fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

らくなん進都ウォーキングに参加(後編)@22/3/5

2022
08
週末のお出かけネタ、らくなん進都ウォーキングに参加!の後編です。前編はこちら。松本酒造から東高瀬川の遊歩道を北進し、三雲橋を西に、再び油小路通りに出たのだ。

伏見ラリー上2202(小)_022

丁度、油小路通と丹波橋通の南東角近くに、このこじゃれた建物は何?!と思っていたビルが途中のトイレ休憩場所になっているのだ。こちらは「京都市成長産業センター ACT京都」なるビルで、HPによりますと、「産学連携により化学分野の研究開発を行う企業・大学等が入居するスペース」だそうな。もしかして、中を見せてくれるのかな!と期待したのですが、今回は1Fの休憩所とトイレのみ立ち入り可能。

で、休憩所で休憩しつつ、昼飯時なので、思いついたこちらに予約電話するも当然のごとく満席。で、次に思いついたのがこちら。

カルビ丼2202(小)_001

多分、この辺りの一番人気店「韓丼!」。カルビ丼やスン豆腐などのコリアンファストフード店で、我々はここから東に1kmチョイ圏内に住んでいるのですが、引っ越ししてきて11年間ご縁がなかったのだ。こういうタイミングを狙っておりました。
で、店内にはなんとなんと5,6名の待ち客がいる11:53。お客様の回転は良いので直ぐ席が空き、25分ほどで無事ご飯を食べてお店を出たのですな。詳細はまた別途。 (いやー、断然美味しいのですが、大人気店なのであえて書くかは微妙汗)

伏見ラリー下2202(小)_001

で、次のチェックポイント、京セラ稲盛ライブラリーへ。韓丼!の西向かいにある京セラ本社の敷地内でも超絶目立つ建物。この建物全体が京セラ創業者の稲森和夫氏の人生哲学、経営哲学を学ぶ研修センターのような施設なのだ。(6~8階はオフィスのようです。)基本、京セラ通常営業日の平日のみの一般公開なので、今まで見学させて頂く機会がなかったのですな。

伏見ラリー下2202(小)_002

研修センターとすると非常に整った美しい施設で、なんと5階層!という各フロアごとに稲盛氏の功績や考え方が学べる施設。本屋さんでビジネス書に手が行く人なら「アメーバ経営」など稲盛氏の著作を読んだことがあるミドル・シニア層は多いように思うのですが、見ごたえ満点な施設だと思います。

伏見ラリー下2202(小)_003

各フロアごとに小さな講義スペースが設置されていて、これは本当に京セラでは活用されている感ありだなあと思いつつ、興味深く拝見させて頂いたのだ。もうアホほど写真を撮ったのですが、我が駄blogの宗旨とは合わない(汗)ので割愛。

伏見ラリー下2202(小)_004

あちこちのパネルで、全くそうだよなあ~!と得心できる金言が。あまり時間が無いのでばばばっと見るのですが、速足でも40分ほど。

伏見ラリー下2202(小)_005

JAL再建に関わられ、退任されたときに社員有志からもらった記念品。飛行機の部品で出来ているそうな。お洒落ですな。
ウオーキング目的の今回の参加者で、ここの5Fまで上ってきた来た人は、多分、100人くらいではないかと想像するのですが(汗)、我々三人は大満足でした。で、ここを出たのが13:00。14:00が、最終ポイントの竹田にある京都市交通局!の受付最終時間なので、途中のチェックポイント、城南宮やじねんと市場はすっ飛ばして、直接竹田に移動だ!ということに。

伏見ラリー下2202(小)_006

とはいえ、折角のウオーキングなので通り抜けついでに立ち寄った北向山不動院。この裏手から安楽寿院に抜け道があり・・・

伏見ラリー下2202(小)_007

TKHさんはご存じないだろう!とお連れした近衛天皇 安楽寿院南陵。多宝塔の天皇御陵は珍しいのではないかと。竹田駅方面からちらっと見えるのですが、多分地元民しか知らないポイント。そこから徒歩10分ほどで・・・

伏見ラリー下2202(小)_008

本日の最終チェックポイント、京都市交通局に到着。13:24でした。本日の参加者は564名だった模様。流石にここには沢山のウオーキングラリー参加者の皆さんが集結中。我々も手抜きですが一応距離的には概ねコンプリート!なのだ。で、最後に中にある「地下鉄運転士教習施設」の見学ができる趣向。そんなに鉄ちゃん成分が強いわけではないのですが、「働くおじさん」系なものは大好きなので、早速中に。

伏見ラリー下2202(小)_009

実際に運転士教習所として使われている施設をこういう風に一般開放してしまうのは有りがたい!と思いつつ。目の前に見覚えのある車体がどどーんと。研修施設用に一両の1/4ぐらいに切断したリアル車両なのだ。いやはや見ごたえありますな。

伏見ラリー下2202(小)_010

で、その電車の各機構部がどのように動いているかが分かる電光掲示式の巨大シーケンス回路図が壁面に取り付けられているのだ。運転士教習施設ですが、車両保全技術者の育成にも使われているのかも!と思いつつ、こういうメカ系も大好きなので食い入るように見つめるおっさん2名。

伏見ラリー下2202(小)_011

で、実際に地下鉄烏丸御池駅に設置されているものと同型の操作盤があったり・・・

伏見ラリー下2202(小)_012

こちらも各駅にある運行操作盤が置かれていたり、色々と訓練に活用されている模様。そんなに大きな施設ではないのですが、見どころアリで大満足。で、この後はこの5階建ての建物の屋上まで階段で上がると・・・

伏見ラリー下2202(小)_014

竹田の車両基地が上から見下ろせる!というお楽しみ付。いやー、これまた楽しい。近鉄電車と共同運用中のようですな。

伏見ラリー下2202(小)_015

回りに高い建物があまり無いので、5階建てなのに意外と眺望あり。こちらは、眼下の竹田駅方面から伏見桃山城方面を望む図。あー、あのマンションが我が家ですよ~などと(汗)、のどかに楽しむひと時なのだ。で、これで一応本日のウオーキングラリーは終わりなのですが、まだ14:00前なので。。。

伏見ラリー下2202(小)_016

時間もあるし、参加者の皆さんと同じくらい歩いておこう!とやってきた城南宮、14:10なり。梅園の見学料が¥800に値上がりしているのですが、当然見るでしょう!ということに。

伏見ラリー下2202(小)_018

看板に書いてあるようにまだ五分咲きという状況ですな。まだまだ最盛期の半分ほどのギャラリーの城南宮。しかし、概ね毎年、城南宮には梅見に来ているのですが、ここまで開花が遅れているのは初めてかもです。多分、今週末(3/12-13あたり?)が見ごろになりそうな予感。

伏見ラリー下2202(小)_017

とはいえ、咲いている木はもう結構花をつけていて、なんだか清々しい空気で良い感じ。ちょっとお天気が怪しくなりつつあるので、早めにばばばばっとお庭を回るのですが・・・

伏見ラリー下2202(小)_019

この前だけ20人以上カメラマン諸氏が集結中。毎年の構図ですがパチリ。結局私も数十枚駄写真量産。で、TKHさんのご提案で・・・

伏見ラリー下2202(小)_021

これまた思い出せないほど久々にやってきた城南宮門前(一号線を挟んだ向かい側)にある茶店「おせきもち」に。

伏見ラリー下2202(小)_023

が、新型コロナの影響でイートインスペースは休止中。残念無念!なのですが、折角なので6個入りを購入し、ここから徒歩30分ほどにある(滝汗)我が家でお茶しましょうよ!ということに。

伏見ラリー下2202(小)_022

無事美味しいおやつにもありつけた15:40。程よい甘さとほのかな塩味で疲れが吹っ飛ぶお味でした。これは美味しいですな。

以上、25000歩、ざっと13.5kmほどの行程で心地よく疲れた一日。なんだか非常に盛りだくさんな内容で、もうちょっとしっかり見せて欲しい!説明が聞きたい!というポイント多数なのですが、なにせ無料なので、大満足~!ということにしておきます。

当然、お腹も超減っているので晩御飯ネタに続くのですが、それはまた10日後ほどということで。
関連記事

0 Comments

Add your comment