FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

御所 DeLinoでランチ(2)@御所東

2021
09
基本、通院以外の理由が無い限り、土曜日の夜はどこかのお店でご飯を頂きつつ吞んでいるのが我が家の毎度のパターン。が、「流石に、奈良に毎週末通うのはしんどいよねえ」と、多分、昨年のGW以来で土曜日ディナーが外食では無かった日。アホほど溜まっているTV録画を観たりして過ごしたのですが、此の分では日曜日も遠出する気力は無さそうだ!と、京都市内で三密回避で美味しいランチが頂けそうなお店は?で思い出したイタリアンに電話するのだ。

御所Delino2(小)_001

で、予約が取れたのでやってきた日曜日、12:00。お店の名前は「御所Delino」、お気に入りオステリア「Lino」の支店ですな。本店も美味しいお店なのですが、席感ゆったりならこちらだろうということに。店内に。

御所Delino2(小)_005

禁酒令が発令されていない、今年2月以来の訪問。(テイクアウトでは数回お世話になった様な・・)カウンター席、テーブル席に、お一人様先客2名が居られ、坪庭前のテーブルに案内頂くのですな。お天気が良い日には緑が目に優しい席です。

御所Delino2(小)_002

ランチメニューがこちら。手打ちパスタが美味しいお店なので、しっかり目の前菜が付いてくる前菜ランチをパスタでチョイス!というのが我々の希望。で、パスタですが・・・・・

御所Delino2(小)_003

手打ち麺4種類がスタンバイ。ランチでも全部手打ち!というのが手打ち麺好きにはそれだけで来る価値あり。それにパスタ前に追加すると良さそうな鮎のコンフィ、春巻きなどのアラカルトが加算メニューでスタンバイ。
前回来た時は、ランチにセット可能なメイン料理があったので、夜のメインメニューの注文はOKですかね?と確認すると、OKですよ~ということで、2人で1皿シェアして頂くことに。

御所Delino2(小)_006

とりあえずノンアルビール¥550など吞みつつ、お料理を待つのだ。

御所Delino2(小)_007

まずは冷製スープ。この季節よくお目に掛かるガスパチョ(スペイン風トマトスープ)ですが、細かい角切りの胡瓜のピクルスが浮かんでいるのがポイント。ピクルスの結構しっかり目のビネガーがスッキリ感を倍化させるのだ。

御所Delino2(小)_008

更に前菜盛り合わせ。野菜シッカリで健康的な構成。奥は薄切りの生マッシュルームとパルメジャーノがたっぷりのサラダ。茄子のバルサミコ煮、赤・黄パプリカ、玉ねぎ主体の夏野菜カポナータ、アンチョビ風味のブロッコリー、レンズ豆が乗っかっているのは豚ロース煮込み、という布陣。 いやー、冷えた白ワインを是非!なのですが、禁酒令発令中(滝汗)

御所Delino2(小)_009

ノンアルコールドリンクでお勧め頂いたのがこちら。 ネオブュル社なるベルギーのノンアルワインがグラスで¥600なのですが、シャルドネの白ワインからアルコールを低温低圧で抜いている一品。糖分の少ない香り高い葡萄ジュースと言う感じ。が、キレもあり、食事にも合わせやすいのでは。これはアリではないかと。しかし、こういう緊急事態でなければ、我々は一生出合わなかったでしょうな・・・・(汗)

御所Delino2(小)_010

お楽しみのパスタその1。2人でランチセットを注文すると、ちゃんと二皿に分けてくれるのだ。まずは、「香ばしく焼いた鮎のコンフィと小松菜のアーリオオーリオ スダチ風味」で+¥300の加算メニュー。
ほろほろに炊いてある香ばしい鮎は、頭や骨まで美味しく頂けるやわやわさ。香ばしい鮎に手で搾りかけるスダチの酸が旨さを倍増させるのだ。いやー、ほろほろとしたパスタとの見事なマッチング。

御所Delino2(小)_011

パスタその2も、+¥300の加算メニューで、ショートパスタをチョイス。リガトーニで、とうもろこしカルボナーラ+パルマ産生ハム。

御所Delino2(小)_012

リガトーニは、大きめのペンネのような感じですが、シコシコと美味しい。それを甘ーいトウモロコシピュレソースに絡めて、と言う趣向。カルボナーラということなので卵黄も使われているかも?なのですが、とうもろこしの甘味に兎に角びっくり。で、その甘さにしょっぱい生ハムとふわふわチーズが絶妙のアクセントに。相方、これは好きだわー!を連発。 (トウモロコシ好きなので汗)

御所Delino2(小)_013

で、追加でお願いしたメインの皿。煮たお肉を食べてみたかったのでお願いした「宮崎産 黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み ハッシュドビーフ風」¥3500をチョイス。二皿に分けて頂いておりますが、250g!あります。

御所Delino2(小)_016

かなり濃厚なソースなのですが、概ねフレンチの赤ワイン煮よりはぐっと塩分濃度が控えめ設定。形は残っていないのですが、煮溶けたマッシュルームが超良い仕事をしている一品。お箸でも食べられる柔らかさにうっとり。 お皿に残った超ウマソースをぬぐうために、パンが超欲しいのですが、諸事情で我慢!なのだ・・・・。

御所Delino2(小)_014

とはいえ、甘いものもシッカリ完備。なんだったかな~、かなりの変化球だったような。右手のジェラートは全く記憶にない(旨かっただけは記憶! ラムレーズンかな・・・)なのですが、ティラミスがさつまいもマッシュを使っていて超旨かったような・・・滝汗

御所Delino2(小)_015

ゆっくりしていってくださいね~とお声掛け頂いて、坪庭を眺めながらのんびりティータイム。普段なら2人でグラス8杯は吞んで磯なのですが、なんだか健康的なランチになりました。以上で〆て、¥12000チョイと言う大大大大納得価格。
京都市内で、イタリアンのランチコースを食べると、めっちゃお手頃店か、めっちゃ高級店の両極端になるのですが、中庸というか、我々には程よい感じの美味しいイタリアン。次回こそはアルコールが呑めるタイミングでぜひ。(いやー、間違いなく、むっちゃ呑むんでしょうなあ・・・滝汗)



◆御所 DeLino

住所:都市上京区新烏丸通丸太町上ル信富町304-4
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:30 不定休 (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:050-5872-3967
関連記事

0 Comments

Add your comment