fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ラーメン専門店 さあれ@大阪 香里園

2022
03
またまた香里園付近でランチを食べる用事が出来た日曜日。
先日行った、相方の実家近くのラーメン店が非常に美味しかったので、ほかにもラーメン屋さんが無いかな?と検索。相方に「トマトらあめんって食べてみたい?」と確認し、やってきたのがこちら。

さあれ_2204(小)_001

京阪香里園駅の西口前にある「香里ダイエー本通商店街」そばにあるラーメン専門店、さあれ。結構年季の入ったお店なのですが、なかなかお洒落なメニューを出されているのですな。そぼ降る雨の中、店内に。

さあれ_2204(小)_002

メニューはこんな感じで、多分鶏ガラダシだと思われる塩ラーメンと醤油ラーメン以外の各国料理アレンジ麺が豊富。一押しがトマトらあめんで、トムヤム風にグリーンカレー、胡麻など色々と。おー、これは面白いなあとメニューをめくると・・・

さあれ_2204(小)_004

それぞれのメニューの拘りが。店名がサーレフィーノ(イタリアの細粉塩)から来ていることが判明。御店主はイタリアンご出身であろうかと思われますな。このお店ではチャーシューではなく炊き豚で、レシピはポトフ由来とか色々と拘りありなのだ。 で、当初の予定通り、相方はトマトらあめん¥700を、私は無茶悩んだのですが、ここではレギュラーなものより変化球だ!ということで、トムヤム風らあめん¥700に、1枚単位で追加できる「炊き豚」を2枚追加トッピングで+¥200を。

さあれ_2204(小)_003

こういうスタイルでもう9年もここで営業されているようですな。結構年季の入ったカウンター席が6席ほど、テーブル席が2人掛けが1、4人掛けが1ぐらいのコンパクト店内。お料理を待つのだ。

さあれ_2204(小)_005

まずはトマトらあめんがババーンと登場。若干とろみのある濃厚なトマトポタージュスープのような。塩分の乗せ方が上品でトマトの良さが全面に出ている感じ。お店では〆にご飯を投入し、リゾットにして食べるのを推奨されているのですが、それは当然合うであろうと。

さあれ_2204(小)_006

麺はストレート細麺で、腰も程よいツルツル重視系と見た。奥にタバスコが写り込んでおりますが、これで味変するのも推奨!で、辛味が乗るとぐっと美味しいと思いました。いやー、これはアリ。

さあれ_2204(小)_007

トムヤム風らあめんチャーシュー2枚追加版もばばん!と登場。この「炊き豚」も手が込んでいて、厚さ5mmほどの存在感抜群のものですが、脂までトロトロで身はほろほろ寸前。味付けはポトフ風なので醤油ではなくあっさりガラスープ煮込みと言う感じ。これが一枚¥50は良心的過ぎ!と言う感想ですな。

さあれ_2204(小)_008

麺は共通の様です。全然激辛ではなく、穏やかな辛味と程よい酸味。業スーでトムヤンの素を買ってくると誰でも似たものは作れるのですが、タイ風というには非常にあっさりとした押さえた味わい。味を複合的に乗せる濃厚な味付けが多いラーメン業界の中で、ここまでさらっとしているのも久々の感覚。2組ほど先客が居られたのですが、常連さんがほとんどようですな。最近、重い料理が続いたなあ!と思ったら、食べたくなる系ラーメンだと思われます。

さあれ_2204(小)_009

で、〆のリゾットに行かなかったのはこれを注文したから。チャーシュー丼ミニは¥300なり。葱トッピング、キムチトッピングが選択できるので葱でお願いしました。豚と鶏チャーシューの角切りがごろごろと乗っていて、これもさらっとした甘口醤油タレで美味しいのだ。

さあれ_2204(小)_010

断面はこんな感じでした。これも重い味付けでは無く、ワシワシと頂けます。かなり変化球なラーメン店ですが、我々は結構好み。最近のラーメン店は、旨味乗せ過ぎな店ばかり!と嘆く貴兄にこういうのもありますよとお教えしたい一軒ですな。ご馳走様でした~
 
 
 
◆ラーメン専門店 さあれ
住所:大阪府寝屋川市香里南之町27-1
営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00 水休
TEL:非公開
関連記事

0 Comments

Add your comment