fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

台湾美食 裕福 岩出店@和歌山県岩出市

2022
09
更に続く、お正月の和歌山帰省ネタその2です。
大晦日で、両親から年越しの買い物につれていって!ということで、ご近所のスーパーに買い出しということに。出かける前に母上様より、久々に餃子が食べたいなあ!とリクエストがあり、それなら~とチョイスしたのがこちら。

裕福2112(小)_001

やってきたのは岩出バイパスの備前交差点南西角。お店の名前は、「台湾美食 裕福」(ゆうふく)なるお店。台湾料理という事なのですが、普段使いの現地系中国料理店なのだ。和歌山県内のローカルチェーン店で、高野山口に本店があり、こちらが三店舗目。ネタ元は、FBの和歌山系食べ歩きグループで、定食が超絶ボリューム!との情報でやってきたのですな。店内に。

裕福2112(小)_002

店員さんは中国方面からやってきたと思われる方々で構成されている模様で、イラシャイマセー!と元気にご挨拶。かなり大きめのロードサイド店で、御覧の小上がりにボックスのテーブル席と50席は楽々ありそうな。まだ11:30ごろなのですが、1/3ほどのテーブルが埋まっている状況。

裕福2112(小)_003

で、ランチは超絶ボリュームの定食が中心で、炒飯に麺類、でっかい唐揚げ3個にサラダのような小鉢まできっちりついていて¥1000ほどで頂けるのですが、年寄り2名を含む4人グループで全員が定食をお願いすると食べきれないのは明白なので(汗)、ランチ時でもアラカルトを少な目でお願いするほうが無難だろうなあ!と判断。

ところが、アラカルトのメニューもなんだか超充実していて、麺類だけでごらんの18種類がスタンバっていて・・・・

裕福2112(小)_004

チャーハンや丼物などの飯類だけで10種類という充実度。それにどれも¥1000行かないお手頃価格設定なのだ。こりゃ、人気がある訳だと納得。

裕福2112(小)_005

全メニューを出すと10ページほどありそうなので、後は省略。おおよそ、町場の中華料理店にありそうなメニューはおおよそ揃っている感じです。で、一応台湾料理を名乗っているお店なので、台湾っぽいのを2種、それに餃子2人前とオカズ2種を注文。

裕福2112(小)_006

呑むのは私だけなので、少々遠慮しつつ生ビーを注文すると、キンキンに凍ったジョッキで。更に枝豆がすっと出てくるのも気が利いているのだ。ビールはアサヒを採用されているのですが、中ジョッキが¥390!なのも人気の理由の一つでしょうな・・・。

裕福2112(小)_007

で、ビール登場の2分後に一皿目が登場。おかず系より、キクラゲと玉子と豚肉いためは¥700!なり。玉子三個は確実量。で、あっさりした塩味でこれはイケているよねえ!と意見一致。と、ほぼ間髪を入れずに・・・・

裕福2112(小)_008

台湾チャーハン¥630が登場。多分、ハムと台湾腸詰の刻んだのが入っていて、唐辛子がぴりり!と効いているのが特徴なのだ。過剰に辛くはなく、これまた良い感じの味付け&一合ぐらいありそうなしっかり量で、美味しい。 親父様もこれは美味しいね!とご満悦。

で・・・絶対両親が食べられないものを注文してしまったのですが、これがまた非常~!に辛いもの好きなら大納得な一品でした。

裕福2112(小)_009

台湾ラーメンがノーマル版と特製の2種類があったので、違いは?と確認したら、片言で一生懸命説明してくれるお店のお姉さんから、「特製は、とても辛いね!」とのアドバイスあり。で、つい勢いで注文した特製台湾ラーメン¥650がなかなか凄い一品だったのだ。

裕福2112(小)_010

ここまでメニュー写真と違う絵面のものが出てくるのは、ま、現地系なお店ではありがちなのですが、刻み韮を忘れている?以上に衝撃なのが、トンデモナイレベルで激辛なこと。ラー油層はスープの上面3mmほどですが、唐辛子をじっくり炒めて辛さを抽出しているようで、相方と2人くしゃみが止まらない。 が!お味は想像以上に深ーい旨味があり、なかなか美味しいのだ。辛いもの好きには超絶お勧めいたします。

裕福2112(小)_011

で、更に焼き餃子はたしか¥300だったような、2人前注文。多分、冷凍であろうなあ!と思うのですが、ニラ入りのお肉しっかり餡で皮はしっかり目のムチムチ系。餃子は皮がバリっと派にはうけないかもなのですが、旨味満載で全然美味しい。日本のラーメン屋でここより高いのに美味しくない餃子の方が多そうなぐらい。いやー、これまたオススメいたします。

裕福2112(小)_012

最後は油淋鶏¥680が登場。唐揚げ¥700が6個付きで、1個が赤ん坊の握りこぶしくらいある巨大なものらしいので、こちらにしたのですが、これも量が多い多い! 

裕福2112(小)_013

アップ写真。ザクザクの衣にジューシーな鶏がナイスマッチ。甘ダレに唐辛子を少々利かせていて、そんなに辛くないですが、これもなかなか美味しいのだ。いやー軽めのランチなら4人でも全然OKでした。で、更に驚くべきなのは、注文後8分で全部のお料理がテーブルに並ぶのですな。お急ぎの際は、大変ありがたいサービスでしょう。

で、以上でビール1杯付で¥4000行かない全然納得価格。驚くべきお手頃価格ですな。ま、子供連れご家族で今日はお手頃に腹いっぱい食べるのだ!と言う際に選択肢に上がりそうなお店。それにお味も思った以上にイケているように思いました。和歌山近隣で、お手頃街中華をお探しの際はいいかも!です。




◆台湾美食 裕福 岩出店
住所:和歌山県岩出市備前47-1
営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00 無休
TEL:0736-61-2566


裕福2112(小)_014

おまけネタ。食後は和歌山市に戻ってきて年末年始用のお買い物。やってきたのは、南海和歌山駅ビルの「キーノ和歌山」なり。屋上PAから紀ノ川、和泉山脈を望む風景。水道管が破損した橋はどこかなあときょろきょろしつつ。(汗)

裕福2112(小)_015

とりあえず、年末年始のお酒はこちら!と、二階にある平和酒造のアンテナショップへ。既に和歌山に帰省するたびに必ず寄るお店。試飲コーナーもあるのですが、なかなかの盛況。いつものように純米大吟醸スパークリング¥2090などを買うのですが・・・

裕福2112(小)_016

お土産用なのか四合瓶が中心のラインナップなのですが、大体¥2000までで選択肢が非常に多いのが嬉しい酒店。純米吟醸のしぼりたて¥1265と、初めて見かけた「平和どぶろく」¥1320をお持ち帰りということに。お正月中は、それらのお酒で呑んだくれていたのは、言うまでもありませんです、はい。
関連記事

0 Comments

Add your comment