FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

日月食堂@近鉄伏見駅

2021
04
更にお正月休みネタが続きます。
思い起こせば年の瀬も押し詰まった12/29ランチネタがこちら、昨年の6月にオープンした「日月食堂」(ヒツキショクドウ)なり。 以前もマクロビ系のお店があった場所でその時代は未訪問だったのですが、年末の暴飲暴食続きで(滝汗)、相方から「ちゃんとした健康そうな定食が食べられるところがあったらねえ」とリクエストあり、思い出した物件。

日月食堂(小)_001

場所は、近鉄伏見駅の北側で、スーパーイズミヤの西向かいあたり。建物がこのような色調なので、まず見落とさないと思われますなあ。

日月食堂(小)_003

店内に。奥にメインキッチンがあるようで、カウンター席が6席かな。あと4人掛けのテーブル席が2つというこじんまり店。書く前に調べたところに寄りますと、まだ30代半ばほどかな?ぐらいの若夫婦2人で回しておられる模様。しゃきしゃきサービスの奥様より、ランチメニューを教えてもらう。

日月食堂(小)_002

以前はスパイスカレーもやられていたようなのですが、現在はこういうおかずがチョイスできる定食がメイン。色々オカズ付きで¥1000均一価格なのだ。相方は魚が食べられるランチ処は嬉しいね!と、鯵の塩焼きを、私はささみの磯部揚げをお願いする。

日月食堂(小)_005

で、暫しの後、鶏ささみの磯部揚げ定食がばばーんと登場。想像以上に野菜を多用した健康的な食材の組み合わせ。五分付きのご飯は雑穀入り(なんだろう)、それにワカメに大根や青菜が入った優しい味のお味噌汁付 

日月食堂(小)_004

おかずアップ写真。写真が切れておりますが(汗)小鉢に入っているのはおから。奥の三種盛りは、左かららサツマイモと玉ねぎなどをカレー風味の小麦粉で付焼いたベジタブルサモサ的な。真ん中はピーマンと人参のじゃこ炒め、右は白菜。これも炒めてあったような。
で、中央に結構しっかり量なふわふわ衣の鶏ささみの磯部揚げをレモンぎゅっぎゅで頂く趣向。いやー、こういうのを普段から食べておけば間違いなさそう!というバランス感覚ですな。で、更に・・・

日月食堂(小)_006

相方チョイスは鯵の塩焼き。これがまあ片身丸々で結構巨大サイズ。相方ニンマリですが、普段家ではこういうのはめんどくさいのでやらない(冬の間は、洗い物が少なくて済む鍋料理を多用汗)ので素直に嬉しいのだ。良い感じでお腹八分目ほど。


日月食堂(小)_007

カウンター内に張ってある壁張りを確認すると、夜用の定食が完備していて、お酒のアテも色々揃っている模様。相方曰く、これはグダグダな金曜日夜にはお世話になりそうな予感。まだまだ色々試行錯誤されているようですが、これはちょこちょこ覗きに来なくてはと言う感想ですな。 ご馳走様でした。 テレワーク中にも、たまに来なくては!



◆日月食堂
住所:京都市伏見区深草柴田屋敷町23-86
営業時間:11:30~14:30 17:00~22:00 日休
TEL: 075-286-3322


日月食堂(小)_008

食後は、京阪の墨染駅まで歩いて・・・

日月食堂(小)_009

14:40スタートで、例の大ヒット映画を見学。「鬼滅の刃」が日本の映画興行成績一位!になった次の日でした。

一応原作をコミックス2巻発売から追っかけている、かなり大好きな作品なのですが、ちゃんと原作の雰囲気を壊さずアニメになっているのが素敵ですな。(原作の十倍、絵が上手ですがセリフは全て原作通り) とはいえ、いちばんウルっと来たのは、本作前のエヴァンゲリオン予告編だったりしてですね・・・汗

関連記事

0 Comments

Add your comment