fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

お料理 まえしろ@麩屋町通押小路上ル

2022
19
更にGWネタその15、GWネタのラスト1つ前です(汗)
いつものごとく、京都で美味しいお店は無いかなあ?とネットを彷徨っていたら、2022年、新たにミシュランビブグルマンに選出された和食店で「お料理 まえしろ」が気になったので調べてみると、先斗町にあった「ここら屋 はなれ」のご店主が独立されたお店であることが判明。 非常に美味しい!という印象だったので、これは覗きに行かないと!ということに。

まえしろ_2205(小)_004_1

で、数日前予約で席を押さえてやってきた予約時間の18:00。場所は御所南というか、京都市役所の裏手というか、という微妙な位置。店内に。白木が美しいL字型カウンターのみで10席というこじんまり店を、沖縄ご出身のご店主と可愛らしい奥様の2人体制で回されているのだ。 店内はそもそも非常にゆったりとした造りなのですが、現在はコロナ対応でぎゅう詰め満席にはされておらず、3組程度でコントロールされている模様でした。

まえしろ_2205(小)_007_1

コースもやられているのですが、予約時にアラカルトも可能ですかね?と確認し、OK。当日メニューがこちら。更に・・・

まえしろ_2205(小)_005_1

お酒メニューがこちら。日本酒はこれ以外にも色々ありますので!ということなのですが、メニューにある「立山」を冷凍庫に20分放り込む!というのが非常に気になるので、先にそれを段取っていただいて・・・

まえしろ_2205(小)_008_1

直ぐ飲める冷酒でゆるゆるとスタートする作戦。まずは山形は酒田の麓井酒造謹製「麓井 純米本辛 圓(まどか) 」からスタートなり。いやー、ぬる燗でも旨そうですが冷酒でもOK!な食中酒。いいですな~!の¥1100/合。この設えのお店ではお酒のお値段設定も良心的。

まえしろ_2205(小)_009_1

突き出しがまた美味しくて、蕗の胡麻和え。柔らかく炊いたものではなく、シャキシャキ感が残るものを薄く斜め切りにしてあるので、出汁をぎゅっと吸っていて美味しい。やっぱ、ここの大将はお若いのにお上手だわーと思いつつ、にっこり。

まえしろ_2205(小)_010_1

で、小鉢三種盛り合わせって人数分要ります?と確認したら、1つで大丈夫です!とお教えいただいたのですが、その通りでした。茄子の煮びたし、湯葉半老舗の湯葉を炊いたん、鯛!の南蛮漬けという、超しっかり量でニッコリ!というもの。見た目の花は無いですが(汗)、これまたどれもダシの旨味満載系。日本酒がガンガン進みます。

まえしろ_2205(小)_011_1

そろそろ立山はどうですかね?と奥様に確認すると、もうちょっとかかりそうです!ということで、間違いのない田酒を注文。お店向け商品なのか、銘柄以外の表示がまったく無かったような。特別純米ではないかと想像。

まえしろ_2205(小)_012_1

盛り合わせでお願いしたお刺身。雲丹に剣先イカ、本マグロに白甘鯛の昆布締め。量もしっかりで、これがまたどれも標準以上!いやー、美味しいのだ。とろける本マグロにしっかり昆布の味が入った白甘鯛を大推薦。コリコリ食感が嬉しい剣先イカと雲丹を合わせるのも良いですな。

まえしろ_2205(小)_013_1

刺身だけで田酒が空いて(汗)、いよいよ立山にご対面。冷凍庫に30分ほど置いているだけで、みぞれ状にしゃりしゃりと凍るのですなあ。丁度、程よく暑い日だったので、これは冷え冷えで旨いぜよ~!ということに。 

まえしろ_2205(小)_014_1

アラカルトで椀物を置いているのは珍しいよね!と、二人前お願いするのですが、肉厚の鯛、それに筍。はんなりとした角の無い御出汁て、ほっこりなのだ。 我々の本日一がこちら。

まえしろ_2205(小)_016_1

相方がこのお店に行ってから、あちこちで天ぷらを食べようとするのですが、春野菜天ぷらは¥1000と言うお手頃価格。こごみにタラの芽、それにふきのとう。定番ですが、これまた期待通り。

まえしろ_2205(小)_015_1

で、更にお酒追加。栃木の小林酒造謹製「鳳凰美田 Black Phoenix」なり。京都でも人気のあるお酒ですが、ガシッと酸味でボディいしっかり、コクありいの。

まえしろ_2205(小)_017_1

さらに、平貝の梅肉和えは¥1100なり。これまた量しっかりですな。酸っぱすぎない程よい味付けで、お酒を絶妙に誘う味付けなのですが、そろそろお腹も良い感じに。

で、相方はもうちょこっとご飯があったらOK!ということで、御店主と相談し、〆のじゃこ紫蘇ご飯を1つだけお願いしたうえで・・・・

まえしろ_2205(小)_018_1

フワフワのダシ巻もお願いしてしまうという。いやー、どれも抜かりなし!ちゃんとしておりますなあ。

まえしろ_2205(小)_019_1

魚出汁濃厚の赤出しも超ウマでした。いやはや大満足!

以上で、日本酒4合とそこそこしっかり呑みで¥22000割れというお支払い。お手頃価格!とは言いにくいのですが、この内容でこの充実度なので、非常に良かった!&流石はビブグルマンと言う感想。どの皿もお味のフォーカスピッタリで間違い無しでした。

次回は、祇園祭の超絶暑い季節をねらって、しゃりしゃり冷え冷えの立山と鱧を頂きに来なくては!と言う感想ですな。間違いなく、また来ることになると思います。ご馳走様でした&強力オススメいたします。





◆お料理 まえしろ
住所:京都市中京区尾張町234 アマデウス麸屋町二條 1F
営業時間:7:00~23:00(L.O.22:00) 水休
      ランチは予約のみで12:00~15:00(水木は除く)
TEL:075-748-1087

関連記事

0 Comments

Add your comment