FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鶏豚骨ラーメン 麺屋かがり@宇治市伊勢田町

2020
30
年の初め、世界がこんなに大きく変化するなんて爪の先っぽほども考えていなかったのですが、意外に柔軟に変化していく世の中にビックリするやら感心するやらの一年でした。2020年最終書き込みまでもう1つです。
今年の食べ歩きメインテーマは、なぜか中国現地系中華料理店巡りだったのですが、結局今年だけで中華料理ネタを35本も書いたので、ラーメン店ネタが意外に少ないね~!と気が付いて、久々にラーメンを食べよう!ということに。最近お気に入りの八幡市にあるスーパー銭湯「竹取の湯」とセットで、行くまでに寄れるところをチョイスしたのですな。

麺屋かがり(小)_002

やってきたのは宇治市伊勢田町でマツヤスーパー隣接。もともと昨年まで「ぎん琉」なるラーメン店があった場所なのですが、経営系列は同じようですな。で、「ぎん琉」は魚介系+鶏白湯のダブルスープが売りでなかなか美味しいお店だったので、少々期待しつつ。 駐車場完備なのですが、ちょこっと分かりにくい場所です。後程ご案内。

麺屋かがり(小)_004

店内に。結構大きめの店なのですが、コロナ対策かテーブルを抜いているような感じで、カウンター が7席、4人掛け1の2人掛け3かな。なんだか非常~にゆったり。

麺屋かがり(小)_003

食券制です。メニューの種類が多くて、もたもたしていると、カウンター内のおねえさんが駆け寄ってきてくれて、限定はこのボタンです!と教えてくれるのだ。まぜそば推しの模様なのですが、私はレギュラーの「鶏豚骨チャーシュー麺」¥1000を麺固め、チャーシューは2種ミックス+ミニからあげセット¥250を。(我ながら良く食う・・・・汗) 相方は、限定の「木村さんとこの九条葱ラーメン」¥800をチョイス。当日は2人で回されていました。

麺屋かがり(小)_011

チャーシューが売りのお店の様で、壁にでっかい京都豚のポスターが。炙りチャーシューはその京都豚腕肉で、レアチャーシューはチリ産のアンデス高原豚を使っている模様。

麺屋かがり(小)_006

先にミニからあげセットが登場。いやー、ご飯がけっこうしっかり盛りで少々反省しつつ。から揚げは至ってレギュラーなニンニクしっかり系ですが、万人受けしそうなお味。美味しいです。

麺屋かがり(小)_007

先に鶏豚骨ラーメンが登場。チャーシューは薄切りでボリューム的にはパンチ不足ですが、そんなに強い味付けにしておらず期待通り。 蛇足ですが、実は1週間前に、チャーシュー麺をお願いしたら、と厚切りチャーシューがごろんごろんと大量に入っているラーメンに四条烏丸方面で遭遇し、旨ければ嬉しい!のですが、冷え冷え&どういう味付けか焦げ味濃厚で、チャーシューを残すという大失態。そのリベンジに美味しいところに行こう!と、こちらをチョイスしたのですが正解でした。

鶏豚骨のダブルスープは鶏の旨味が先行する、かなりの濃厚度。味密度的には天一の8割ぐらいに押さえている感じで、これまた結構好み系。

麺屋かがり(小)_008

麺は極細ストレート。これは賛否両論ありそうな感じかな。私は結構好みなのですが。茹で加減チョイスが可能なので固めで正解でしょうな。

麺屋かがり(小)_009

相方チョイスの九条葱ラーメンも登場。確かに葱タップリ! 豚骨だと思われる背油醤油スープで甘味を乗せた程よいコクがなかなか美味しい。

麺屋かがり(小)_010

麺は同じですが、こちらのスープのほうが合っている感じですなあ。相方は、量が多いよ!と結構満足した模様。

麺屋かがり(小)_005

お店のテーブルにLEDライトが置いてあって、インスタにアップするときなどに利用してくれ!ということのようです。だはは、初めてこういうサービスに遭遇。お昼の窓際席で明るかったので使いませんでしたが、夜は使う人が居るのかな。

以上、〆はスープに白ご飯をダイブさせてしっかり大満腹。近隣はロードサイドラーメン店が点在する地域なのですが、またドライブついでに寄らせてもらうと思います~。ご馳走様でした。で・・・・

麺屋かがり(小)_001

駐車場がちょっと離れた場所で、道路を挟んだ西隣の業務スーパーの更に西側の道路に入ると、中古車販売店のお隣にこういう細ーい地道のPA入り口が見えます。3ナンバー車は結構ぎりっぎりですが、奥は広くて転回スペースあり。4台分確保です。
 
 


◆鶏豚骨ラーメン 麺屋かがり
住所:京都府宇治市伊勢田町名木3-1-42
営業時間:11:30~21:30(L.O.) 不定休
TEL:非公開
 
関連記事

0 Comments

Add your comment