FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

香港飲茶 星街@室町蛸薬師

2021
09
なぜだか中華料理店ネタが続くのですが、Facebookのグルメ系ページで評判が良くて気になっていた香港飲茶のお店「星街」。シェフは神戸の人気飲茶店「圓記」 (ユンキー)のご出身で、腕は確か!との情報。2019年11月オープンと、新型コロナ以前には出店されていたのですが、ようやく訪問。2日ほど前に予約しました。

星街(小)_001

場所は室町蛸薬師の交差点に立ち、北東角の北側一軒目。シェフも香港の方で、お味も本格志向の飲茶なので、正に中国現地系中華料理店!なのですが、この垢抜け感。深草周辺にある中国東北地方ローカル現地系なお店とは一線を画すお店ですな。予約している者ですが!と声掛けすると二階席にどうぞ~!ということに。

星街(小)_002

一階はカウンターのみ9席、二階は6人掛け、4人掛け、2人掛けテーブルが何種類かで全25席という中規模店。こういう高級中華的な、かといってあまり派手派手しくないシックな雰囲気。後程、この席が中国からのお若い5人組に確保されるのですが、現地の方にも人気な模様なのだ。とはいえ、お安いお店でなく、この手の中華料理店では本場神戸価格!てな感じですな。

星街(小)_004

仕事帰りの相方と待ち合わせしていて、久々に呑んだ気がする麒麟一番搾り¥550(以下、全て税込み価格)を頂きつつ、メニューを確認。

星街(小)_003

ついうっかりして、メニュー写真がどういうわけだか手振れしまくりで(滝汗)ちゃんと撮れていたのが、相方登場後のこれだけなのですが、見開き6ページで全40種ぐらいの感じ。正に正統派飲茶店!というラインナップ。実は狙いは、相方共々大好きな「香港焼きそば」で、それを〆にして、色々普段食べないようなものを食べよう!ということに。様子が分からないので、まずは四皿ほど注文し、お料理を待つのだ。

星街(小)_005

まずは、豚スペアリブの豆鼓蒸しで¥1200なり。まさかこれが最初に出てくるとは予想しなかったのですが、蒸し器の上に蒸し上った状態で置いてあったのかな。豚の角煮の様な優しい味の甘ダレで煮込まれた骨付きスペアリブ。アツアツで、豆鼓の旨味満載系。そんなにホロホロになるまでは蒸しあげておらず、弾力を残した程良い食感なのも良いですな。

しかし!飲茶なら、四人ぐらいでシェアしても良いぐらいの結構な量で、これは慎重に注文しないと!ということに。

星街(小)_006

ほぼ間髪を入れずに出てきた香港式蒸し鶏でこれまた¥1200なり。結構大ぶりな鶏もも肉!と言う感じで、それを10等分ほどに切ってあるのですが、ボリューム満点ですな。これも全然四人ぐらいでOK!な量。 卸し生姜を効かせた醤油ダレで頂く冷菜ですが、早速紹興酒に切り替えたくなるのだ。

星街(小)_010

先にグラスで紹興酒(古越龍山5年)を頼んだら、90ccくらいしか入っていなさそうなミニグラスで¥400だったので、速攻でお替りでこちらを。180ccボトルで¥600なので、こちらのほうが大分お得。

星街(小)_007

季節野菜のXO醤炒めは¥1200なり。これまたしっかり量ですが、野菜はしゃっきしゃき、干しエビの旨味であっさり頂け、いくらでも食べられそうなお味。しかし、注文したものは次々出来た順で出てくる仕組みなので、一気に注文は危険・危険!なのだ。注文からこの3皿がでてくるまで、〆て6分でした。びっくり。

星街(小)_008

流石に注文後20分ほどで登場の蒸し餃子。 オススメ!と書いてあった「点心の三種盛り」はケンカしないよう¥750×2皿注文。三時の方向から時計回りで、「干し貝柱とほうれん草餃子」、「海老餃子」、「キノコ海老餃子」なり。米粉の蒸し餃子を久々に食べたぞー!なのですが、皮はむっちり、海老はプリンと大ぶりで美味しいのだ。流石、本場のシェフ!と言う感じ。 

で、一回目の注文でお願いしたのがここまでで、実はもう結構お腹も良い感じなのですが、〆の焼きそばと、揚げ物系点心を厳選2種注文。まずは・・・・

星街(小)_011

パリパリ春巻き三個入りで¥630なり。点心類は全て最少が三個単位の注文で、1個単位の追加も可能な仕組み。確かに皮はパリッパリで中の餡がお肉感満載&筍なのかクワイなのか歯ごたえシャクシャク!で超旨い!と思いました。実は本日一がこちらかな。

星街(小)_012

で、これが過去食べたことが無さそうなものを食べよう~!というチャーシューパイで¥720なり。これまた揚げたてで中に超熱い餡が入っているので無防備に齧り付くと大変なことになりそうな危険な一品。

星街(小)_013

パイはバター感しっかりなものなのですが、甘口タレを絡めたチャーシューの角切りがころんと入っているのが面白い。肉入りなのですが、餡子的な、スイーツ的な旨味があるなんだか不思議な味付けでした。これは好きな人が居そうな予感・・・。

余談ですが、お隣の中国人グループ(大学生くらい)のテーブルを観察すると、お酒は無くて、初めの注文から「カスタードまん」とか「ココナッツ団子」などの甘いものを蒸し餃子と一緒に食べているのですが、ま、食の好みというのはあるよなあ!ですな。

星街(小)_014

で、我々の好みは、シコシコ麺の香港焼きそば¥1000で〆!という。ま、御覧のように小皿に分けるなら、四人ぐらいでも十分過ぎな量・・・。具材はキャベツ千切り、それに細モヤシと白ネギ、白ごまぐらいのシンプルな一品ですが・・

星街(小)_015

極細麺がオイスターソースの旨味を十二分に吸っていて、これなら、いくらでも食べられます!という感じでした。いやはやお腹ポンポンなり。

以上で〆て、紹興酒の10年物もグラスで頂いたりして、結局グラス3の180ccボトル1、ビール中瓶1本込みで¥9900!という明瞭価格。税込みなので想像よりも安かったという感想ですが、まちがいなく、高級路線中華料理店。
期待通りのお味でこりゃなかなか美味しいではないか!と言う感想なのですが、カップルで行くよりも、テーブル席予約で4人がベスト!な感じでした。 ランチセットや気軽なコースもスタンバイしているので、また、誰かをお誘いして行く気満々。ご馳走様でした~。 
 

 
◆香港飲茶 星街
住所:京都市中京区鯉山町532
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:00 日営業・不定休
TEL:075-708-8885
関連記事

2 Comments

2jo  

たいしたことではないですが…室町六角ではなく室町蛸薬師の北東かと思います

2021/04/11 (Sun) 07:24 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

これはこれは・・・・

ご指摘ありがとうございます。こそっと修正しました汗

2021/04/11 (Sun) 09:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment