FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

福来たるで軽呑みディナー(5)近鉄伏見駅

2021
02
珍しく平日の夜。ちょっとアクシデントがあり出来た用事をこなして自宅に帰ってきたら19:00を少々回った時間帯。今日はもう外で晩御飯にしようよ!とやってきたのは我が家から徒歩7分ほどの近鉄伏見駅。

福来たる(小)_007 (1)

月曜日だったのでお気に入りうどん居酒屋「艮作」はお休みで、それなら福来たるで軽く呑んで晩御飯だよね!と即断即決な相方。こちらも正統派讃岐うどん店なのですが、夜は居酒屋使いできるのが嬉しいお店。
で、17:30以降に注文できる¥1630(税込み)でアテになるおかず類6種、おうどん小、それにビールまでついている「ほろ酔いセット」があるのを思い出し、1つ注文してシェアし、あとはなりゆきで!ということに。

福来たる(小)_001

で、生ビールで乾杯し、先行で出てきたほろ酔いセットの突き出し2品(自家製の昆布佃煮、それになめこ卸し)を突っつきつつお料理を待っていると・・・

福来たる(小)_002

ばばーんと、おかず4種盛りが登場。このお店の一押しアイテム「桜島さくら鶏ささみ天」、それに茄子の揚げびたし、新タマネギのサラダ、豚軟骨煮といううどん屋さんらしくない、しっかり系のアテが嬉しいのだ。

福来たる(小)_003

で、もちょっと呑みたいのでアテも追加しておこう!と天ぷら盛り合わせを注文。¥700で大きな海老天、蓮根に南瓜、しし唐、茄子、大葉という一通りが頂けるのは嬉しいのだ。ささみ天もですが、うどん屋さんでも天ぷらがお上手なお店ですな。

福来たる(小)_004

福来たるで日本酒を呑んだ事が無いことを思いつき、注文してみた伏見は松本酒造謹製「桃の滴 特別純米酒」なり。一合瓶売りで¥600なり。この日本酒に出会ってから伏見酒がどんどん好きになった一品。調子に乗ってきたので・・・

福来たる(小)_005

更にアテ追加。粗びきウインナーは¥450なり。この手のアテがざっと30種類近くスタンバっております。

福来たる(小)_006

更に伏見酒から、 増田徳兵衛商店謹製「月の桂 本醸造 にごり酒 」も¥600なり。若干シュワシュワ系で、これも伏見酒が好きになったお勧めの一品ですな。相方もにっこり。

福来たる(小)_007

相方がノリノリで更に過去食べたことが無いのをたべようよ!と、博多明太の蓮根はさみ揚げ¥500を。明太成分多めの明太マヨをがっしり挟んで揚げました!的な。これもなかなか乙なお味。流石にお腹も良い感じになってきたので、〆の饂飩に行きましょう!ということに。

福来たる(小)_008

相方は「ほろ酔いセット」についているミニおぼろ昆布うどんを。(単品なら¥400なり) どことなく京都ではなく大阪っぽいダシなのですが、ほっこりしたお味で、相方もにっこり。

福来たる(小)_009

私は、なんだか久々にお願いした気がする「ちく玉天おろしぶっかけ」¥820なり。この¥820はなんだか非常に良心的価格設定ですなあ。ちく天好きなら大納得のでっかいちく天と・・・

福来たる(小)_010

とろーんと玉子天もついていて¥820なり。麺量1.5玉まで同額!なのですが、もう結構頂いているので一玉で。ブリブリンの腰の正統派讃岐うどんなのですが、がちがち麺ではなく、程よい感じの腰なのが嬉しい。 色々、オリジナルの創作うどんメニューも日々増殖中なのですが、こういうレギュラーメニューがお得で旨いです~。

以上で生ビール2に日本酒2合と軽めに吞んで〆て¥6000割れという納得のお支払い。また、自宅ご飯パワーが盛り上がらない際に、何回でもお世話になりそうな予感なのですが、このお店が自宅徒歩圏内にあるので、我が家で新規うどん屋開拓が進まないのが唯一の欠点かもですな汗汗汗。 また来ます~。




◆手打ちうどん 福来たる
住所:京都市伏見区深草柴田屋敷町76
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~21:30(L.O.21:00) 水休
TEL:075-641-6663


関連記事

0 Comments

Add your comment