fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

かふー@三条商店街

2022
01
懸案だった映画を見に行く日。久々に二条のTOHOに行こう!と思ったのは、映画の前にこちらでランチ!という事にしたかったから。

かふー_2205(小)_001

三条商店街の西側入り口そばに、こういうお店が見えてくる。まだ開店1か月たらずのニューカマー。看板の通り、沖縄料理の「かふー」なるお店。

かふー_2205(小)_002

沖縄そばランチなんていいねえ~、なのですが、映画まで1時間半ほどあるので、今日はまったり昼吞み希望。外にあるメニューを見ると、軽めのオキナワンアテメニューが豊富にありそう。これは入ってみようよという事に。

店内中央に一部キッチンが張り出していてU字型カウンター席が10席ほど、4人掛けテーブルが2つに2人掛けが2つぐらいかな。もうテーブル席はあらかた埋まっていて、カウンター席に入れてもらうのだ。

かふー_2205(小)_004

とりあえず赤星¥580で喉を潤しつつ、さぁ何を食べましょうかね?ということに。炒め物系メニューは夜のみ提供なのですが、お昼でも注文可能なつまみ類がざっと20種類強ほどありますかねえ。それらで軽く昼吞みし、〆に沖縄そば!という作戦。

かふー_2205(小)_003

カウンター席の上には巨大な沖縄風おにぎり2種どどーんと並んでいる。スパムおにぎり¥150、もう1つは梅鰹か山椒みそおにぎり¥100!というお手軽価格帯で2個目は20円引きというのが泣かせますな。あとでスパムおにぎりは1つ貰おうということに。

かふー_2205(小)_005

すぐ出てきそうなものばかりで、実際に注文後数分で登場。まずはミミガー¥380なり。こりこりと歯ごたえ良好、甘スッパ系な味付けで美味しい。

かふー_2205(小)_006

沖縄太もずくは¥280なり。相方のお気に入り。麺のようにずるずるっと頂けます。

かふー_2205(小)_007

パクチーは大丈夫ですか?と確認が入った、台湾肉豆腐で¥580なり。まろやか甘醤油煮込み系で、お肉はほろほろに柔らかく炊けていてこれまた和めるお味。これはもちょっと呑みたいね~!折角なので沖縄らしいものを!ということで。。。。

かふー_2205(小)_008

私はシークワーサーハイボール¥480、相方は奄美の黒糖焼酎「あまんゆ」の水割り¥500なり。あー、こういうので映画の開始待ちでダラダラ出来るのは良いよねえということに。

かふー_2205(小)_009

一緒に、豆腐よう¥380(島豆腐を泡盛や麹、紅麹などに6カ月ほど漬け込んだ発酵食品)を。チーズ好きなら間違いなく大丈夫な乙なお味。

かふー_2205(小)_010

鶏むねの塩胡麻油とかそういう名前の一品。確か¥480なり。自宅でも月に1回以上、鶏むね肉の低温調理をやるのですが、そうかー、美味しい岩塩と胡麻油だけで行けるじゃん!という発見が。

で、いい感じで小一時間まったりしたので、これで〆ましょう!ということに。

かふー_2205(小)_012

沖縄ソーキソバは¥780なり。鰹出汁しっかり、豚系のダシは控えめの健康的な味付けの一杯。あー、なんだか久々に現地で食べてみたくなるよね!ということに。

かふー_2205(小)_013

リングイネの太い目のような平打ちブリブリ麺。腰は非常にしっかり、噛みしめると麺が口の中で躍りだすような元気のよさ。ちゃんと沖縄の現地系調味料「コーレーグースー」(唐辛子の泡盛漬け)もスタンバっていて、しっかり振りかけ完食!なのですが・・・

かふー_2205(小)_011

そばのお供、スパムおにぎりを確保することも忘れないのだ。コンビニのおにぎりより随分大きめで、これまた美味しかったです。
ランチは、沖縄そば以外にも計3種類の麺類、「沖縄ルーロー飯」など肉乗っけ系の丼物も数種スタンバっていて、お手軽且つソソる設定。で、支払いはこの組み合わせで¥5000割れという大大大大納得価格。多分、こういうシチュエーションの時に、再びやってくる予感濃厚。ご馳走様でした、また来ます~。



◆かふー
住所:京都市中京区西ノ京南聖町21-19
営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00 火休
TEL:075-823-6106


かふー_2205(小)_014

で、食後はIMAXの巨大スクリーンでこちらを鑑賞。テンポが非常に良いので、あっ!と言う間の1時間52分。この話の密度なら、4、5時間かけてもらっても全然大丈夫だよねと言う感想(汗) 期待を越えたのか!というと微妙なのですが、あの空中戦を再度映画館に見に来そうな予感ですな。
関連記事

0 Comments

Add your comment