fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

NISHITOMIYA@東山

2021
09
立ち退きでこの春に一旦閉店されていた河原町五条のコロッケバル、「西冨家コロッケ店」が、地下鉄東山駅近くに移転され営業を再開されたとの情報をGET。FB友が、移転先のお持ち帰りコロッケネタをアップしているのに気が付いたのですな。
で、再開を機に店名を変更され、「NISHITOMIYA」として再出発されたらしい。それは行かないと!ということで速攻で予約を入れ、金曜業務終了後に新生NISHITOMIYAに集合だ!ということに。

NISHITOMIYA(小)_001

場所は三条通の三条神宮前から西に100mくらい。最寄り駅の地下鉄東山駅から東に200mほどという便利な立地。京都も新型コロナによる夜営業の時間制限がようやく無くなり、やってきた19:00。ごらんのビルの奥にあるのですが、このビルに「京都滋賀県人会」が入っていて、巨大な看板が出ているので目立つのだ。店内に。

NISHITOMIYA(小)_015

うおー、なんだかオシャレになりましたな。以前のお店よりぐっと広くなり、右手がキッチンとレジ、コロッケお持ち帰りコーナーがあり、左手がテーブル席が奥に向かって並び、丁度中央付近にあるトイレで店内が2つに仕切られていて、奥が12席、手前が10席ぐらいの規模感ですな。 で、超目立つのが一番奥の巨大なウオークインセラーという。 以前のように立ち飲みコーナーも完備という充実度。 金曜日のこの時間帯で既にあらかたの席が埋まっていてびっくりしたのですが、奥から二番目のテーブルが我々用に空いていて、そこに入れてもらってテーブルが全て埋まったのだ。

NISHITOMIYA(小)_002

お料理はこんな感じ。京都で「フレンチコロッケバル」という独自の分野を開拓された西富屋。以前お店で出されていた超てんこ盛り前菜は今日は無いのですが、お店のInstagramを眺めていると色々探られている模様なのだ。当然ブルーチーズのコロッケは食べる!ということで、先にアテっぽいものを3つ程お願いする。

NISHITOMIYA(小)_004

とりあえず白グラスから。キッチン内はスタッフ3人で回されているのですが、流石に満席なので大変な模様。ワインは空いたらボトルを空けていくスタイルで、白グラス・赤グラスとも2本づつは開けておられましたかね。

NISHITOMIYA(小)_014

とんでもない量のワインボトルが並ぶ巨大ワインセラーについつい目が行くのですが、中に入れるのはお店スタッフのみの模様。基本、自然派ワイン押しのお店。

NISHITOMIYA(小)_003

一品目。タコとアボガドのマリネは¥680なり。タコは半生、アボガドはトロケル一歩手前ぐらいの完熟さ。甘じょっぱ系の中華風な味付けなのが美味しい。

NISHITOMIYA(小)_005

ブッラータとシャインマスカットで¥1500なり。いやー、ブッラータチーズが甘い葡萄といい具合に調和するのですなあ。先の蛸と一緒に食べても美味しい。あっという間に白グラスがあき、追加をお願いしたような。

NISHITOMIYA(小)_006

あー、これもフレンチバルとは思えない!と思った上出来の宮城産鰹のたたきで¥1000。スダチをぎゅっとかけ、練り辛子と共に頂くのですが、生臭みもなく超ウマ。予想外の展開に驚きつつ・・・

NISHITOMIYA(小)_008

追加でコロッケを注文しつつ、赤グラスにスイッチ。当日空けていたのはこんな感じ。奥はイタリアンでよく見る、ロマーニャのIL VEI Gutturnioなり。ま、ど定番ですな。 手前も見たことあるよ~?なのですが 仏ルーションの作り手で、OCTOBRE FOULARD ROUGEなり。シラー80%、グルナッシュ・ノワール20%。

NISHITOMIYA(小)_009

奥がイタリア。私は仏をチョイスしたのですが、スルスルっと呑みやすく。
わいわいと賑やかなお店で、特にアクリル板等も無い状態ですが、揚げ物を作られるので、キッチンの空調は相当リッチなものをお使いの模様。脂臭さ皆無な店内。

NISHITOMIYA(小)_007

なにこれ?と思ったので、つい注文した九条ネギと白味噌のパイで¥380なり。薄いパリパリの生地でお菓子っぽい感じ。小腹が空いた時用というような。で・・・

NISHITOMIYA(小)_010

今日はこれを食べに来た!なブルーチーズのコロッケで¥230×2なり。可愛らしい俵型ですが、がしっと臭旨系ブルーチーズが利いていて、柔らかめのジャガイモと一体化。超超超超美味しい。どう考えても安すぎですな~。

NISHITOMIYA(小)_011

更にコロッケ、手前がバカリューのコロッケで、塩漬けにして干されたタラを水で戻したものが具。元々ポルトガル料理のようです。で奥がスモークサーモンとディルのコロッケで¥230。 どちらも魚系だったので赤?と思ったのですが、全然大丈夫でした。これらも、キャラ違いになっていてどれも美味しい。

NISHITOMIYA(小)_012

お時間かかりますが?と確認されたのですが、ゆっくり飲みますので!と注文した、サルシッチャとマッシュポテトで¥1400なり。なんとも存在感抜群なイタリア風ソーセージなのですが・・・

NISHITOMIYA(小)_013

ぶりぶりで上出来。相方とこれは良いよねえ~と大満足。自家製の香辛料ペースト「ハリッサ」も良い感じですし、添え物のタップリ量のクスクスとラタトゥイユ、それにマッシュポテトも美味しい。

色々甘いものも揃っているのですが、お腹も良い感じなので、これで今日はお開きだ~ということに。

NISHITOMIYA(小)_016

レジで支払いを済ませようとすると、揚げる前コロッケ、それに自家製の甘いものの販売コーナーに目が行くという素晴らしい仕組み。カヌレやパイにフォカッチャなどが並んでいる。 これは、ザクザク生地でパイのようなパンのような、ですが生姜が利いていて美味しい。甘すぎないクイニーアマンのような。珈琲と共に次の日の朝御飯になりました。

以上で、確か白3に赤3ほど呑んで、お土産のパン2個付きで〆て¥10000ちょいというお手頃価格。席数が増えたので以前より予約しやすくなりましたし、ランチもやられるようになったのは良いですな。多分、近日大勢で、自然派ワイン目当てでわいわいしに来る予定です!。
  

◆NISHITOMIYA
住所:京都市東山区西町126 ビスタ三条白川 1F奥
営業時間:12:00~15:00 18:00~23:00 水休・木夜休
TEL:070-8513-0452
 
関連記事

0 Comments

Add your comment