FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

市右衛門@和歌山県 和歌浦

2021
20
夏休みネタその4です。
和歌山の両親は、コロナワクチン接種が2回とも完了し、誰~も遊びに来ないのでもう暇を持て余している模様。連休の2週間ほど前からちょくちょく電話がかかってきて、もうワクチンを打ったか!打ったか?とうるさいほど。で、夏休みになり、相方は2回目接種完了、私は1回目完了(夏休み中に二回目)の状態で、帰省する二週間前から、徹底的に感染対策して帰ってきた和歌山。 で、折角なので、美味しいランチでもどうよ?と、以前から気になっていた海鮮割烹に電話したら席が取れたのだ。

市右衛門(小)_001

お店の名前は、市右衛門。和歌浦にある一軒屋レストラン。外観は、もうフツーにちょっとお金持ちの民家と言う感じで、お店前には3台分ほど駐車場完備。車でないと立ち寄りにくいう海沿いの住宅街で、相方の運転でオープン時間の11:30にやってきたのですな。丁度御店主が、営業中の看板を外に出されるタイミング。

市右衛門(小)_002

で、店内に。靴を脱いでお邪魔する民家改造物件なのですが、広々としてなかなかほっこりできそうな空間。カウンター席がかなりゆったり目の8な、それと個室がいくつかあるようで、4人掛けテーブル×2のカウンター隣接の別室に通して貰うのだ。そちらは我々だけで貸し切り状態。三密回避で席数を制限されているのかな?と思いつつ。で、結局カウンター席は三組、計7名。もう1つの個室にもお客様が、という状況。

市右衛門(小)_003

で、こちらのランチメニューがこちら。基本、天然物の地魚に拘るお店で、なんだかいいお値段の定食なのですが、地魚をありえないてんこ盛りで食べられる設定になっているのだ。で、お刺身定食を2、焼魚定食B、それに煮魚定食を注文し、四人でシェアして頂こうという作戦。

市右衛門(小)_004

カウンター席の上には大鉢でおばんざいが全11種類ほど並んでいて、定食を注文するとそのうちから4種類好きなものをチョイスできる仕組み。適当に全種類持ってもらった四人前分がこちら。普段使いのお味なのですが、これは明らかに酒のアテにもなる設定ですな。 メイン料理が徹底的に魚なので、お肉系がちょっとあるとうれしかったりして。

市右衛門(小)_005

で、両親は下戸なのですが、相方には遠慮しつつ日本酒を一合だけ。和歌山は海南市、中野BC謹製「超久 純米酒」なり。多分¥1000ほどかな。。。和歌山の地酒の中ではかなりすっきり系で呑みやすい。

市右衛門(小)_006

メイン料理の前に、結構大盛りのピカピカ白ご飯(ちゃんと炊けていて美味しい)と、しじみ汁が出てくるのが定食なのだ。お漬物は紀ノ川漬けなのが和歌山。 で、順次出来た順でメイン料理が!

市右衛門(小)_007

まずは焼きたての焼き魚。定食で25cm級の天然物の石鯛一匹が出てくるのが笑っちゃいますな。もしかして人生でこういう食べ方で石鯛を食べたのは初めての経験かもと思いつつ。ぎゅっと締まった肉質で塩分の乗せ方も程よく、スダチぎゅっぎゅでニッコリ。

市右衛門(小)_008

お刺身盛り合わせは二貫9種盛り、且つ一貫が大きめ。更に全て天然物。白身三種類が鯛などの分かりやすいものではないので、忘却の彼方!なのですが(滝汗)、トリ貝に煮鮑(大きめのトコブシかも)、金目鯛にマグロ、鰹、蛸などなど。 とりあえずまったく生臭くない鰹の蕩け具合と新鮮さにうっとり。流石に天然物だよねえ!と皆でよろこんでいたら、とどめの煮魚がまた凄いのだ・・・

市右衛門(小)_009

煮魚はめばる。親父様は釣りキチだったので何回も食べていると思うのですが、やっぱり天然物の25cm級で片身では無く一匹!(石鯛よりも一回り太っていて大きめ) 味付けはこれまた和歌山の煮魚の定番で、醤油と日本酒のみ、味醂や砂糖などの甘味調味料無し!なのですが、身の甘味が分かって超ウマ。御店主がどうですか、お口に合いましたか?と覗きに来てくれたのですが、お聞きしたところによると、醤油は5種類ほどブレンドして旨味を追求しているようです。マニアですな。

こういう食べるのが面倒な煮魚になると俄然食欲が出る父上様。結局1時間ほどかけて猫がまたぐほどキレーイに頂きました。いやはや大満腹。ま、定食とは言え、¥3000ほどするので4人で支払いは¥14000ほどになるのですが、和歌浦の甲殻類(ガザミやシャコ、足赤海老など)をアラカルトで頂いてみたいなあ~と思いつつ。
冬は焼魚定食にグジが一匹付き!だったり、鍋定食があるようなので、次回はぜひ冬の季節に。思う存分、魚介類を食べたい方に激しくおすすめですな。ご馳走様でした~。 
 
 

 
◆市右衛門
住所:和歌山県和歌山市和歌浦南2-4-23
営業時間:11:30~15:00 17:30~22:00(L.O.21:30) 火休・第2、第4水休
TEL:090-3486-1471
関連記事

0 Comments

Add your comment