダを頂いて・・・

jinen(小)_009

ババーンと登場、さつま豚。いやー火入れお上手ですな。焼き野菜類もしっかりでバランス良好。

jinen(小)_010

自宅でこうも旨くは焼けない。炭火香がなんだか食欲倍化効果あり。妙に柔らかすぎず、とはいえ歯を立てるとサックリ咬みごたえも良好で岩塩だけで大ご馳走! ジューシーで豚肉の旨味しっかり、超肉を食ってやったぜ感あり。大満足な豚肉好きなのだ。

jinen(小)_012

で、シェフから、近江牛の牛スジカレーとほうき鶏のチキンカレーがありますがどうされますか~?と確認されたので、一つづつ頂くことに。手前がチキン、奥が牛スジでどちらもお肉ごろごろ。牛スジはシナモン、クローブが香る正統派洋食屋さん系なお味で、チキンは雑味の無い非常~にすっきりとした味わいで超旨かったです。両方ともスパイスを合わせて作られている模様。

jinen(小)_013

辛さ増しアイテムもスタンバイ。チキン用がチリパウダー、牛スジ用がガラムマサラ。

jinen(小)_014

両方ともそれなりに辛さはあるのですが、ココイチ指数でほぼ2辛。私は少々チリパウダーを追加で大満足。いやー、お腹もパンパンなのですが、更に嬉しい仕掛けあり。

jinen(小)_015

デザートに自家製プリンがじゃじゃーんと。ホロ苦いカラメルに超ほっこり。相方、超にんまり。

jinen(小)_016

で、最後にお茶まで頂いて更にほっこり。
夜はこのさつま豚と牛肉が頂けるコースが¥8000からスタンバイ。サカエヤさんの牛肉は赤身肉好きには間違いない!なのですが、さつま豚の炭火焼が非常~に気に入ったので、ぜひ一度食べて追試頂きたいですな。いやー推薦!

結局泡2に白2に赤2で〆て¥13100!という超明瞭税込み価格。良き上等ランチになりました。また、夜にも覗いてみたいなあ~と妄想中な一軒ですな。ご馳走様でした~。
 


 
◆肉とワイン JInen(じねん)
住所:滋賀県大津市梅林1-2-20
営業時間:11:30〜14:00(L.O 13:30)ランチ金土日のみ 
       17:00〜22:00(完全予約制) 水木休
TEL:077-526-7884
関連記事

0 Comments

Add your comment