fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

NISHITOMIYAでこじんまり会(2)@東山

2021
16
で、更に訪問後10日ほどのタイムラグでお送りしております。
京都の緊急事態宣言も解除され、おおよそ2か月チョイが経過。新型コロナの感染者数もどんどん減少し、概ね京都市内で数名の発症者しか出ない状況に。で、オミクロン!という新たな懸念もあるのですが、呑み友の顔を見ながら、こじんまりどこぞで集まって呑みたいよねえ!!と言う願望が抑えきれず、作戦を立て始めていたのですな。

NISHITOMIYA2(小)_001

チョイスした会場の前回訪問ネタがこちらですが、ああ、ここで自然派ワインが詳しい人と色々と呑みたいなあと思ったので、人数を集めなければ!ということに。立ち退きで一旦閉店されていた河原町五条のコロッケバル、「西冨家コロッケ店」移転再開先の「NISHITOMIYA」ですな。18:00オープンでやってきた某日。

NISHITOMIYA2(小)_019

もう1年半ぶりほどの再会する方もおられるので、ご挨拶しつつ、久々のワイワイした雰囲気にうっとり。お料理は事前に¥5000でお願いしていて、お酒は全員で飲んだ分だけ割り勘!という、割り勘負けする人には申し訳ないシステムでお願いしているのですな。(今回は負けてしまうタイプの方にはお声掛けできなかったです・・・・汗)

NISHITOMIYA2(小)_002

たしか瓶ビールで乾杯し、その後出てきた鰯のサラダ(これで3人前だったような)なり。完熟スダチだったかを添えてあり、フレッシュな柑橘の香りでスキっと頂ける趣向。

NISHITOMIYA2(小)_003

久々にお会いする人ばかり、且つ皆さんネタをてんこ盛りで抱えておられるので、喋るのに一生懸命。まずは泡を開けてもらったのですが、どこのでしたかねえ。。、間違いなく仏産のビオ泡なのですが、旨かったような!(滝汗) 1人、お若いソムリエール、1人、自宅の蔵にワインが唸っているおじさんが混ざっているので、お任せしておけば幸せ一直線!

NISHITOMIYA2(小)_004

で、突き出し的にウフマヨが1人一皿登場。自家製のロースハムと目玉?が良いセンスですな。味付けも濃すぎず、程良い感じで。。

NISHITOMIYA2(小)_005

で、前回も食べたタコとアボガドのマリネ。前回よりもタコが巨大。アボガドは相変わらず、蕩ける直前の完熟さで美味しい。甘じょっぱ系の中華風な味付けなのですが、これが自然派の白やオレンジ系と相思相愛でしょうな。

NISHITOMIYA2(小)_018

で、写真を撮り忘れていたので参加メンバーに頂いた(滝汗)、呑んだと思われる白。5人でシェアしているので結構なしっかり量頂いたような。仏ロアールの白、Panier de Fruitsなる銘柄で、 La Coulee d'Ambrosiaなる作り手さん。シュナンブラン100%。もうオレンジ化しているじゃん!というような。

NISHITOMIYA2(小)_006

驚くべきことに立ち飲みコーナーに4名も立ち飲み者が居て、且つテーブルは全て埋まっている満席状況。その中でお料理はゆったり目で進行中。これまた前回も頂いたお肉感満載の、サルシッチャとマッシュポテトなり。いやー、間違いないお味ですな。超ウマ。

NISHITOMIYA2(小)_007

で、仏アルザスの白、Kumpf & Meyer Rieslingなり。リースリングですが、するっと甘口ではなく複雑コク旨系でした。いや、良いのを当てますな!とにっこり。 

NISHITOMIYA2(小)_008

西富屋名物のワインに合うコロッケが登場。皆さん、帰りにお土産で買われていたような・・・・。これが三人前で、今回はブルーチーズにスモークサーモンとディル、奈良漬けレモンピールの3種類だったと記憶。

NISHITOMIYA2(小)_009

一番好きなコロッケを当ててしまうのですが、ブルーチーズなり。さっくりした衣の中はピュレ状で柔らかめの芋成分。更に中にとろけるブルーチーズ!という、ワインに合いまくるコロッケですな。やっぱり旨し~!(これだけあと2、3個欲しくなるお味・・・)

NISHITOMIYA2(小)_010

が、スモークサーモンとディルも相当美味しい。程よいスモーク臭が食欲を誘うのだ。で・・・・

NISHITOMIYA2(小)_011

上の2つは食べたことがあったので直ぐに何かわかったのですが、奈良漬けレモンピールは初挑戦で食べた時点でなにやら分からず。酸味は確かにあった様な。これも白ワイン持ってこーい!なのは間違いないと思います~。

NISHITOMIYA2(小)_017

で、次のお料理用に赤がもう一本。国産で山梨はドメーヌ・オヤマダ謹製「日向(ひなた)」なり。まったく覚えちゃいないのですが(滝汗)これまた美味しかったような。赤はもう1本空けていると思うのですが、写真大失念~!

NISHITOMIYA2(小)_012

最後はお肉ですが、羊。良い火入れですな。自家製のハリッサ(スパイスペースト)を付けると味わいがぐんとレベルアップ。冷えても美味しいのが良いですな。で、お料理はコレで終了で、あとはデザートなのですが・・・・

NISHITOMIYA2(小)_013

実は時間制限がないので、ちょっとだけ!とあん肝ポン酢を注文したメンバーあり。だはは。これまた美味しかったです。で・・

NISHITOMIYA2(小)_014

甘いものまで抜かりなし。自家製いちぢくのコンポートとパンナコッタで〆。いやはや最後まで大充実のおおよそ3時間一本勝負!

NISHITOMIYA2(小)_015

しかしまあ、ワインはどれも美味しかったのですが奥の超巨大ウオークインセラーに大量保管されて登場を今か今かと待っております。良きガイド様と一緒で楽しい体験でした。

NISHITOMIYA2(小)_016

支払いのレジ近くで自家製コロッケやパン類、甘いものをお持ち帰り販売されているので、概ね半数のメンバーがお土産購入(我が家は甘いもの・・汗) で、一人ビール少々、ワイン多分5種たっぷり目量で¥9000/人!という大大大納得価格。多分、またお邪魔することになると思われます。ご馳走様でした~。

 
 
◆NISHITOMIYA
住所:京都市東山区西町126 ビスタ三条白川 1F奥
営業時間:12:00~15:00 18:00~23:00 水休・木夜休
TEL:070-8513-0452
 
関連記事

0 Comments

Add your comment