FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

久々、Sake cafe 楓fu(6?)@中書島

2021
30
コロナ第四波迫りくる今日この頃。テレワーク中の運動不足解消で、業務終了後は家の近所を散歩しているのですが、今年は桜の開花が早いので3月初旬から夕方の散歩が楽しみに。

楓再開(小)_014

大体、丹波橋の自宅を出て西に向かい、新高瀬川の土手の遊歩道を南に向かい、松本酒造の酒蔵で折り返して帰ってくるか、そのまま直進し、伏見港あたりをウロウロして帰ってくるか、のようなコースを歩いております。
で、ザクッと二週間前ぐらいのタイムラグでお届けしておりますが、現在、土手の遊歩道の菜の花がこういう状況。多分、植えたものではなく、2月初めの寒いうちからひょろひょろと菜の花が育ってくるので、昨年の種から発芽したもののようです。

楓再開(小)_015

春の伏見といえば!松本酒造の酒蔵と菜の花!なのですが、今年は植えられなかった?ようで、現在このような寂しい状況。で、折角なので!とこのまま出会い橋まで。

楓再開(小)_016

雪柳が満開なのですが、ソメイヨシノはこれからのタイミングでした。

楓再開(小)_013

十石船着き場もまだこんな感じ。で、実は久々にここまで歩いてきて、そうそう!と思いついたのが・・・

楓再開(小)_001

お久しぶりのSake cafe 楓fu。お気に入り日本酒バルなのですが、緊急事態宣言前から長期休暇に入っておられて、解除後再開されたばかり。平日でまだ17:40ごろだったのですが、中を覗くとやっておられるようだったので、「あけましておめでとうございます!」と季節外れのご挨拶のあと、一杯頂いて帰ろうということに。(ウオーキング途中での潜入!なので、ナイロンパーカーとジャージという、くつろぎまくっている状態なので恥ずかしい汗)

楓再開(小)_005

とりあえずビールを頂きつつ、仕事場から移動中の相方にビールの写真を送信すると「すぐいくから!」とのこと。筍などつっつきつつ、相方の登場を待ちながら、さあ今日は何を呑もうかな?ということに。

楓再開(小)_003

物腰柔らかい、ほぼ我々と同年代カップルがやられている珍しいバーなのですが、お二人はもともと宮城から越してこられているので、東北酒のラインナップが面白いお店。その他色々あまり他のお店で見かけないものも。

楓再開(小)_004

お酒メニューその2。メニューを見ているうちに相方が意外に早く登場。相方が目を細めながらビールを飲んでいるのを横目で見つつ、さあ日本酒にスイッチだ!ということに。

楓再開(小)_006

軽やか目のなのでお勧めは?と出して頂いたのは広島の寳剱酒造謹製「寳剱(ほうけん) 純米 超辛口」なり。広島の酒は濃厚で美味しいのが多い!と言う印象なのですが、これは東北酒のような淡麗辛口の口当たりの後に、旨味が程よく乗ってくるのだ。お勧めいたします~。

楓再開(小)_002

帰って晩御飯を作るのが面倒モードに突入!なので、なにかアテをください~!ということになるのですな。直ぐ出して貰えそうなものと、揚げ物!をお願いする。

楓再開(小)_007

相方も日本酒に移行。三重のタカハシ酒造「天遊琳(てんゆうりん) 手造り純米酒」なり。四日市にあり、酒蔵売店がある模様なのでチェックですな。冷酒で頂いたのですが燗が良いようです。いやー次回は要チェック。

楓再開(小)_008

メニューになかった牛スジ煮込み。しっかり味で日本酒に、ま、きちんと合うのですな。七味のチョイスが関東系なのですな。
過去、こちらの浴衣の会などなど、相方メインで参加させて頂いたりしているのですが、今年はなんとかやりたいですね~などと無駄話をしつつ。。 (目の前はアクリル板でしっかり対策中)

楓再開(小)_009

お次は宮城の萩野酒造「萩の鶴 純米吟醸 別仕込み こたつ猫」なり。ラベル買いされるのか、宮城の酒としては、京都市内でもあちこち見かけるかもですな。

楓再開(小)_010

いわし梅しそフライなり。なんだかでっかい鰯でびっくり。

楓再開(小)_011

更に島根の吉田酒造謹製「月山 芳醇辛口純米 しぼりたて 無濾過生 」なり。こちらも結構お見掛けする定番ボトルのような気がします。コスパ優秀、美味しいです。

楓再開(小)_012

休み中にチョイスされた新グラスで登場。まったく過去見た記憶が無い?と思った山形は富士酒造「栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 酒未来」なり。
とろんとした甘口で、なんだかいやみのない白ワイン系的なお味で相方大納得。「酒未来」とは、山形といえば!の十四代の酒蔵「高木酒造」が1999年に開発された酒造好適米なのですが、流石というか。

明日も仕事があるので、今日はこれぐらいにしておこう!ということに。今後とも、テレワークでべろべろにへばった日の夕方に呑んだくれている気がするお気に入り店。また、来ます~。

 



◆Sake cafe 楓fu
住所: 京都市伏見区南新地4-1
営業時間:[水~金]17:00 - 21:00 [土・日]15:00 - 21:00 月・火休 (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:090-6060-8915
関連記事

0 Comments

Add your comment