FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

トラットリア ラ・ヴォーチェ でランチ@四条烏丸

2021
24
まだ60才前の微妙なお年頃なのですが、京都市のコロナワクチンのHPに持病アリで登録しておいたら、三週間ほどでいきなり京都市の集団接種会場から電話がかかってきて、空いている日があるので打ちませんか!とその次週に予約が取れたのだ。その順番が回ってきた水曜日、我が社ではコロナワクチン接種特別有休を頂けるので、一日休みにしたのですな。

20210714_101436 (2)_1

で、無事10:30からの予約でやってきた集団接種会場「みやこめっせ」なり。特に痛くもかゆくも無く、無事ワクチン接種も完了し、45分ほどで会場から撤収。で、たまたま、本当にたまたま先に有休予定を入れていた相方と落ち合った地下鉄烏丸御池駅。 (終わったら、ランチをおごるよ!との約束で汗汗)

ラヴォーチェ(小)_001

丁度、祇園祭の山鉾組み立て中の日。私はワクチンが打てる最短日の予約を入れただけで、まったく狙ってはいなかったのですが、相方はこの組み立てを狙って有休を押さえた模様(滝汗)。で、組み立て終わった山鉾の写真撮影で大満足し、いい感じでお腹が減ったね!とこちらのお店を思い出したのだ。(しかし、ワクチンの副反応などまったく気にはしていないことがバレバレですな。。)

ラヴォーチェ(小)_002

やってきたのは四条烏丸交差点から北西に200mほどにあるイタリアン、トラットリア ラ・ヴォーチェ。支店のピッツア屋さんは会社の同僚と呑んだりしていて、この本店も多分初訪問ではないと思うのですが、このBlogには書いていないので、かなり久しぶりの再訪。平日のランチ時&予約していないので店内を覗くと、無事席確保!なのだ。

ラヴォーチェ(小)_003

結構大きな箱で、全28席ほど。12:30を少々回った時間帯で、半数ほどの席がマダム客&お若い女性だけで埋め尽くされているのだ。(帰りがけに、キッチン前のカウンター席もお一人様だけでほぼ埋まりました。びっくり。)女性が自腹で来るお店、ということですな。

ラヴォーチェ(小)_004

ランチは¥2200~¥4000までの計4種類がスタンバイ。プリフィックスなのですが・・・

ラヴォーチェ(小)_005

選択肢は結構豊富な部類。間違いなく、季節ごとに変えているのだ。スープが毎年、青森からこの季節だけ仕入れられる超甘いトウモロコシ「獄きみ」なのでお勧めですよ!と、注文を取りに来てくれたおにいさんに教えてもらい、スープ付きパスタセット¥2500とスペチャーレ(メイン料理)+スープ付きセット¥4000をお願いする。

ラヴォーチェ(小)_007

で、朝から結構ストレス!だったので、ガス抜きに軽めに一杯。

ラヴォーチェ(小)_006

前菜盛り合わせはパスタセット、メインセットとも共通。生ハムメロンが入っているのが何気に嬉しい。人参サラダに鯖のエスカベッシュ、鴨ハムにポテサラ、鰆のカルパッチョだったかな。。組み合わせも良い感じですな。

ラヴォーチェ(小)_008

で、美味しいですよ!とお勧めされた青森産スイートコーンの冷製ポタージュ。確かにありえない濃度と糖度。どことなくバニラ的な旨味まで感じてしまう旨さ。いやーお勧めいたします。

ラヴォーチェ(小)_016

先ずはメインセットに付けてもらったパスタその1、タリオリーニで海老と九条ネギの雲丹ソースなりは+\550の加算メニュー。このソースが本当に超雲丹味濃厚濃厚。

ラヴォーチェ(小)_009

細打ちのしこしこ食感のタリオリーニに濃ゆいソースが良く合いますな。ちなみにメインセットのパスタはこの量で、パスタセットの場合はこの倍量ほど。2人なら二皿に分けてくれるサービスありなのだ。で、次が二皿に分けてもらったのですが・・・・

ラヴォーチェ(小)_015

冷製のこれまたしっかり腰のあるフェデリーニで、白桃+パルマ産生ハム+パルミジャーノと言う組み合わせ。テーブルの周囲は桃の良い香りで大充満。

ラヴォーチェ(小)_010

桃ピュレとチーズが違和感なく一体化。塩の乗せ方がお上手なので、初夏の冷製パスタとして、非常~にスペッシャル感のある皿ですな。これも冷製パスタがお好きな人なら大推薦!。

ラヴォーチェ(小)_011

で、多分白グラスも1敗ずつ制覇しているように思うのですが、写真が無いのだ~。赤も呑みましたが、いいグラスで出てきたので、こちらは写真が汗汗。

ラヴォーチェ(小)_012

メインはオーストラリア産仔羊。羊肉団子のボルペットーネと甘口ソースで煮込んだもの。ほんわりクミンの香りがして、これもなかなかに良いものでした。ひよこ豆が良い味だしてます。

ラヴォーチェ(小)_013

お茶は別途注文なのですが、甘いものは御覧の通り。バニラケーキとチョコケーキ、だったかな。見せ方もお上手。

で、泡グラス2に白2に赤2とランチとしては結構しっかり呑みで、以上で〆て¥10000チョイ。グラス¥900のワインが2杯混ざっているので、全然納得価格ですな。 また、この周辺でイタリアンが食べたい!となったら思い出しそうな一軒。ご馳走様でした~。



◆トラットリア ラ・ヴォーチェ (Trattoria La Voce)
住所:京都市中京区室町新町の間四条上ル観音堂町456 シティキャスル四条  1F
営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:00) 17:30~23:00 (L.O.21:30) 不定休
TEL:050-5869-2091
関連記事

0 Comments

Add your comment