fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

拉麺たにの@男山団地

2021
18
で、日曜日のラーメンネタを一つ。
こちらの焼肉ランチネタでも書いたのですが、最近、我が家で赤丸急上昇スパ銭が一号線の洞ケ峠近くにある「竹取温泉 灯りの湯」。
前日、奈良公園周辺を結構歩いたので少々へばっていて、今日もまた、巨大な炭酸泉のお風呂でだらだらしようよ!ということに。

拉麺たにの(小)_001

で、いつものパターンでお風呂の前にランチだよ!ということになるのですが、やってきたのは灯りの湯から車で3分ほどの近場、男山団地そばのラーメン店「拉麺たにの」なり。 また情報源はGoogleマップなのですが、御店主1人で回しておられるわずか4席!、且つ、10:00~14:00の昼営業だけミニマムラーメン店なのだ。 裏のPAに車をとめ(「いっすん」の表示がある2台分がこのお店用)店内に。

拉麺たにの(小)_002

レギュラーメニューはこちら。「拉麺その一」が天然羅臼昆布と黒毛和牛のスープ、「拉麺そのニ」が明石蛸とポルチーニ茸のスープ、「拉麺その三」が金華ハムと干し貝柱のスープ。「拉麺その四」は最近追加されたようで、ムール貝と天使の海老スープでという、あまりラーメン屋さんでは見かけない、材料費が非常にかかりそうな高級食材を採用されているのが面白い。それと、ラーメンのサイドメニューが「たこ飯」というのも、他のお店ではありえない設定。

拉麺たにの(小)_004

で、こういう食材の拘りを掲示されているわけで。御店主は、多分、私とほぼ同年代ではないかと想像するのですが、京都ラーメン業界では非常に有名な方で、辛ーいラーメンで有名な「都飯店」を創業されたご本人なのだ。

拉麺たにの(小)_003

で、相方が、「拉麺その三」が金華ハムと干し貝柱で¥1100、私は超悩んで「拉麺その一」の天然羅臼昆布と黒毛和牛スープで¥900+チャーシュー増し¥200をお願いしてみるのだ。ご飯はちょっと欲しいので、タコ飯¥400も。
席数はたった4席しかないのに、キッチンは1人で回しているのに御覧のように超巨大。お腹激ヘリで、ラーメン登場を今か今かと待つのですな。

拉麺たにの(小)_005

まずはタコ飯¥400なり。おっさん用大茶碗!ぐらいのしっかり量でびっくり。タコの炊き込みご飯ですが、冗談抜きで蛸が30%近く入っているてんこ盛り状態。歯ごたえも良好で濃い味付けにはしておらず蛸そのものの旨味。この蛸が、「明石蛸」だとメニューに書いてあるので、普通、確実に材料費オーバーだと思われますな。
想像ですが、明石蛸が取れる季節に船でご自分で捕って、1年分、冷凍保存されているのではないかな。巨大業務用冷蔵庫が並ぶキッチンもそういうことなら納得・・(実は、そういう趣味のFB友が居られるので・・・)

拉麺たにの(小)_006

で、着席10分足らずで私注文の天然羅臼昆布と黒毛和牛スープ+チャーシュー増しがババーンと登場。具材はなぜかカリッカリに素揚げしたオクラがトッピング、柔らかい大面積チャーシューが5枚、半熟煮玉子、それに人参千切りと何かのスプラウト、という不思議な構成。

まずはスープを一口。牛肉の出汁が超しっかり効いている、どことなく韓国のクッパスープなどと類似の味わい。出汁しっかりなのですが、塩ラーメンのような塩分の乗せ方なので、今風の濃いラーメン好きは物足りないカモ。とはいえ、我々はこれは上品だよね!とニッコリなのだ。 禁酒令発令中ですが、酔い覚ましに非常に良さそうなラーメンですが、営業時間を考えるとなかなか難しいかな(滝汗)。

拉麺たにの(小)_007

相方注文の金華ハムと干し貝柱のスープのラーメンが、これまた凄い。普通に高級中華料理店の清湯スープ的な味わいで、¥1100と、良いお値段なのですが、内容から考えると全然納得。これまた上等&上品。

拉麺たにの(小)_008

麺が、中華料理店の極細ちじれ玉子麺だったら激嬉しいのですが、麺自体は若干柔らかめのつるつる系食感の多加水中太麺。至ってレギュラーな感じ。牛ダシのほうには良く合っている!と言う感想でした。

拉麺たにの(小)_009

サービスで、太刀魚の蒲鉾です!とのこと。ご自分で釣ってきた自家製蒲鉾だそうです。あー、やっぱり釣りキチなんだ!と納得。
お味はどうでしたか!と帰り際に声掛け頂いたのですが、大満足です!とお伝えしました。 ラーメンとすると、良いお値段ですが、この内容なので、我々は全然大大大大納得。

金曜日に、週替わりで限定ラーメンを出されていて、ネット情報によると「鴨肉コンフィのラーメン」など、ありえない変態系を次々リリースされている模様。機会があればぜひ行ってみたい!と思いました。こちらも「灯りの湯」とセットで通わせていただくことになりそうです。塩ラーメン好きなら、ぜひ追試を。



◆拉麺 たにの
住所:京都府八幡市男山松里15-15 
営業時間:10:00~14:00 火水木休
TEL:080-2487-3341
関連記事

0 Comments

Add your comment