fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

麺 leads なかの 天理店@奈良県天理市

2021
03
で、更に続く奈良ネタ、その12段目。このネタの続きです。
宇陀市でお土産も購入し、そろそろ帰ろうか?となった17:00チョイ前。帰りも行きと同じ天理ICから西名阪→近畿→第二京阪というルートで京都に帰るので、天理ICまでにどこぞでラーメンでも食べて帰ろう!?となったのですな。

麺leadsなかの(小)_001

一応、やってくる前に数店お店の目星は付けていて、17:00オープン!&駐車場完備!ということでチョイスしたのがこちらの人気ラーメン店、「麺 leads なかの 天理店」なり。本店は大和高田にあるのですが、2018年12月オープンのまだまだニューカマー店。

麺leadsなかの(小)_002

入り口のウエイティングに食券機が。メニューは御覧のとおり、スープのベースは鶏白湯一択。味付けが醤油・塩の二択、特製はチャーシュー麺で計4種というシンプルな構成。が、スープはクリーミーで泡立っている京都でも「八の坊」が出しているようなタイプで、実は結構好きなのだ。相方は、この手のクリーミーなスープはほぼ初体験状態。
到着したのが17:30ごろだったのですが、特に行列は無い状況。丁度、一周目のお客さんで満席になったようで、店員さんの声掛けで先に食券を買って今日1組目の行列客として並んだのですな。で、5分も待たないうちに我々の順番に。

麺leadsなかの(小)_003

ラーメン店とは思えないなかなか垢抜け感アリ!な内装。席数は30席ほどと、この規模ではゆったり目で絞っている感じ。コロナ対策ですかね。

麺leadsなかの(小)_004

立体のテーブルナンバーがお洒落。ラーメンの食券は着席時にお渡ししたのですが、炙りチャーシュー飯¥390の食券は商品と引き換え。

麺leadsなかの(小)_005

店内にも食券機があるので、相方に遠慮しつつ、瓶ビール¥580を追加(滝汗) 温泉上りなので超喉が渇いていて旨し~!

麺leadsなかの(小)_006

で、炙りチャーシュー飯¥390がばばんと登場。ラーメンにセットできるミニ丼ですが、この密度感でおもわずニンマリ。1cm角ぐらいの角切りレアチャーシューがゴロンゴロンと入っていて、盛り付け後にバーナーでががっと炙ったもの。緑の野菜は水菜でトロミのある甘タレを絡めて頂くのですが、これは超お得!と言う感想。このチャーシューをアテにビールが進むのだ。尚、結構量はあるので、2人で一つぐらいでちょうどよさそうな感じですな。

麺leadsなかの(小)_007

で、まずは私注文の特製TORI白湯らーめん¥1080が登場。大面積で程良い味がしみ込んでいるレアチャーシューはイタリア原産で生ハム等に使われるブランド豚「ドルチェポルコ」を採用していて、締まったハムっぽい食感ですが美味しい。 ネギは生玉ねぎの粗目の微塵切りで、青い野菜は水菜。補色になって見えにくいですが、味玉も沈んでおります。泡立つエスプーマスープを採用しているお店としては、標準的な構成ではないかと。

麺leadsなかの(小)_010

麺を持ち上げると、スープが三層構造になっていて、醤油ダレ、マー油が底に沈んでいて、泡立つエスプーマ鶏白湯スープに覆われていることがわかるのですな。塩分濃度は過剰ではなく抑制的、且つマー油の香ばしさが際立つ、こりゃ旨いじゃん!と納得の味わい。麺は中太多加水麺でもちもちした歯ごたえ。腰もあり、スープに良く合っていると思いました。

麺leadsなかの(小)_008

で、こちらは相方注文のTORI白湯ラーメン(塩)で¥880なり。見た目は激しく愛想がないのですが、これもまた美味しい。

麺leadsなかの(小)_009

麺は共通なのですが、この塩味スープが秀逸。ほんのり柑橘系の香り、スープに加えている油もマー油ではなく、多分バジルオイルを使われているのでより洋風的な味わいなのですが、まろやかで角が無く超旨いですな。いやはや、びっくり。

で、相方の提案で・・・

麺leadsなかの(小)_011

丼を半分こして、こういう食べ方で〆。いやー、大充実の大満足でした。ダイニングの隅に、お子様用に丼やスプーンなどの食器を使えるよう、一式置いてあるのも気が利いているのだ。スタッフの皆さんもお若いお店なのですが、はきはきサービスで気分良くラーメンが頂ける。

ラーメン店とするとお安い部類ではないですが、確実に定期的に食べたくなるタイプのお味。個人的には非常にお勧めしたい一杯ですな。ご馳走様でした、また、奈良に来たら思い出すと思います~。
 


◆麺 leads なかの 天理店
住所:奈良県天理市庵治町209-8
営業時間:11:00~15:30 17:00~24:30 無休
TEL:非開示
関連記事

0 Comments

Add your comment