FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

kyon world curry@ 滋賀県 大津

2021
24
更に二週間チョイのタイムラグでお送りしております。
コロナ緊急事態宣言で、京都市では映画館も営業制限されているのですが、5月中に見ておかないといけない映画があるなあ、ということで、普通に営業されている大津の映画館に行こう!と思いついた日。この数日後、京都でも平日は営業OK、週末休止に見直しされたのですが、人流を制限したいとは言え、「映画館でクラスター発生!」というエビデンスも出さずに、よくもまあ、「思いつきだけ」でパカパカ経済活動を止めるという判断ができるなあ!という政府の決定にある種、感嘆しつつ、前日ネット予約で席のピッチがゆったり、且つ空調がとてもよさそうな4DXの予約をいれたのだ。(流石に大津でも、NET予約は前日で無いと入れられないようになっておりましたが)

映画の予約が14:00ごろなので、早めに行って大津周辺で飯でも食べようや!とやってきたJR大津駅。
京都駅からたった15分でやってこれる、昼ビールが呑めるエリアなのだ。(ちなみに、伏見の我が家では、地下鉄で北山に出るより、時間的には新快速で9分!の大津のほうが断然近場・・・・汗。大体、今出川と同じ移動時間。)

KWC(小)_001

で、大津駅から徒歩10分は掛からないカレー店を目指して散歩移動。こういう結構巨大なこけしが目印。

KWC(小)_002

11:30オープンで5分ほど前に到着したのですが、驚くべきことに既に5人ほど待ち客あり。で、お店前の写真は無いのですが、お店の名前はkyon world curry。山科在住のFB友様が美味しいよ~と書かれていて気になっていたのですが、こんなに人気なんて!と驚くのですな。三密守って後ろに並び、定刻に店内に入れてもらう。

KWC(小)_003

靴を脱いで上がる町屋改造物件。お一人様用のカウンター席が4かな、座テーブルが4人×2、の2人×1だったような、こじんまり店。非常にコミュケーション能力の高い、話好きで気さくなお姉さんが1人回すお店ですが、1人で回すように席数はかなり絞られている感じで、席のピッチは非常にゆったりなのだ。

KWC(小)_004

メニューはこちら。三種類のカレーが常時スタンバっている模様。もともと、アジア圏各国を回っていて、カレーにハマったようでインド系だけでない各国要素を詰め込んだカレーを出されると、既にアンテナが発達した近隣のカレー好きには認知された模様。
二種あいがけが¥1200、三種でも¥1400で頂けるシステムで、スパイスが効いた野菜系のおかずが色々乗っかっているのが楽しい。
御店主の説明では基本、一度の生産で4人前が限界の様で、一巡目に入れたのですが少々お時間頂きます~とのことなので・・・

KWC(小)_005

とりあえず、時間つなぎを。缶ビールはコップも出てこないのですが、¥300なのがこのお店の緩い雰囲気にピッタリですな。クラフト系瓶ビールグラス付¥600もスタンバっているのですが、このお店ではこちらが気分。

KWC(小)_006

結局、店内でカレー登場まで25分ほど待ったのですが、それまでオリオンを呑みつつ、のーんびり。急いでいる人はいらいらするかもですが、我々は靴を脱いでいるので超和むねえ!とゆったりさせてもらうのだ。(で、ビールが無くなったので、私だけカレー登場前にオリオンをお替りで・・・) 

KWC(小)_007

で、25分後にカレー登場。2人とも二種盛りで3種全制覇!という作戦。①ローステッドココナツチキンカレー ②ポークビンダルー ③ブラックチャナカレーの三種のうち、手前の私は②(左)と③(右)の組み合わせ。ご飯は中サイズでお願いしました。

KWC(小)_008

奥の相方は、①(左)、 ③(右)の組み合わせ。ぱっと御覧の通り、チキン、ポークとも超お肉たっぷり。が、お肉の出汁味をがしっと効かせているわけではなく、野菜の旨味が前面に出た非常~に健康的な味付け。多分、肉ダシを取る為にしっかり煮込む、というプロセスや隠し味的な和・洋の味付けは無さそうな予感ですな。
油成分も極少で、トロミづけはほぼ刻み香味野菜のみ!という構成。豆カレーも半端なく、豆の旨味で喰わせるぞ感あり。 これはきちんと現地の味を知っている人のお味なんだろうという感想。こういう美味しい薄味カレーを作れる人は貴重。自分には作れない傾向のカレーでした。ご飯は日本米のむちむちターメリックライスです。ボリューム的には中で普通食欲なら申し分なさそうな。

野菜類のおかずもごらんのようにたっぷりで、二種盛りを食べれば20種類ほどの食材は確実に食べられそう!という健全さ。個人的には、ココナツの効いたチキンもインド的でなくて面白い(タイでもないような)のですが、程良い酸味のポークビンダルーが一押しでした。まったく辛くはないですが、確かにスパイスは効いております。

KWC(小)_009

壁に向かってカウンターで先に食べていたお一人様が先に撤収されたのでパチリ。カウンターに乗っかっている一升瓶、「カルダモンTAKE7(テイクセブン)」なる焼酎が気になって気になって。カレーに合うように開発された模様ですが、次回はこれを呑まなくては!

KWC(小)_010

美味しかったです! ご馳走様~!とご挨拶をしつつ、入り口わきの黒板をパチリ。優しい味のカレーなので近隣の子連れご家族にも既に人気な模様。御店主のキャラでなんだか知り合いの家に遊びに来たようなゆるーい感じで、なんとも和めた1時間弱。確実、また来ることになると思います!。
 
 
 
◆kyon world curry(KWC キョン ワールド カレー)
住所:滋賀県大津市京町1-1-14
営業時間:11:30~15:00(LO14:30) 水木休
 (最新の営業状況は、お店のインスタ参照)
TEL:不明



KWC(小)_011

で、食後はこちらの4DX版を見に、散歩がてら初訪問の「Oh ! Me 大津テラス」まで。コロナが無ければ来る用事は無かったように思うのですが、いやー、なんというかユナイテッドの4DX椅子は超良く動きますな。凄かったです。で、6/4に実写最終版の「るろうに剣心 最終章 The Beginning」が始まる予定なのですが、このままだと、不本意ながら大津まで見に来ないとなあ!という事になりそうな予感ですな。。。
関連記事

0 Comments

Add your comment