fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

焼肉 牛ノ家@長岡京

2022
03
まだ7月中なのに既に夏バテ気味なので、これは焼き肉とか食べるべきなんじゃないの!ということになった日。いつものごとく、ネットで旨そうなお店は無いか!と探すのですが、FB友や人気ブロガーさんがJR長岡京駅の真ん前にある焼肉店を推薦されているのを発見。我が家から近鉄・JRと乗り継いで40分ほどで行けることが判明したので、それは行ってみようじゃないの!ということに。数日前に電話し、2時間制限!ということで18:00からの席を押さえたのだ。

牛ノ家の2207_01

お店の名前は「焼肉 牛ノ家」(うしのいえ)、昨年6月にオープンしたまだ開店一周年チョイ、のお店。長岡京駅隣接の自転車置き場からの建屋外観がこちら。(お隣はわらび餅のお店)
店内に入ると、一階はカウンター席が7席ほどあるコンパクトなお店なのですが、新型コロナ対応なのか、カウンターにはカップル2組しか入れていない模様で、そちらに席確保。後程確認したら、二階は4人テーブルが3つらしく、合計で最大21席、実質16席で運営中というこじんまり店。二階も既に満席状態な模様。

牛ノ家の2207_02

で、色々な産地の和牛A5肉をお手頃価格食べさせる&色々変化球メニューがスタンバっているのが売り。こちらは日替わり系で・・・

牛ノ家の2207_03

こちらがお肉系レギュラーメニュー。これ以外にも生モノにサラダ類に〆のご飯物までメニューはかなり豊富。お得なコースも完備なのだ。今日はアラカルトで色々食べてみる作戦で。

牛ノ家の2207_04

突き出しは¥350ですが、牛タンの煮込みなり。濃くしていない甘口醤油ダレで煮込んだもの。ちゃんと美味しいですな。で、私は生ビール¥550、相方は角ハイボール¥550からゆるゆるとスタートなり。 (メニューは全て税込み価格表示)

牛ノ家の2207_05

で、上タン塩¥1800からスタート。多分肉厚なタンが好きな人はタン元厚切りタン¥2500のほうがお好みかも?ですが、我々はこういうのが良いのだ。上質で期待通り。 焼き台はテーブルに埋め込んだガス式ですが、遠赤プレート完備で良い感じで焼けますな。

牛ノ家の2207_06

野菜メニューから、九条葱キムチは¥600なり。これを焼いたタンに巻いて頂くのもなかなか乙なお味ですな。オススメです。

牛ノ家の2207_07

一階は概ね狭いキッチンがフロア半分ほどの面積を占有しているのですが、驚くべきことにお料理が2名、お酒等のお運びが3名の計5名体制なので、一階はお客さんよりスタッフのほうが大勢!という面白い状態。しかしお店の皆さんはお若いですな~、多分平均年齢は20代半ばほどであろうかという状況。

牛ノ家の2207_09

お次は、これはうめえなあ!と驚いた特選厚切りハラミ¥2500なり。厚さ2cmほどですかね。とはいえ、このお値段としては量的には結構少ない目かも。が!

牛ノ家の2207_10

なんとも味がしっかり乗っていて旨い。肉厚に切っている理由ありですな。 以前、人生で一番旨いタンに当たった!と花園にある大翔苑をご紹介したのですが、お味的には概ね同レベルくらいでした。超絶旨~! (とはいえ、量は大翔苑圧勝!かもですが汗)

牛ノ家の2207_08

で、飲み物追加。こちらのオリジナルサワーで、サントリーのジャパニーズジン「翠(SUI)」をスダチで割った「仁翠」¥650なり。上から黒胡椒パラパラがポイントですな。スッキリした吞みやすいお味でお肉好相性。相方が気に入って、この後2杯飲んだのだ。

牛ノ家の2207_11

特選炙りレバーは¥1080なり。非常に小さく薄いサイズで切っていて、片面づつほぼ一瞬で火が入る仕組み。が!非常に上質で美味しい。相方と久々に美味しい焼きレバーだよね!と納得の一皿。小さいので火入れのコントロールがしやすく、小さく切ることに意味があるのですな。

牛ノ家の2207_12

で、このお店名物料理で、牛牛焼き¥1300なり。上アギ(顎肉)と九条ねぎを軽めの醤油ダレに絡めてある一品。

牛ノ家の2207_13

江畑のネギギアラを上アギに見直しました!というような一品ですが、プルプルした上アギとネギが良く合っていて美味しい。これは白ご飯に着地して食べたいかも!と思いつつ。

牛ノ家の2207_14

上天肉は塩で¥850なり。あまり他店にないような大面積で若干厚切り。他に注文される方がいないのかな? これは我が家の好みとはちょこっと違うかも。唯一頼んだ焼き野菜、玉ねぎ¥400は期待通り。

牛ノ家の2207_15

私は赤グラス¥700にスイッチ。ま、期待通りの美味しさ。(ひえひえで無いのが良いのだ)

牛ノ家の2207_16

で、〆肉は本日の和牛盛り合わせ!¥3980ということに。非常に上質で、初めに注文しておけばよかった!と反省。時計のゼロ時の方向から時計回りで、上ハラミ、上カルビ(以上2種はタレ)、上モモ、上ロース(以上2種は塩)という布陣。

牛ノ家の2207_17

で、山葵や肉味噌、葱タレは別売りで¥300なので、お好みでどうぞ。我々は山葵を追加しにっこり、しっかり食べました。特上でなくても上ハラミで全然OKじゃん!という感想。

牛ノ家の2207_18

もうちょっとだけご飯物がほしいなあ!と名物の一品を注文することに。特製肉吸いクッパは¥850なり。超アツアツで地獄の釜のようにぐつぐつと沸き立って登場。スープの上で躍っているのは粒胡椒。

牛ノ家の2207_19

牛スジ系のコラーゲン満載スープにごろんごろんと柔らかいスジ肉がたっぷり入っていてこれはお得感満載&意外にさっぱりと頂けるのだ。オススメいたします~(とはいえ、注文するなら暑い夏より冷え込む冬の方が良いでしょうな・・・汗)

で、お勘定お願いします~!ということに。計算して頂いている間に、口直しです~!と、おちょこくらいの小さな器に甘ーいメロンが一口分出てきてニッコリなのだ。で、生ビール×1、角ハイボール×1、仁翆×3、赤グラス×2と結構色々と呑んで、〆て¥18000!というお支払い。うち、呑み代が¥4500ほどという納得価格。

京都で一番美味しい焼肉店と推薦されている方も居られるのですが、なにせ上限価格がありえない焼肉店が京都には沢山あるので、同じような価格帯のお店の中ではかなりのハイレベルかと。一部の得意技メニューは予想以上のハイスペックで美味しかったです。お勧めの変化球メニューを何点か食べていないので、二階狙いで伺う確率大。ごちそうさまでした~。良いお店です!




◆焼肉 牛ノ家(うしのいえ)
住所:京都府長岡京市神足1-8-12
営業時間:17:00〜24:00 (LO23:30) 不定休(土日営業)
TEL:050-5890-6945
関連記事

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2022/08/05 (Fri) 12:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment