fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

中華川食堂で酸辣湯麺(3)@竹田駅

2022
04
まだ昨年の年末小ネタなのですが、お気に入り店ですので一つ。
20年6月に飲食店がそれほど多くはない竹田駅近くに出来た四川麻婆麺専門店「中華川食堂」(なかがわしょくどう)、本格的な旨辛麻婆麺や麻婆豆腐が素敵に美味しい人気店。
御店主がアイデアマンで、定期的に限定メニューを出されていて、それらがことごとく辛旨いとの噂。 で、午前中は別の用事で出ていた日。早めにダンドリが終わったので、スパ銭に行こう!と小雪ちらつく中やってきた竹田駅。

中華川食堂2112(小)_001

丁度ランチ時で、我々の場合、それなら中華川食堂一択だよなということに。前回ネタも限定のカレー麻婆つけ麺を食べたこちらなので、もう1年ぶりですか、月日の経つのは早いですなあ・・・・と店内に。
2人掛けテーブル席が3、小上がりの座卓が4テーブルほど、カウンター席5ほど。 テーブル席はご家族連れで埋まっていて、カウンター席にもお一人様が2名。 小上がりが空いていたのでそちらに入れてもらったのですが、次々にお客様がやってきて、30分ほどで概ね席が埋まったのだ。

中華川食堂2112(小)_003

ランチメニューはこんな感じ。四川麻婆麺・麻婆豆腐とも辛さ調整が可能で、知り合いのFB友はメニューに記載の無い10辛、20辛に挑戦して完食したりしているのですが(驚愕)、今日は限定メニューが結構辛いとのことなので、初めて普通の辛さの麻婆麺、それと・・・・

中華川食堂2112(小)_004

生唐辛子を使っていて、標準でもかなり辛いらしい!限定の酸辣湯麺をお願いしようということに。で・・・

中華川食堂2112(小)_005

こういうものもあり、今日は電車で来ているので、ちょっとだけビールのアテも注文。

中華川食堂2112(小)_010

押し詰まった12/26なのですが、相方も今日からお休みに突入で、なんだかまったり~!な日。ジョッキはキンキンに冷えていて、なんだか和むのですが・・・

中華川食堂2112(小)_006

で、アテが先に来るかなと思ったら、麻婆麺は見込み生産で何人前かを一括で作っておられるようで、注文10分ほどで御店主から麻婆麺が先になりますが、良いですかね~?ということで、お腹が減っていたので全然OKです!ということに。
三回目にして初めて見た、標準辛さの四川麻婆麺なり。 ランチはおかわりOKの白ご飯、それにザーサイ、なぜか餡子入りのミニ大福餅付き。この冬のさなかに、標準でこのパクチー量を確保されているのは、パクチー好きとしては特筆すべき嬉しさ。

中華川食堂2112(小)_007

今まで三辛ぐらいを頂いていたので、もっとラー油しっかり!な麻婆麺を見ていて、実は普通バージョンを見るのが初めてなのですが、当初の見た目よりどんどん洗練されている気がしますな。
が、ノーマル辛さでも小学生や、カレーはバーモントだぜ!な人にはオススメしにくいしっかりさ。花椒の香りも香しく結構ビリビリきます。とはいえ、我々には旨味は十分ですが、少々辛さ不足感あり。白ご飯も駆使して、スープも一滴残らず平らげたタイミングで・・・

中華川食堂2112(小)_008

相方がどんなもん?と注文した、パクチーの天ぷら¥350と。。。(根っこ付きを揚げているのを見て、少々嬉しくなった我々)

中華川食堂2112(小)_009

MIXホルモン炒め¥870(期待通り!な良いお味です)で、速やかにまったりモードが加速するのですな。。

中華川食堂2112(小)_011

で、暫しの後、限定の酸辣湯麺¥980+チャーシュー¥300が登場。パクチー好きなのがばれて、御店主から「パクチー、多めにしときましたので~!」と先ほどのフォローが速やかに入るのだ。しかし、盛り盛りですなあ。

中華川食堂2112(小)_012

麺は麻婆麺と共通で細打ちの多加水麺。腰よりもつるつる感追求タイプと思われるのですが、トロミのある酸辣湯には合っていると思われますな。先ほどの具材と共に酸辣湯の具材として、溶き玉子に豆腐、キクラゲに竹の子千切りがたっぷり。 
で、特筆すべきは赤い自家製生唐辛子。これが少量でもえげつなく辛い。じわじわ効く辛さではなく、口に入るとバチン!と衝撃感のあるレベル。酸辣湯に良くマゼマゼしてから頂くべし、ですな。

中華川食堂2112(小)_013

酸辣湯とすると、若干酸味は控えめタイプなので、酸っぱいのがお好きならテーブルに常備の「レモン酢」を加えると、ぐっと美味しさアップ!なのですな。いやはや柔らかいチャーシューも美味しいし、全体的にボリュームもお味も大満点で大満足。個人的には定番化して頂いてもOK!という大好き度でした。

以上で〆て¥4000チョイという納得のお支払い。既に、京都中の辛いものマニアが虜になられているお店ですが、また限定モノが変わったタイミングで来たいと思います~。ご馳走様でした!。
 
 
 
◆中華川食堂(なかがわしょくどう)
住所:京都市伏見区竹田中内畑町171 第2コーポ森崎 1F
営業時間:11:30~15:00 17:00~23:00 月休
TEL:075-634-8981
関連記事

0 Comments

Add your comment