fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ひいらぎ亭でディナー(6)@知恩院前

2022
07
概ね2、3か月に1回ペースでやってきているお気に入り焼き鳥居酒屋、ひいらぎ亭。このお店に通い出してから焼き鳥の味への期待レベルが完全に更新されてしまい、以前はたまに行っていたお店が、ぜーんぜん口に合わなくなって困っているのですが(汗)、まあ、そういう異世界レベルのお味が比較的お手頃価格で頂ける一軒。 で、マンボウも解除されたので、今年一回目の再訪だ!ということに。当然2日前ほどに予約しました。

ひいらぎ亭_2203(小)_001

場所は東大路通の「知恩院前交差点」の南東角から2軒目。観光地のど真ん中なのに知る人ぞ知る穴場。以前、二階の個室で貸し切り鍋会など仕掛けているので流石に顔バレしているので、お久しぶりです~!と店内に。キッチンを囲むL型カウンターが10席、二階にすき焼きなどの鍋料理が頂ける個室が1つ(12人ぐらい着席可能です)。今日も一階は満席でした。 

ひいらぎ亭_2203(小)_002

で、二代目は鶏好きの聖地、滋賀県高島市の「かしわの山中」で修行されていて、概ね毎朝、朝引きの淡海地鶏をご自分で捌いて持って帰ってくる、という超大変なシステムで運営されているのだ。なわけで、素材の確かさは居酒屋レベルではないのですが。

ひいらぎ亭_2203(小)_003

今日の突き出しはお決まりのしじみのお味噌汁。それに鶏むね肉のゴマダレ。低温調理だと思われますが、素材が良いのでやっぱり美味しいですな。ハイボールを頂きつつにんまり。

ひいらぎ亭_2203(小)_004

で!メニューには無いこちらからスタート。偶然一回目の訪問時にタタキを出されているのを発見し、3回目に刺身を頂いてから、もうしっかりハマっております。これがその白肝の刺身。毎回、ありますかね?と確認するのですが、出会えたのはタタキを含めて3回目。 バターのような舌触り、味に濁り無し!で超絶ウマ!と書くのですが、今回は過去食べた中で一番フレッシュな感覚で、保水量やや多め、滑らか度高め、味は軽やかでこれまた文句のつけようの無い旨さ。

ひいらぎ亭_2203(小)_005

これは日本酒だよ!とこちらをチョイス。山形の4つの酒蔵、山形正宗、楯野川、東光、羽陽男山のコラボ商品で今回は鶏料理に合わせて出された模様。。「山川鶏男 2021 ふゆ」なり。普段の営業状況ならとっくに無くなっていそうですが、マンボウのおかげで呑めたのかも?と思いつつ。

ひいらぎ亭_2203(小)_006

これまた毎回食べている気がする「モモのタタキ」で¥950なり。皮はぱりっとしているのに、身は程よく温まったぐらいの火入れで、皮の裏側の脂肪が完全活性化。毎回食べるので、鶏って季節や個体差、焼きの微妙な加減で結構味わいが違うなあ!というのが理解できますな。今回は皮裏の黄色い脂肪がしっかり量。正にトロケル味わい。九州系の甘い醤油+卸し生姜が程よく合いますな。。

ひいらぎ亭_2203(小)_007

で、ここから焼き鳥にスイッチ。更に串でもモモを。しっかり火を入れているので、皮のパリパリ度はタタキより更にレベルアップし、身のプリプリ感と噛み締めるとほとばしる鶏汁!のジューシーさは倍増。いやー、文句無し!

ひいらぎ亭_2203(小)_008

厚皮は相方も大好きな一品。のちほど「どのあたりの皮ですかね?」と確認すると、お尻のあたりです!とのことでした。今写真を見返して、ちょんと何か野菜類を卸したものが添えてあるのに気が付いたのですが(汗)なんですかね。大蒜?

ひいらぎ亭_2203(小)_009

ヤゲン軟骨は身を完全に取り切っていないのが嬉しい、これまたコリコリと楽しい一品。多分このあたりで日本酒を追加(たしか、城陽酒造「徳次郎 特別純米」、その後「真澄 辛口生一本」あたりを・・・)を注文。満席になったので写真は遠慮しました。

ひいらぎ亭_2203(小)_010

インターバルに焼いた野菜2種。非常にじっくりと火を入れていた立派な香川産ホワイトアスパラ¥550、それに岩手の安比まいたけ¥550を。こういうのも間違いなく美味しい。

ひいらぎ亭_2203(小)_011

前回初めて注文し、うわー旨いねこれは!とおもわず唸った「鳥ひざ」で¥450なり。鶏の膝がどこにあるのか?は議論がありそうですが、もも肉の付け根の運動量が多い部位のようですな。こりっこりと歯茎をはじき返すようなブリブリ感で、噛みしめるともも肉を超える鶏汁がじゅわーん!という絶妙な一皿。

ひいらぎ亭_2203(小)_012

手羽先はこういうコンパクトサイズのもの。が!骨の周りの肉が旨いのはお約束。味密度、半端なく高し。

ひいらぎ亭_2203(小)_013

で、最後に首皮で〆るのが我々らしいというか(汗)、これも脂の旨味を十分に堪能できる一串。脂臭さなど皆無ですな。イヤー大満足。一串量がしっかりあるのとお味の密度が高いので、焼き鳥を一人6本も食べれば大堪能!なのですが、ちょこっとだけお米は欲しいよね!とうことで・・・

ひいらぎ亭_2203(小)_014

玉子掛けご飯とおばんざい2種(糸こんのめんたい和え、菜っ葉と揚げさんの炊いたん)を。いやはや大満足でした。

以上で〆て、確かハイボール2、それに日本酒3合で〆て¥13000なり。この充実度なので超お安い感覚!という感想。何ら不満無しなのは言うまでもありませんです。今のところはまだ「隠れた名店」ですので、ぜひ、計画的に予約して&お早めにどうぞ!。
 
 
 
◆ひいらぎ亭
住所:京都市東山区知恩院前石橋町306-6
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:30) 火・水休 (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:075-748-1739
関連記事

0 Comments

Add your comment