fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

七輪亭で、ミニミニ宴会(5)@近鉄小倉駅

2022
02
全然、ネタとは関係ない雑談から。

我々年配者のリア充発表の場と化しているFacebookの更新が、ちょっと精神的に荷が重くなりつつある今日この頃。
このblogは、飯情報の発表の場&自分用の巨大な覚書として利用しているのですが、別に気軽にご飯情報を交換出来る場があればなあと思いついたのですな。(できるだけ色々な年齢層の方と・・・汗)
で、随分前にInstagramのアカウントだけは登録し、たまに知り合いがアップされている写真を眺めたりしていたのですが、今年は腰を入れてやってみよう!と先々週ぐらいに思いつき(汗)、現在試行錯誤中。一応、以下のアカウントに書き込んでおりますので、またお暇があれば覗いて頂いたり、コメント頂いたりするとありがたいです~。基本、このblogより先にネタダシする予定です。

https://www.instagram.com/suikacotaro/
https://www.facebook.com/cotaro.suika

Instagramに書き込むと、FaceBookに書き込みがシェアされる機能があることに今さら気が付きました。便利ですな(滝汗)

余談はこれくらいにして、今日ご紹介するお店はこのblog5回目の登場、近鉄小倉駅徒歩2分ほどにあるお気に入り居酒屋「七輪亭」なり。4回目に訪問した時にこじんまり宴会したいなあ!と6人入れるテーブル席が空いているタイミングを確認し、2か月弱ほど先の予約を入れたのですが、オミクロン!が迫りくる京都地方。とはいえ、まだマンボウ発令前の時で、営業は普通~に行われているので、「閉店されていませんよね!」と数日前に電話で一応確認し(滝汗)、日頃お世話になっているTJさんに席があるので久々に呑みましょうよ!ということに。

七輪亭2201(小)_001

で、やってきた18:00。なにやら周辺が道路工事中で照明がついていないので暗いのですが・・・

七輪亭2201(小)_002

玄関に近寄ると、前に置いてある保冷箱にブクブクが仕掛けてあり、活けの車エビが泳いでいるのですな。あー、今日はこれを食っておけという事か!と納得しつつ、予約している者ですが~!と店内に。

七輪亭2201(小)_003

TJさんは初訪問&日本酒大好きなので、肉よりも魚系を攻めましょうか?ということに。本日のメニューを確認すると、先ほどの海老の踊り食いが¥580/匹、というお手頃価格なのだ。

七輪亭2201(小)_004

で、何はなくても、この写真。今年のこっそり2回目なのですが、あと何回こういうのが撮れるのか!と思いつつ。

七輪亭2201(小)_006

一品目は生牡蠣から。三重浦村産(たしか奥側)、兵庫赤穂産各4個。これで¥1740ほど。新鮮なので当然生でイケるのですが・・・

七輪亭2201(小)_007

なにせ七輪のお店なので、軽く炙るのも当然OK。こちらの魚介用醤油ダレがお気に入りで、先にちょっと垂らしておいて焼くと超ウマですな~。

七輪亭2201(小)_008

更に刺身盛り合わせなり。イクラか不明ですが3人前で少な目にしてね!とお願いしたような(2人前かな・・) それがこの盛り加減。じゃんけんしながら好きなものから一貫づつ、という。穴子!寒ブリ!金目!あたりが超ウマだったような。

七輪亭2201(小)_005

そろそろ日本酒をお願いしようという事に。今日はこんな感じのラインナップ。お酒の値付けもなんだか非常~に良心的価格設定。一合売りです。

七輪亭2201(小)_010

で、私は、奈良は梅乃宿酒造謹製「梅乃宿 Unfeigned SAKE Cuvee 純米大吟醸」を。山田錦100%ですが、驚くべきことに¥780/合という。濃度はあるのに後に引かないすっきり旨口系ともいうような感じで、海外に売りたいんだ!という強い意欲を感じますな。いやー、にっこり。

七輪亭2201(小)_009

で、このお店では絶対食べるべき!と思っている魚焼きも¥1450×2人前で。角切りに切ってあるのがポイントで、網の上で遠火でころころと軽く炙るのですが、これが美味しい。ほんの少し炙るだけで、刺身とは全然違う方向性の旨味があるのが楽しいのだ。塩でシンプルにでも、柚子胡椒を合わせても、甘口醤油ダレでも、という。

七輪亭2201(小)_011

で、炙りものを何種類か。これは何貝だったかな。。3個お願いしたら2個で売り切れでした。

七輪亭2201(小)_012

当然、車エビもいっとくよ~!ということに。先ほどまで生きていたので、ピクピクしております。(動画は、TJさんのタイムラインでどうぞ汗)

七輪亭2201(小)_014

で、焼くのですが、なんだかシミジミして良い感じなのだ。車エビ、活けだけあって超甘!でした。お酒の写真を忘れておりますが。。。

七輪亭2201(小)_015

秋田は日の丸醸造謹製「まんさくの花 亀ラベル GOLD 純米大吟醸」も頂いておりました。3人で結局、メニューにないものも含め日本酒メニューはあらかた制覇したような。

七輪亭2201(小)_013

確かこうゆう痛風一直線系もお願いして、そろそろ〆にしましょうか?ということに。

七輪亭2201(小)_016

久々に注文した肉寿司盛り合わせ2セット。魚料理ばかりのこの流れで肉寿司で〆られるのが偉大。たしか1人前¥1000はしなかったような。いやー、いつも2人で来るのですが、3人だと随分色々と食べられるのが良いですなあ。お腹パンパンなりの2時間一本勝負でした。


で、結局、このご時世に19:00にはカウンター含め、概ね満席になる人気度合い。(テーブル毎に排煙装置があるので安心感がある、というのはありますな) とはいえまだ少々呑み足りない(多分、3人で生ビー2にハイボール1、日本酒8合ほど)ので、この後中書島に移動することになるのですが、以上でほぼ¥7000/人という納得のお支払い。ご馳走様でした~。ま、また頃合いを見計らってやって来たいと思います。



◆魚とホルモン 七輪亭
住所: 京都府宇治市小倉町西浦82−24
営業時間:17:00~23:30  不定休
TEL:0774-24-3754
関連記事

0 Comments

Add your comment