fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

小料理 花吹雪@伏見桃山

2022
12
またまた遠くに出かけるのが少々めんどくさい金曜日。そういえば徒歩圏のお店でかなり前から気になっているお店があったよね!と検索したら、コロナ渦中は予約のみで三組限定で営業中とのいうのを見かけて、それならぜひ!と席確保。結果、非常に我々向きで面白いお店だったので丁寧目にご紹介。

花吹雪_2207小_01

お店の名前は小料理 花吹雪。我々が伏見に越してきた12年前には存在していたお店。ま、タイミングはあるわけで。場所は京阪丹波橋駅と伏見桃山駅の丁度中間ほどの住宅街の真ん中。 最近、あまから手帳に掲載されたという情報で、和食出身のご店主とソムリエールの奥様が二人三脚で回されているこじんまり店。店内に。

花吹雪_2207小_02

カウンターが5席、4人掛けテーブルが2つというこじんまり店内。で、三組しか入れていないので超ゆったり感。店内は適度に年季が入った感じで落ち着いていてイイ感じ。あちこちの柱や壁に酒蔵の杜氏さんと思しきサインが。ま、そういうお店なのですが、メニューがなんだか凄いラインナップなのだ。

花吹雪_2207小_03

こちらが概ね日替わりになるであろうと思われる魚系メニュー。概ね和食なのですが、ムニエルやアクアパッツアなどもありいの・・・・

花吹雪_2207小_04

アテ系メニューがこれまた豊富で、麻婆豆腐から蝦夷鹿パテ、子持ちこんにゃくにホヤ塩辛、じゃこ炒飯にラクレットチーズピザとそうめんが同じメニューに書いてあるラインナップ。いやはや面白すぎ。とはいえ・・・

花吹雪_2207小_05

同じ通りを西に100mほど進むと、日本酒「蒼空」で有名な藤岡酒造があり、概ねフルラインナップで揃えている、それもかなり安価で!という日本酒好きにはたまらないお店。いやー、こんなお店が我が家から徒歩圏にあったなんて!という。 まずは蒼空の吞み比べを2種類お願いし、後半は洋食っぽいアテにスイッチする!と言う作戦を思いつくのですな。

花吹雪_2207小_06

とりあえず私はビールを、相方はハイボールからスタート。で・・・

花吹雪_2207小_07

前菜盛りは¥700なり。手前の豆鉢は鱧の玉子。玉こんにゃく、ズッキーニとコリンキーなどのピクルス、バイ貝と焼き万願寺、焼いた鰆、青菜煮というような。もうこの時点でかなり笑顔満面!になっているのだ。

花吹雪_2207小_10

で、更に造り盛り合わせ¥1480でまたまたにっこり。12時の方向から、〆鯖にカマス、鰆に蛸、中央はカンパチ、六時の方向に鱧おとし、ハタにコチ!という8種盛りでした。これは日本酒にスイッチであろう!ということで・・・

花吹雪_2207小_08

こちらの吞み比べと・・・

花吹雪_2207小_09

こちらの吞み比べを。1種類だけ「秘密の蒼空」がかぶっているのですが、純米吟醸 山田錦 別注でした。いやー良いですな。各4杯で¥1500ほどというお手軽価格。先のお刺身と一緒に概ね制覇。

で、ここからこのお店では変化球系であろうというメニューを中心にお願いするのですが、これが見事にどれも美味しい。まずは・・・

花吹雪_2207小_11

牛たたきのタルタルステーキで¥1450なり。赤身の牛肉を粗微塵に切ってから微塵切りピーマン、葱や香草類と合わせ、表面をざっと炙って謎のソース、それにてんこ盛り卸しチーズと合わせるというような。

花吹雪_2207小_13

奥の山がキャベツのコールスローなのですが、酸っぱい味付けとしゃきしゃき食感がお肉と絶妙に合いますな。いやはや、日本酒よりもワイン系でしょうが、これは美味しい。で、蒼空は先の7本でも全種制覇!は出来なくて、グラスで2杯追加。(あと1種あったような・・・汗)

花吹雪_2207小_14

奥様がソムリエールなので、お酒は日本酒だけでなく色々と揃っていて、ハイボールもニッカとかじゃないスコッチ系(銘柄記録わすれ汗)だったりする、マニアック度。こういうワゴンにグラッパやらアペリティフ、自家製の梅酒など、色々面白そうなものも完備。食後、だらだらするのもいいでしょうな。

花吹雪_2207小_15

更に洋食系っぽいものからハモカツで¥900なり。ざっくざっくと歯ごたえの良い衣とたっぷりタルタルソースがこれまた旨し! これと白ご飯とスープでもあれば軽やか目な一食になりそうなしっかり量でした。にっこり。が!次に注文したものが出てきて、あー、今日はこれで終了じゃん!ということに。

花吹雪_2207小_16

ロックフォールマトンの煮込み、ターメリックライス添えで¥1400なり。マトンはスプーンで解せるほど柔らかく、夏野菜煮込みのスープと絶妙に合いますな。いやー、唐辛子ペーストの「ハリッサ」までついているという、正統派フレンチかよ!というような一品ですが、これまたちゃんと美味しい。とはいえ、流石に量がしっかり過ぎで次のお皿に行きつけず。いやはや食った食った。

花吹雪_2207小_17

とはいえ、赤のグラスはしっかり呑んでチャンポン一直線! いやー酒飲みに寄りそう素晴らしいお店ですな。

以上で、生中1、ハイボール1、日本酒色々(多分3合ほどですかね・・・・)、赤グラス1で〆て¥12000!という有りえないお支払いでした。皿ボリュームが予想以上にしっかりだったので、次回はもうちょっと慎重に注文することにします。とはいえ、お隣のテーブルで食べておられた多分「ビーフライス」を頂きにこなくては! 多分、近日再訪予定~。



◆小料理 花吹雪
住所:京都市伏見区新町7丁目463-5
営業時間:17:30~22:00(LO) 日休
TEL:075-612-7705
関連記事

0 Comments

Add your comment