FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

出し巻と一品料理 宮でこっぺ蟹(8)@丹波橋

2020
10
いつだったかのディナーネタ。
2018年にこのお店を教えてもらってから、京都駅より北側にある和食店までの距離が、体感的に30kmほど遠くなった感じがする「出し巻と一品料理 宮」の数えること8回目のご紹介。明らかに我が家ではヘヴィローテーション!なのですが、こっぺ蟹が食べられる季節になったので2日ほど前予約の際に、「こっぺが食べたいのです~!」とお願いし、やってきた19:00ごろの土曜日。

宮(小)_001

この駄blogをお読みになっている奇特な皆様におかれましては、またか~?!だと思われそうなのですが、超!気に入っているので、地元民向けに密やかにご紹介。祇園の有名鰻料理店で料理長まで勤め上げられたご店主ご夫妻が2人回されるこじんまり割烹居酒屋。

宮(小)_002

季節の花を活けてあるカウンター席に陣取る。カウンター席が6、小上がり4席と4人掛けテーブルが1というこじんまりした店内なのですが、驚くべきことに我々が入って満席状態。流石に密!と言う感じなのですが、店内には某メーカー製のUV式ウイルス除菌装置も完備なので安心感は高いのだ。 ご店主に宜しくお願いします~!とご挨拶し、短冊に書いてあるお料理から気になるものを数点チョイス。

宮(小)_003

で、突き出し代わりに、お決まりの八寸が出てくるのがこのお店のスタイル。季節を感じさせる盛り込みが素敵ですな。奥の御猪口には酸味控えめな柿なます、モミジの器は蟹身の蟹味噌和え、焼きぎんなんにカステラ玉子(隠れている)、サツマイモのレモン煮、魚は鰆の味噌漬けかな。いやー、まあ、いつもながらニッコリ!なのだ。 当然、お酒!なのですが、相方共々、芋焼酎お湯割りを頂いたように記憶。

宮(小)_004

いつもながら、凄い盛り込みのお刺身盛り合わせをお願いする。奥の赤いのは本マグロ赤身とトロ、クリーム色の超脂がのったサワラの腹身、白身は石鯛、赤ハタ、天然平目。シマアジ、真鯵、アオリイカ。今日の特筆すべき一品は鰆に本マグロ!、それに真鯵かな。刺身盛り合わせは1人前¥2000!なり、という超お得設定。この質なので、全然納得なのだ。

で、日本酒にスイッチしたのですが、満席でばたばたされていたので写真は無し! いつものように浦霞の純米酒、それに珍しく招徳の純米吟醸(お店から、徒歩3分圏内の酒蔵汗)を各一合ほど消化したように記憶。で、いきなりメーンイベント!なり。

宮(小)_005

で、今シーズン二回目!こっぺ蟹。いやー素晴らしいビジュアルですな。玉子ギュウギュウ! 当然、予約時にお願いしておかないとありつけないのですが、実はお値段が異常で・・・

宮(小)_009

お店の雰囲気写真と共にどうぞ。(字が超!小さいので根性で読んでください。ちなみに¥2000/人しません) で、シミジミ頂いていると女将さんから・・・

宮(小)_007

食べ終わったら熱燗必須だよね!ということで。いやー幸せ過ぎですなあ。ほっこり。

宮(小)_008

で、折角なので、我々より待っているテーブルの皆さんの分を先に!とお願いし、まったりさせて頂く。途中、アテにお願いした鮭のカマ塩焼きで多分¥600とかありえないお値段なのだ。塩でぎゅっと身が締まっていて、もっとも脂ノリノリなヒレ周辺なので、旨くないわけがないわけで。皮までぺろりと頂きました。

宮(小)_006

御店主から「そうそう、珍しいのがあったわ」と出して貰った、山形の地酒で完全受注生産の「楯野川 無我 ブラウンボトル」!なり。女将さんにこれは写真を撮りたい!とお願いしボトル撮影。スッキリ系でするすると呑めるのですが旨すぎですな。いやー、大満足なり。

で、〆はかやくご飯から、親子丼に天丼に温麺まで色々と揃っているのですが、御店主から「新しくメニューに載せたので試してみます?」とお勧め頂いたこちらをチョイス。

宮(小)_010

鴨団子鍋は¥1200!なり。いやー、なんだか超温まりますな~、確かにこれは粉山椒必須かも!と思いつつ、ハフハフと大満足!なりでした。

で、焼酎二杯、日本酒3合と我々とすると、若干お酒控えめで以上で¥14000なにがしという超超超超超納得価格。いやはや、なんとも超高CP~。最寄りの丹波橋駅から歩いて20分以上かかる場所だけに、皆さんにはお勧めしにくいのですが、ご近所にお立ち寄りなら覚えておくと幸せになれる佳店。大満足で、お家まで歩いてゆるゆる帰る幸せよ。間違いなく、また季節代わりにやって来たいと思います、ご馳走様でした!。
 
 

 
◆出し巻と一品料理 宮
住所:京都市伏見区東大国町1022-3 コーポ大黒1F
営業時間:17:30~LO21:00ごろ 水休
TEL:090-7351-6252
関連記事

0 Comments

Add your comment