fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Bistrot MANKAI@中書島

2021
15
引き続き、訪問二週間ほどのタイムラグでお送りしております。
先日、楓のコロナ復活営業にお邪魔した際に、中書島をウロウロしている人間なら絶対に知っている中華料理店「揚子江」の東向かいにビストロができるらしいのですよ~とお聞きして、うは、それはこの時期にチャレンジャーな!と思ったのですが(滝汗)、そのあとFBやらグルタクさんのblogによれば、確かにビストロがオープンしたらしいとのこと。

Mankai(小)_001

で、前日予約で金曜日のディナーは中書島で!ということに。前はスナックでしたっけ、1年ほど空き家になっていた物件が確かにビストロになっているのだ。京阪中書島駅から北にまっすぐ徒歩3分ほど。

Mankai(小)_012

僅か6席のみのこじんまり系カウンタービストロ。シェフが超お喋りが出来るカウンター店向きな人で、お料理のことなど色々質問しつつ・・・

Mankai(小)_004

メニューを確認。中書島価格なのか全般的に非常にお安い設定。1人で回しておられるので、これは仕込みが大変そうだなあ~と思いつつ。 10/8にオープンしたばかりのニューカマー店で、ランチ営業もされていたようなのですが、シェフ曰く、仕込みが大変なので(やっぱり?)、このネタを書いている11/15時点では15:00から営業に切り替えられている予定なのだ。

Mankai(小)_003

お酒はこんな感じですが、お料理もですが、オープン1か月は開店記念サービス価格(楯野川の純米大吟醸を、グラス120ccで¥550!で出してちゃいけませんな・・・・汗)ですので、宜しくお願いいたします~。

Mankai(小)_002

出町柳からやってくる相方がまだなので、とりあえず生!で喉を潤しつつ、のんびり。10分ほどで相方も登場し、お料理を注文するのだ。何せ、一皿価格がお手頃設定なので様子が分からず、前菜系を4、お肉のメインを1で、ということに。

Mankai(小)_005

フォアグラのテリーヌ、柿のジャム添えで¥1680なり。いやー、これは無条件でパン劇消化だよね!と思った一品。 添えてあるのが自家製のブリオッシュなのですが、これもバナナ風味という手のかけよう。バナナの香りと柿ジャム、円やかバターのようなテリーヌが非常に合う!と思った一品。間違いなく美味しいです。

Mankai(小)_007

相方が泡からスタートしたので、私も泡にスイッチ。パン¥150も追加で。

Mankai(小)_006

お任せの前菜盛り合わせは、これで¥1700なり。いやー驚きますな、これは。1人でやられている、それもビストロ!なのに、このレベルでキチンと盛り込もうという執念を感じる一皿。野菜、肉、魚のバランスも考えているのも小憎らしいのですが、なにせ中書島価格ですから。いやー、ビックリ。

Mankai(小)_008

で、次の前菜二種が魚系なので、日本酒メニューに書いてある二種をそれぞれお願いする。こちらが佐渡の酒蔵、「真稜 至(いたる) 純米酒」ですが、旨味は乗っているのに綺麗で呑み飽きない、正に食中酒。酒チョイスのセンス有りだよね~とニッコリなのだ。相方は、楯野川の純米大吟醸を。(写真失念滝汗) で、魚料理なのですが・・・

Mankai(小)_009

雲子とアサリのポッシェ ブルーチーズの香りで¥880なり。いやはや、これが¥880で出てくるとは!という驚きのあるお味。ポッシェとは、煮たてない低温スープ煮、のようなお料理ですが、ブルーチーズが大量に溶け込んださらっと系スープを合わせてあり、これまたパンで一滴残らずスープを頂きたくなるお味。(写真、ピンボケでスミマセン・・・滝汗) 更に・・・

Mankai(小)_010

また、丁寧な盛り込みなのですが、イタヤ貝とカワハギのカルパッチョ サラダ仕立ては¥900なり。で、野菜をそっと除けますと・・

Mankai(小)_011

カワハギの肉厚な刺身を、肝を裏ごしして合わせた醤油で和えるという手のかかりよう。いやー、味付けは概ね和食なのですが、これは滅茶ウマ。イタヤ貝の身もありえないほどのゴロゴロ量。 日本酒で頂くヨロコビ!なのですな。美味しいです。

が、次のお肉料理も、かなり、いや相当に驚きました。

Mankai(小)_013

骨付き仔羊のロティー、ディーペリングソースで¥1680なり。あまり訊いたことが無いソースですが、赤ワイン系の甘口ソース。で、仔羊がこの火入れでこの肉厚さですから、奥様! 付け合わせの野菜類もちゃんとしていて、手抜き一切無し。いやー、ありえない、まったくありえない設定。

Mankai(小)_014

当然、赤グラスも行っときました。いやはや喰いも喰ったり! アマイものもあると思うのですが、今日はコレで大納得です!ということに。で、写真は撮っていないのですが、実は生ビー1、泡グラス2、日本酒グラス3、赤グラス2とチャンポンで色々しっかり呑んで、以上で¥12000割れという有りえないお支払い。 ま、オープン記念特価!であろうと予想しているのですが、個人的には¥15000ぐらいでも全然納得レベルの美味しさ、ボリューム感。

シェフが超喋れる人なので、わははと楽しい会話で盛り上がり、中書島に居ることを忘れた2時間ジャスト。この雰囲気に合う人、合わない人が分かれるお店では?と邪推するのですが(ある種、居酒屋のようなノリです・・)、我々は大好き。 
なにせ自宅から徒歩圏!なので、近日また、凝っているのに超お得な前菜&日本酒目当てで行きたいと思います。 ご馳走様でした&ビストロ好きには超お勧めいたします。ぜひ、予約してどうぞ。
 

 
◆Bistrot MANKAI
住所:京都市伏見区東柳町501-4
営業時間:15:00~23:00(L.O.22:30) 水休
TEL:075-285-1662
関連記事

0 Comments

Add your comment