FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

元気小煮 麻辣烫@京都現地系中華料理店巡り20

2021
21
一部のマニアック系友人のウケが良いので気に入っているネタ、現地系中華料理店巡り、数えることその20!です。
今回ご紹介するのは、FB友の高級割烹オーナー様より「このお店は知っていますか~」とメッセ&写真付きで教えて頂いたお店。実は、先に別のFB友食べログライター様のネタを読んで認識はしていたのだ。お店の名前は「元気小鍋 麻辣烫(ゲンキショウニ マーラータン)」なり。で、こちらが三室戸寺の後にやってきたGWネタ、最終のその8です。

元気小鍋(小)_001

場所は、京阪龍谷大前深草駅から西の中華料理店密度の超!高い地域。その中で我が家お気に入りの一軒、「無名小吃」の西80mにお店があります。丁度、無名小吃がお休みの日だったので、思い出したのですが(滝汗) で、Googleマップ等では、マーラータンメンという店名になっているのですが、お店のどこにも「麺」の表記は無かったので、看板名に合わせてご紹介。こういうアバウトさを含めて、現地系中華料理店なのですが。

元気小鍋(小)_006

コロナ対策で外の扉を開け放った店内に。2人掛けテーブルがざっと10、全20席ほどかな。テーブルにアクリル板はありませんが、普通なら30席は詰め込めそうな空間なので席間は超ゆったり。その上、お客は我々とお兄さんが2名だけなので安心感が高い状態。

元気小鍋(小)_003

で、店内に入るとまず目に入るのが、この巨大冷蔵ショーケース。上段中段は店名にもなっているマーラータンの食材がラップ等に一人前ずつくるまれた状態で置いてある。下段は鴨肉の冷製やお肉の煮込み系の前菜類。マーラータンとは最近中国でも一般的になっている具沢山辛い味噌スープで・・・

元気小鍋(小)_002

壁に貼り付けてあるように、ベースになるスープとトウモロコシ麺がセットで¥350で、こちらの冷蔵ケースから好みの食材を1つチョイスすると+¥95で、係のお姉さんに渡すと調理して出してくれる鍋料理のようなシステムになっているのだ。厨房で豚肉やラム肉などのトッピングも可能と言う仕組み。 係のお姉さんがちゃんと日本語が分かる人で、フレンドリー且つ丁寧に説明してくれました。

元気小鍋(小)_004

とはいえ、その他の中華料理系メニューもかなり豊富。こういうカラー写真がソソるメニューが全15ページほど。日本語訳が少々怪しいメニューを確認し、これも何種類か食べてみたいなあ!と言う欲望がむらむらと。お値段も深草価格ですし、一部のメニューは大盛りと小盛りがお願いできるのもポイント高し。(朝からしっかり運動しているので、お腹は激減り・・・) 

元気小鍋(小)_005

まずレギュラーメニューから厳選2種をお願いし、先のマーラータンに豚肉、鶏だんご、魚すり身団子各種×2、青梗菜にモヤシ等、6種類ほどの具材を追加しお願いするのですな。

元気小鍋(小)_007

奥に調理場があって、デジタルの電光掲示が018!と表示されているので、今日18杯目のマーラータンなのであろうなあと。出来上がると番号で呼び出ししてくれる仕組み。で、先にマーラータンメンが登場するのだ。

元気小鍋(小)_009

具が多かったようで、通常の丼より一回り大きな鉢で出してくれました。周辺には辛そうな香りがふわんと漂うのですな。牛骨ベースだそうですが、担々麺のスープと似た感じのもう少々辛め、且つ胡麻の深いコクがある旨いスープです。

元気小鍋(小)_010

このお椀に取り分けて6杯分ほどありますかね。麺はトウモロコシ麺なのですが、しこしこつるんと腰のある麺で相方とこれは旨いねえ!と結構にっこりな状態。 その他の麺として、通常の小麦麺、太い春雨、通常の春雨、牛筋麺なる小麦の刀削麺的な乾麺もチョイスできる仕組み。食材が30種類は楽々なので組み合わせは無限にあるのと・・・

元気小鍋(小)_008

店内にマーラータン用の味変アイテム5種(辛いマー油、ゴマダレ、あまり辛くないラー油に激辛ラー油、刻み大蒜)があるので、適宜お好みで頂けるのが楽しい。激辛ラー油はなかなかHOTなアイテムでしたので慎重に。 で、追加でお願いした単品メニューもどどんと登場。。

元気小鍋(小)_011

お姉さんに注文したら「パクチー大丈夫ですか!」と確認してくれたのですが、「大好きですよ!」と返したらてんこ盛りにしてくれたラム肉クミン炒め「孜然羊肉」は¥850なり。こういう現地系中華料理店では定番のお料理なので、まずは確認のために。
柔らかい薄切りラム肉をお使いで、ピーマンが入っているのが特徴かな。しっかりピリ辛系の、あー!これこそ現地系なお味!と納得の一品。

元気小鍋(小)_012

で、こちらは当て字で申し訳ないのですが「紅焼肉純豆腐泡」なるお料理。日本語メニュー名で豚肉角煮となっているのですが、甘ダレで角煮と厚揚げを一緒に煮込んである一品。これが¥850というお手頃価格なのだ。ほぼ辛くない円やか系でこれとご飯があれば2人分のランチが取れそうな結構しっかり量でした。ふわーんと八角が香り、なかなか良かったです。

一応「ノンアルビールはありますか?」と確認したらなかったので、以上で¥3000足らずで腹パンランチが完了してしまい、これはお得だよねえということに。街中で気軽にアジアン異国気分を味わえる佳店。よろしかったらぜひ。
 
 

 
◆元気小煮 麻辣烫(ゲンキショウニ マーラータン)
住所:京都市伏見区深草西浦町2-92
営業時間:10:00~22:00 無休
TEL:090-6644-1188
関連記事

0 Comments

Add your comment