fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

魚彩 よしはらで晩ご飯!(2)@和歌山市

2022
08
んで、お正月休み中の和歌山帰省ネタです。
基本、和歌山市内の私の実家でお正月を過ごすのが、我が家のいつものパターン。お正月中は飲食店がお休みが多い和歌山市内。帰ってきた12/30、私同様に食いしん坊の両親に「予約が取れたら魚料理でも食べに行く?」と確認し、それは良いね!ということに。で、ランチ過ぎに心当たり何軒かに電話したら、ここが良いね!と思ったお店の予約が取れたのだ。

よしはら2112(小)_001

お店の名前は「魚彩 よしはら」、和歌山市内で魚が旨いお気に入り居酒屋割烹が4、5軒あり、その中で一番お高いのですが、お味は間違いないので好きなお店なのだ。(魚にうるさい両親も、ここなら確実に納得するので・・・・) いやはや、こんな押し詰まった日に予約が入るなんてラッキーだよね!と店内に。

よしはら2112(小)_011

もともとは板張りで靴を脱いで上がる方式のお店だったのですが、数年前に改装されて、カウンター席とテーブル席が中心に。が四席テーブル1つ分だけ小上がりが残っていて、そこに入れて頂く。前回ネタがこちらで、既に一年ぶりチョイ。が、女将さんが我々を覚えてくれていて、お久しぶりです~!ということに。

よしはら2112(小)_002

で、定番の突き出し、柚子がふんわりと香る玉子豆腐を突っつきつつ、今日はどう攻めようか!と悩むのですな。

よしはら2112(小)_003

メニューはごらんのように巻物になっていて、その1がこちらで・・・

よしはら2112(小)_004

その2がこちら。お値段表示が無いので、少々ドキドキするのですが種類は非常に豊富ですな。で、とりあえずお刺身を盛り合わせでしっかり目量で2人前、煮た魚でオススメは?と確認すると、天然物の鯛がありますね~!ということでお願いし、あとは好きなモノを適当に!と言う作戦。

よしはら2112(小)_005

で、忘年会で和歌山市内のタクシーが出払っているようで、相方がそれなら車を出すわ!と段取ってくれたのを良いことに、いつもの状態に突入。相方はノンアルビール、両親は温かいお茶でゆるゆるとスタート。

よしはら2112(小)_006

大体、19:00以降に混みだすお店に初めての客として入店したので、テンポ良く、とんとんとんとんとお料理が進行。まずはお造り盛り合わせ2人前。勝浦のまぐろ、加太産の鯵に鯖、こりこり食感の甲イカ、ぶりぶりの半生タコブツ切り、天然クエという布陣。全然4人分で納得量。いやー、外れ無し。

よしはら2112(小)_007

で、更に相方に遠慮しつつ1人、菊水の熱燗でほっこりモードに突入。¥1000ですが、1合半相当だそうです。

よしはら2112(小)_008

うわこれは超絶旨い!と思ったカキフライ。母上様が久々に食べたい!ということで1人2個でお願いするのだ。大粒で衣はサクサクと軽やか、中は超ジューシー。全員、これは自宅じゃ再現できないね~と大納得。

よしはら2112(小)_009

焼いた魚も食べたい!と、天然鰤の塩焼きをお願いする。これまたでっかい切り身で、多分、ご想像の倍サイズです。にじみ出る脂で自ら揚げ焼いた感じになっていて、表面はぱりっぱり。身はしっとりと上等、上等。 ご飯との相性抜群系。

よしはら2112(小)_010

で、これが出てきて、全員がうーわー!と驚いた加太産天然鯛の煮つけ。丸々半身で出てこようとは!なのですが、洗面器ほどの器で登場。梅干しや豆腐も巨大なので、写真では全然大きそうに見えないのですが、超食べ応えあり。

和歌山で煮魚を食べると、砂糖やみりんなどの糖分を使わない「銀平スタイル」のお店と、その他の甘口醤油系の味付けのお店に分かれるのですが、こちらは過剰では無いさらっとした甘口で醤油の利かせ方も控えめ。が!火入れがとにかく見事!の一言。 煮締まっていない、今、骨の間際まで火が通りました!的な柔らかい状態なのに、全体が均質に火が入っているのはどういう手法なのですかねえ。。。。皆、無言で突っつくのですな。。。

よしはら2112(小)_012

更に、甘口醤油系で穴子の焼き物。これまた大きなもので、皮パリッパリで身はふっくら。そろそろぬる燗になっている燗酒が超絶合いますな。で、初めに注文したのがここまで。 両親に何か〆をお願いする?と確認すると、ちょっとだけお寿司が食べたい!ということで、12貫お任せで!ということで。

よしはら2112(小)_013

で、全部違う種類で、握りが9貫と・・・・

よしはら2112(小)_014

痛風一直線な(滝汗)軍艦巻きが3貫。じゃんけんで順番に好きなモノを!ということで、自分は生海老、多分クエ(白身)、雲丹軍艦を食べて大満足なり。いやはや食べた食べた・・・

で、生ビー1のノンアルビール1、日本酒熱燗1と呑み量は全然控えめで、確か¥32000ほどだったように記憶。ま、お安くはないのですが、この質なので大大大満足なりですな。普段は食が細くなった両親とも、こちらの魚は箸がぐんぐん進み、ニコニコ、バクバク食ってくれたので、まだまだ元気だな!を実感。
また、帰省の際はお邪魔することになると思われますので、宜しくお願いいたします~!なのだ。



◆魚彩 よしはら
住所:和歌山県和歌山市吉田363
営業時間:17:00~23:00(LO 22:00) 日休
TEL:050-5890-7758
関連記事

0 Comments

Add your comment