fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ryuen@三条通室町西入ル

2022
01
ちゃんとしたイタリアンが食べたいなあ!という気分になった金曜日。前日予約で、前から久々に行きたいと思っていたイタリアン店に電話したらスパーンと19:00からの予約が取れるのだ。やってきたのは地下鉄烏丸御池駅から南西方面に300mほど、三条通室町西入ルにある人気イタリアン店、ryuen。なんだか非常に久しぶりだと思ったら、7年ぶり、3回目の訪問。

ryuen2207_01.jpg

仕事終わりに買い物している相方とお店で待ち合わせる作戦。予約の10分ほど前に先に到着し、店内に。4人掛けのカウンター席と、4人掛けテーブル4の2人掛け2かな。全22席で既に満席状態。この数日、新型コロナ第七波が拡大中で京都では毎日、感染者数が過去最大!になっているのですが、人が集まるところにはちゃんと集まる訳で。キッチン内はシェフを含め、3名ほどで回されている状況。

ryuen2207_05.jpg

とりあえずハートランド¥700などを頂きつつ、メニューを子細に検討。こういう手書きで計6ページほどの構成。

ryuen2207_02.jpg

こちらが前菜メニュー系で・・・ (別に¥1000アンダーの小皿系前菜も10種類ほどスタンバイ)

ryuen2207_03.jpg

このお店では外せないパスタ類はかなり豊富な部類。和食材を使った変化球がお上手なので、そういうのを食べようということに。手打ち麺もいくつかありいの。

ryuen2207_04.jpg

メイン料理は厳選されている感アリですかね。以前より、お値段は全般的に1割ほどお高めにシフトしているのですが、ま、想定範囲内。相方も予約時間ピタリに到着し、かなり悩んで前菜2、パスタ1、メイン1をお願いするのだ。

ryuen2207_06.jpg

相方はお勧めの白グラスからスタート。ドイツはラインヘッセン産のビオで、ヴァルドルフ ヴァイス 2020なり。シルヴァーナー65% ヴァイスブルグンダー35%でオレンジまでは行かない柑橘系の果実感がしっかりなものでした。¥1200なり。

ryuen2207_07.jpg

最近、なぜだかあちこちのお店で注文している気がする熊本産馬肉。今回は塩だれのカルパッチョで。かなりしっかり量!の¥3600なり。で、2人分をわけわけしますと・・・

ryuen2207_08.jpg

これぐらいのしっかり量。紫玉ねぎのスライスを塩だれで和えたような付け合わせが大量についていて、合わせて食べると美味しいのだ。これはパンと!と思いつき速攻で追加するのですが、温めなおしに15分ほど必要なので、パンは先に注文するのが吉。

ryuen2207_09.jpg

で、前菜とメインが肉系、パスタが魚系なので飲み物はどうしようかな~!と、しっかり目の白かロゼで!とボトルワインのお勧めをお願いしたら、このようなロゼを提案してもらう。シチリア産ビオで、Susucaru Rosato 2018 なり。 これが色々なお料理に合わせやすい感じで、非常~によかった¥6600なり。

ryuen2207_10.jpg

自家製のサルチッシャ¥2000なり。15cmほどありそうな巨大サイズなのですが・・・

ryuen2207_11.jpg

割るとこういうブリブリ感。で、添えてあるのが揚げ餅!というのが面白い。サルシッチャの肉汁と一緒に食べると美味しいですな。

ryuen2207_12.jpg

で、パン¥200が登場。なんだか巨大サイズなのですが、どのお店産ですかね、アルミホイルにくるまれオーブンに入れられるのを見ていたのですが、再ベークで皮はぱりっぱり、中はふっかふかに仕上がり、先の馬肉カルパッチョやサルシッチャと相思相愛。一緒に出してくれるオリーブオイルもあまり見ないメーカー製で、香り高く美味しい。

ryuen2207_13.jpg

で、パスタは和食材変化球系からチョイス。鮎塩焼きとパクチーの手打ち麺で¥2000なり。塩焼きの鮎2匹分は使っているであろうなあと言うしっかり量で、こんもりてんこ盛り状態。

ryuen2207_14.jpg

パスタは京うどんほどの太さの存在感しっかりなもので、多分ピーチであろうかと思うのですが、くにくにと艶めかしい食感で美味しいのだ。パクチーと鮎が合うという発見。 が!塩焼きの鮎の塩のせいか、なんだか超しっかり塩分量でハードな肉体労働でザクザクに汗をかいた後ならピッタリ!であろうかというレベルでした。ワインのアテにはなるのですが、味付けはそれだけが残念。

ryuen2207_15.jpg

メインはこちらの定番から、京都亀岡七谷鴨のもも肉で¥3200なり。たっぷり量の柔らかい鴨と葱なので合わないわけはない!という感じですが、肉の旨味満載系。が、これもどういうわけか少々塩強めで我々には少々厳しかったです。。

ryuen2207_16.jpg

回りのテーブルを見ていると皆さんにニコニコと歓談中で、いい雰囲気の店内。〆の京番茶をほっこりと頂いて1時間半ほどで充実ディナー完了。 以上でハートランド1、白グラス1、ロゼボトル1と結構しっかり目に吞んで、〆てジャスト¥20000なり!というお支払い。支払いは全然納得。特にワインの値付けはかなり良心的。

最近、行く店が塩分控えめなお店が多く、こういうガテン系でガツン系味付けは久しぶりだったので少々ビックリしたのですが(しかし、歳ですかねえ汗汗)、想像通り相変わらず人気なのだ。 ご馳走様でした。




◆ryuen
住所:京都市中京区三条通室町西入ル衣棚町39
営業時間:18:00~22:00(LO21:00)に変わっていますのでご注意
TEL:075-211-8688
関連記事

0 Comments

Add your comment