FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

出し巻と一品料理 宮(9)@丹波橋

2021
28
引き続き、訪問2週間ほどのタイムラグでお送りしております。
我が家から徒歩圏のヘヴィーローテーション居酒屋割烹「出し巻と一品料理 宮」の数えること9回目!のご紹介。 お正月から結構長い間休まれていたのですが、復活されたのでいそいそとやってきた土曜日。

宮210417(小)_001

まだまだ明るい17:00なのですが、通常営業でも17:00~21:00まで。が!入店すると、最近は16:30ぐらいから開けておられるらしく、カウンターに常連のぼっちおじさんが2名、と言う状況。三密回避で一応遠慮して、テーブル席に入れてもらう。お久しぶりです!とご挨拶し、さあ、今日は何を頂こうかなあ?と壁に張ってある短冊メニューに目を凝らすのだ。

宮210417(小)_002

トリビーで、相方小、私は普通サイズをお願いし、まずはお決まりの八寸を待つのですな。

宮210417(小)_003

で、いつものごとく、季節を感じられるお決まりの八寸登場。場末の居酒屋の突き出し比12倍は嬉しい構成。お猪口に入っているのは山葵の花酢漬け、更に小鉢は白魚の南蛮漬け、筍煮の鰹粉和え、空豆に黄色いのは何かすり身の入った玉子焼という、見事なスターター。で、速やかに日本酒にスイッチ!ということになるのですな。

宮210417(小)_004

テーブル上に各種お猪口があるので、好きなのを選んで・・・

宮210417(小)_005

本日の日本酒チョイスは、宮城は佐浦謹製「浦霞 純米吟醸辛口」→奈良は今西清兵衛商店謹製「春鹿 超辛口純米」→伏見は斎藤酒造謹製「英勲 純米大吟醸 一吟」と進行したように記憶。
そんなに種類は置いておられないのですが、お店のお料理と親和性の高いものばかり。特別なものをお願いしない限り、お安いのは一合¥600から、大体¥1000は超えないので酒飲みでも安全安心なのですが、 一吟のみ¥1800なので呑みすぎにはご注意。初めて呑みましたが、旨いもんですな。(とはいえ、アテが無くても呑めてしまうので、食中なら浦霞あたりが軽やかか・・)

宮210417(小)_008

で、食べている間に今日は何にしようかな!と更に作戦会議。結局、盛り合わせでお願いします~!ということになるのですな。。

宮210417(小)_006

暫しの後登場の本日の刺身盛り合わせ。今日の出色はまたまた鰹の刺身。刺身醤油以外に、鰹にはこれを!と、大蒜が滅茶効いた醤油ダレがすっと出てくるのが偉大。個人的にはしっかり肉厚な石ガレイとコリコリつぶ貝にもニッコリ。

宮210417(小)_009

春ですので、筍の天ぷら、アスパラの天ぷらを盛り合わせてもらうのですが、大きなふきのとうも。2人で十分楽しめるこのしっかり盛りで、多分¥1800とかそれぐらいのニッコリ価格。

宮210417(小)_007

ウドの酢味噌和え。いくらだったかな~、多分¥1000はしません。京都の和食店でこの季節結構見かけるウドですが、どことなくリンゴや梨のようなフレッシュさを感じる健全なお味なのだ。美味しく血液浄化!的な。酢味噌の味付けもそんなに甘すぎず、好きな傾向。

宮210417(小)_010

我々が入店してから40分ほどで、常連さんだと思われるお若いカップルが入店し、なんだか急に明るくなった店内。お料理待ちになったので、おかみさんがそっと日本酒と一緒に出してくれた「蕗の山椒煮」なり。蕗の葉を刻んで山椒の佃煮とさっと炊き合わせたというお料理ですが、この一皿で確実に一合呑めてしまうお味。いやー、良いですな。

宮210417(小)_011

デッカイ鯛のお頭の「骨蒸し」なり。昆布出汁を効かせた酒蒸しだと思わるのですが、身離れも良く自家製ポン酢で超激烈ウマ。このお店で教えてもらった食べ方ですが、お汁一滴残さずにペロッと。アラ炊きも好きなのですが、これも捨てがたい旨さ。

で、魅惑の〆メニューが並ぶのですが、今日は季節の炊き込みご飯が無くて(コロナ渦中なので、グループ客が来られないと炊いておられない模様)、それなら!と・・・

宮210417(小)_012

これもこちらで教えて頂いた。宮城県のにゅうめんで「温麺(うーめん)」なり。普通の素麺よりは若干太目で長さは10cmほど。

宮210417(小)_013

酔っ払った際に〆に超適切な、つるつると喉越し良い麺。が、素麺よりプリンとした歯ごたえが楽しい。それをしっかり受け止める濃厚且つ上品な鰹だし、三つ葉、さっぱりスダチという、間違いなく酒呑みに寄り添う麺類なのだ。超お勧めいたします~。(とはいえ、筍ご飯も食べたかったな・・・汗)

以上で、いつものごとく¥13000ほどの大大大大納得なお支払い。自宅近くにこういうお店があるのって、なんだか素敵なことじゃないの!と思う、今後ともお世話になる気満々店。多分、緊急事態宣言中はまたお休みされていると思うのですが、再開時は速やかにやってきたいと思います。ご馳走様でした!。
  

 

◆出し巻と一品料理 宮
住所:京都市伏見区東大国町1022-3 コーポ大黒1F
営業時間:17:30~LO21:00ごろ 水休
     (最新の営業状況はお店にご確認を!)
TEL:090-7351-6252
関連記事

0 Comments

Add your comment