FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

依奈小厨(イナキッチン)@京都現地系中華料理店巡り21

2021
03
一部のマニアック系友人のウケが良いので気に入っているネタ、現地系中華料理店巡り、その21!です。
今回ご紹介するのは、その20!でFB友の高級割烹オーナー様よりメッセ&写真付きで教えて頂いたお店その2なのだ。ネットで調べると、京都系食べ歩きYouTuberのお姉さんが動画をアップされているのを発見。それはちゃんと書いたネタでもご紹介しないと!ということに。(競争しているわけではないです汗)

依奈小厨(小)_001

お店の名前は「依奈小厨」(イナキッチン)、場所は、またまた深草周辺なのですが最寄り駅は京阪伏見稲荷駅。藤森から深草あたりの竹田街道沿いに沢山、現地系中華料理店があるのですが、その最北端、勧進橋から南300mほど。我々は車で近くのコインパーキングまで。今年の2月あたりにオープンしたばかりのニューカマー。

依奈小厨(小)_002

お店前の看板。いやー、これは現地感バリバリですな。正に個人宅改造物件で「青山」と表札まで出ているのですが、どうなんだろう?と店内に。

依奈小厨(小)_006

こういう壁に向かって系カウンター風席が8ほど、2人掛けのテーブルが4つかな(うろ覚え)。キャスターバックを引っ張ってやってきた中国系のカップル2名が先客で、直ぐに中国人留学生(斜め向かいに中国人向け日本語学校の「関西語言学院」あり)2名がランチにやってくるという現地民密度の高そうなお店なのだ。

依奈小厨(小)_004

ちゃんと日本語ランチメニュー完備。お値段は深草近隣の現地系中華料理店とすると結構高め。注文を訊きに来てくれたお兄さんは日本語はかなり怪しそうですが、なんだか一生懸命で、家族経営なんだろうなあという感じ。シェフはトレーナーにジーンズ系普段着+エプロンなおかあさん!という。

依奈小厨(小)_003

現地系メニューのほうが、なんだか良いビジュアルですな。アラカルトもそれほど多くはありませんが・・・

依奈小厨(小)_007

麺類、それと冷蔵庫で保管されているお持ち帰り冷菜メニューも色々と。中華風豚肉バーガーは食べてみたいねえ!と、私はBセットを、相方は超悩んで「酸辣粉」(日本語名で、サンラービーフン)¥680を注文。

依奈小厨(小)_005

テーブル上に見たことが無い味変アイテムが。花椒の抽出油で激ビリビリ!ではないのですが、いい香りの刺激で辛いスープの味変に良い感じでした。あとは濃厚な黒酢、刻み唐辛子成分たっぷりのラー油、塩、胡椒に中国白酢がスタンバイ。

依奈小厨(小)_008

先に相方注文の「酸辣粉」が登場。直径は小ぶりな丼ですが、深いのでそれなりに量はしっかり。 これを一口すすってみて驚いた。ラー油系の辛味がどかん!と効いていて、おっかけで深い黒酢の酸味が。半端なく濃厚。舌にちくちく!ではなく、うげっと噎せ返るほどの濃厚さなのだ。まったく日本人に媚びていないお味。

依奈小厨(小)_009

更にビーフンは断面が丸い、京うどんほどの太さなのですが、まるでお餅のようなむちむち食感。いやー、これは中国出張時に食べたことがあるような?!と言う感想。一口目は「なんじゃこりゃ?」なのですが、食べているうちに慣れて(滝汗)美味しくなってきて、これは習慣性があるお味ではないかと。。。個人的にはパクチーてんこ盛り!でお願いしたい感じでした。

依奈小厨(小)_010

で、数分後に私注文のBセット登場。左の皿は押し豆腐を砂糖醤油系の甘口で炊いた、日本人でも違和感なく頂ける系。(とはいえ、八角の風味は少々・・) 奥が例の中華風豚肉バーガー・・・・

依奈小厨(小)_012

チョイスできる汁物からお願いしたのは、鴨スープワンタンで現地名は「老鴨汤馄饨」なり。単品では¥880なのでセットの方が大分お得。しかし、サービス満点メニューで、スープはあっさり鶏ダシ系で岩海苔が入っていて海鮮鶏味!のような感じの軽やかなお味なのですが、御覧のお肉感しっかりのちゅるんちゅるんワンタンがなんと10個超!も入っている大判振る舞い。 2人でも全然OK量で相方とシェアしつつ、これは良いよねえ!ということに。

依奈小厨(小)_011

で、こちらが中華風豚肉バーガーなり。単品で¥450は少々良いお値段ですなあ。脂付の豚バラ肉をあっさり塩味系コンフィにして、挟んである感じですな。この南300mほどにある「常楽小吃」とほぼ同じお味でお値段も同じ。こちらのほうが更にあっさりかも?ですが、結構お気に入り。

深草の中華料理店とすると、お手頃感!というほどお安くはないですが、内容は非常に充実している感あり。
かなり!気に入ったので、次回は来られた中国人全員が食べていた羊肉スープに焼き包子が付いてるものを食べに来なくては!と言う感想。下ネタのパン屋さんとセットでまた立ち寄りそうな予感です。
 
 
 
◆依奈小厨(イナキッチン)
住所:京都市伏見区深草勧進橋町50−32
営業時間:11:00~20:00 日曜日のみ11:00~14:00 不定休?
TEL:075-756-3573


依奈小厨(小)_016

で、おまけネタ。あまり人に知られたくないので、こそっと書きます。食後歩いて、北東方向に10分足らずでやってきたのがこちら。まったく人が近寄りそうにない場所に短いながら行列が出来ているお店に。

依奈小厨(小)_013

京都ローカル老舗パン店!の代表格、進々堂。工場がこんなところにあったなんて!(伏見工業高校の北西隣接、コトーハイツ伏見稲荷の真北)なのですが、進々堂工場直営店がこんなこじんまりと存在するのを最近知ったのだ。ちなみにPAも数台分完備。車で買いにくる人も何人か・・・。

依奈小厨(小)_014

カルネのような売れ筋お惣菜系はなさそうなのですが、朝パンに適切そうな食事パンはかなりお得価格で、且つ余っているのを出しているだけでなく、焼きたて工場直送!で販売中のようです。 買っている人を見ていると「この人はプロ?」(二斤サイズの食パンを2・3本買っている人が・・・)多数なのだ。

依奈小厨(小)_015

種類はそんなに豊富ではないですがサンド系もあるようですので、お好きな方はぜひ。場所はGoogleマップで「進々堂工場直売店」で検索を~。自力でたどり着いてください。(我々は進々堂の食パン全種を近日、制覇予定・・・)
関連記事

0 Comments

Add your comment