fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Bistro四川食堂(15)@近鉄伏見駅

2022
09
我が家から徒歩圏のヘヴィーローテーション中華料理店、Bistro四川食堂。このネタ以来なので5か月ぶりの再訪。初回訪問がこのネタなので、まだ4年ほどで15回目の再訪。ま、とても気に入っているお店ですな。
御店主が暫く体調不良で、2か月ほどサブのお兄さんが回されていたのですが、最近復活されたので、久々に覗きに行こうぜよ!ということに。

四川食堂2208_01

で、山口出張から直帰で1人やってきた金曜日、18:00。店内に。

四川食堂2208_13

御店主はもうすっかりお元気で、お久しぶりです~!とご挨拶。カップルが3組入店中なのですが早い時間のお客様ばかりで、コロナ第7波の影響か少々お客さんが少ないかな。ま、ボチボチ営業中とのこと。 で、相方が来るのが遅いなあ!と思ったら18:30予約でした汗汗。ビールを呑みつつ、のんびり待つのだ。

四川食堂2208_02

で、時間があるので日替わりメニューを確認。結構頻繁にメニューを入れ替えておられるのが楽しい。京都の有名ホテル中華ご出身なので、辛いものはしっかり辛く、辛くないものもバランスよく美味しい。

四川食堂2208_03

と、ご店主から「先に一品出しましょうか?」とご提案あり、するっと前菜半人前を出して貰うのだ。多分初めて見たメニューで赤海老の海老味噌ソース¥1000なり。これがハーフサイズで、残り半分は相方分として突き出しに出して貰いました。御店主曰く「フレンチで海老のビスクがあるでしょ?その四川版のようなものですねえ」とのこと。海老殻、味噌の入った頭などを油で炒め、ミンチ状に整えた、海老そのものより海老味が濃いソースを生の赤海老に絡めてあるという。 いや、これは超ウマ。定番化して頂きたい一品。

四川食堂(小)_003

で、前回入れていたボトルの残りを常温でちびちび吞みつつ、相方登場まで時間つなぎ。で、30分後に相方登場。相方が赤海老を食べている間に、さぁ、この続きはどうしましょうか?ということに。過去、見たことが無いお料理が1つあったので、それを軸に厳選5種を追加注文。

四川食堂2208_04

お料理2点目は、魚は季節で変わる、鮮魚のお刺身パクチーソースで¥1000なり。今回はイサキでした。ピリ辛レベルではないがっちり辛い味付けなのですが、これも間違いのない一品。超!お酒が進みます。

四川食堂2208_06

で、前回の残りボトルが無くなったので、紹興酒でオススメはありますかねえ!と見せて貰う。奥の手が掛かっている桐箱入りの¥20000は、ま、なにか超良いことがあった時用にして(汗)、純五年物(えんじ色の箱入り)をお願いするのだ。

四川食堂2208_07

こういう祭壇の両脇に置いていそうなボトルでした。だはは。輸入者が宝酒造だったのに少々ビックリする¥5000なり。流石に円やか系で美味しい。

四川食堂2208_05

お次もメニューにないもので、今日お勧めですよ~!に乗っかって。軽く揚げた鱧と夏野菜を合わせた炒め物ですが、トロミのある甘口ソースが激しく美味しい。深草周辺の現地系中華料理店でこれだけ多くの種類の野菜が一度に出てくるメニューはありませんな。これまた間違いなく美味しい~!です。

四川食堂2208_08

こちらは深草周辺の現地系中華料理店でも採用多数なメニュー、ラム肉のクミン炒めで¥1000なり。これまた結構がっしりと辛い中国東北地方料理なのですが、ま、四川料理好きでラム好きなら、間違いなく好きな方が多そうな。 現地系のお店より油の使い方が上品なので食べやすいのもGOOD。といえパンチのある辛さなので、好みはあるとは思いますが。

四川食堂2208_09

で、前回の訪問で、これはうめえやあ!と思った海老玉のオイスターソースなり。2つに分けてくれたのですが、なんだか超ウマ。御店主曰く、私は中華料理店では注文しないメニューですねえ!なのですが、クワイのシャクシャク感とトロける玉子のコントラスト、ソースの海にまみれたい! 

で、〆が初挑戦のこちら。しかし、次々とメニューの引き出しが凄いですなあ。

四川食堂2208_10

ふかひれのおこげで¥4000なり。揚げたてのおこげにアツアツのフカヒレ餡を掛けて頂くのですが・・・・

四川食堂2208_11

餡を掛けた図。フカヒレが超絶しっかり量。餡の具は空心菜としめじなども。軽く生姜の効いた塩餡が重くなく、円やかで旨し~!

四川食堂2208_12

お椀に4杯分ほど取れるしっかり量。途中で味変に黒酢をちょろっとかけると、これまた食が進むのだ。いやはや大大大満足なディナーになりました。以上で、ボトル代とフカヒレの計¥9000を入れて¥17000ジャスト!という。いやー、この質なので全然納得価格なのだ。というか、むしろお安いかも。

寺田に、現在サブ担当のお兄さんの新店ができるようで、当初は7~8月オープンの予定だったのですが、現在内装工事中。(場所は、人気定食店の「満腹屋」の隣だそうな) 御店主に、開店したらFacebookで教えてくださいね!とお願いしお店を後にしたのだ。
いやはや大満足~! また来ます~。



◆Bistro四川食堂
住所:京都市伏見区奈良屋町1084-10
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00 月・木休 
 (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:075-748-8808
関連記事

0 Comments

Add your comment