fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

COCORO@伏見 納屋町商店街

2021
27
夏休みから奈良通いしていたために、その間に京都に新しいお店がどんどん出来るのを見落としていたのですが、FB友から「納屋町の例の物件にラーメン店以外のお店が営業開始!」との情報をGET。 

調べてみると、カウンター席のみのフレンチ店で、伏見桃山周辺では非常~に珍しい形態のお店であることが判明。京都はいまだ禁酒法発令中で、どういう形態で営業されているのであろうか?と興味津々状態。特にネット上に営業情報等はアップされていなさそう(めっちゃ一般的な名前なので、書かれていてもWebの波間に埋没して分からない(滝汗))なので、とりあえず覗きに行って、席が空いていたら飛び込みで入ってみる?ということに。

場所は納屋町商店街の中ほどで、もう2年ほど前から「伏見ラーメン小路」としてオープンを計画されていた物件。新型コロナで狙っていたインバウンド需要が望めなくなって、完成してからもう1年以上塩漬け状態だったのですが、ようやく1軒だけ営業にこぎつけられた模様。で、後程、ご店主に話を伺ったところによると、ラーメン店は入る予定が無いようで「伏見納屋町小路」とネーミングも変更されたようなのだ。

COCORO(小)_001

この林立する赤い鳥居の右側に、コンクリート打ちっぱなしのスケルトン店舗が並んでいて、その中に、一軒だけ営業されているお店があるわけです。現在、2軒が工事中の模様でした。

COCORO(小)_002

で、唯一営業されているのがこちらですな。お店の名前は「COCORO」、東京方面のフレンチで修行経験のある御店主1人で回しておられるカウンターフレンチ店。しかしまあ、この時期に営業を開始されるとは度胸があるなあ!と店内に。

COCORO(小)_003

L字型カウンターのみ、全10席のこじんまり物件ですが、席間の余裕は確保。またラーメン店想定の物件なので、換気ダクトはフレンチ店には不釣り合いなほど巨大。アクリル板等も完備し、三密は余裕で回避中、と言う状況。しかし、伏見桃山の納屋町商店街にいることを少々忘れそうなお洒落物件ですな。これは、帰りがけに撮った写真ですが、先客はカップル1組のみで、行けますか!とお声掛けし、店内に。 

COCORO(小)_004

現在、メニューは限定的だとのこと。前菜系がこちらで・・・

COCORO(小)_005

メインが2種、御店主が好きなパスタが2種、デザート類という構成。もともと洋菓子店でパティシエ修行されていたそうで、シェフお手製のデザートもスタンバっているのだ。(Googleマップに美味しそうな写真があるので、そちらをご参考に。)

COCORO(小)_007

とりあえず、我が家ではノンアルビールはお約束。伺ったところに寄りますと、通常はワインは当たり前に豊富なのですが、ウイスキーや日本酒のショットグラスも販売されていて、鳳凰美田や蒼空、笑四季センセーションに秋鹿等々、色々あるとのこと。基本、キッチンバーのような方向性なのですかね。

COCORO(小)_006

前菜盛り合わせ¥2600は、1人一皿でサーブされるのだ。薄切りパンに乗っかっているのは豚肉のリエット、レバー感は少な目の肉感しっかりなパテドカンパーニュ、こんもり今、ビネガーと合わせたキャロットラペ、奥に無花果と生ハム、それにゴールデンキウイは、超臭旨いブルーチーズと蜂蜜、胡桃と合わせるという手法。 ま、定番で間違いなさそうな設定。(とは言え、しっかり目の白などが欲しくなりますな・・・・汗)

シェフは結構喋ってくれるタイプの人で、ほかにどんなお店が入られるのですかねえ?と質問すると、たしか立ち飲み店にイタリアン、和食店が2軒ほど入られるようですよ!とのこと。未確認情報ですので、話半分でもそれは楽しみ!かも。(和食店は吉兆で修行された方が入られるというような・・・)

喋っている間に、もう一組のほうの鴨が出てきて、それを見たとたん我々も鴨を!ということに。

COCORO(小)_008

で、時間がかかるので、時間つなぎに鶏レバーペースト¥700を。これも2皿に分けてくれたのだ。非常に滑らかな仕上がりでこりゃ、相当美味しい!という感想。(とはいえ、合わせるお酒ですよねえ、これには)

COCORO(小)_009

30分ほど色々情報交換している間に登場した鴨ロースト¥3000なり。
この写真も半分量なのですが、楽々合計250gはありそうですな。付け合わせは茸のソテー、オーソドックスな赤ワインソースでというベタな構成ですが、ちゃんと美味しい。
奥にある赤い実がポイントで、結構辛い唐辛子の瓶詰(多分、酢漬けではなく、ソミュール液的な塩だれに漬けてある)なのですが、ちょっと齧ると口直しになって旨いのだ。美味しいので、我々は2、3個付けて欲しい!と言う感想(滝汗)

で、シェフに昔、パティシエ修行した!というお話を聞いてしまったので、そりゃ甘いものも食べて帰らないとね!ということに。

COCORO(小)_010

酒粕のブランマンジェ カシスアイス添えで¥900なり。いやー、実は今日一番美味しい!と思ったのがこちら。伏見区民として、酒粕をアレンジしたお料理は色々食べているのですが、(最近無くなったラーメン店とか・・)、決定版というようなものには過去出会っていない!と思いますな。が、このブランマンジェは酒粕レシピの中でも相当良い感じだと思いますので、甘いもの好きならぜひ追試を。(酒呑み且つ甘いものも好きな人限定かもですが・・)カシスアイスを添えているのも、いいバランスなのだ。お勧めいたします。

COCORO(小)_011

クレームブリュレも味見されます?と一個出して貰ったのですが、これも程よいゆるゆるさで、お味は濃厚。いやー大満足でした。

これからどんな方向性でやられるのか、暫く気になりそうな一軒。以上でノンアルビール×3で、〆て¥9000しなかったので申し訳ない!のですが、また、遠出するのが面倒な時にお邪魔すると思います。ご馳走様でした~! 
 
 

◆COCORO
住所:京都市伏見区納屋町118 納屋町小路7号室
営業時間:17:00~20:00 火休
    (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:080-2544-7205
関連記事

0 Comments

Add your comment