fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Bubblegumでディナー(2) @四条堀川東入

2022
10
今年上半期に行ったお店の中で、イタリアンではここはいいわー!と思った一軒、Bubblegum(バブルガム)。もともとSketch(スケッチ)なるイタリアン店のご店主が新たに起こされたお店なのですが、イタリアンの枠を超え、フレンチ的な要素を加えつつも、ちゃんと旨い麻婆豆腐までレギュラーメニューとして存在している、「美味しいもの屋」さんのようなお店。御店主がチョイスするワインも美味しくて、我々のお店選びの波長と合うのですな。前回ネタがこちらです。

バブルガム2201(小)_001

相方とあそこは美味しかったよね、まだ食べていないものが沢山あるよねえ!と意見一致。で、またまた2日ほど前予約で席を押さえ、やってきた18:30ごろ。カウンター席が6席、2人掛け4ぐらいのこじんまり店ですが、カウンター席に空き4、テーブルが1つ空いている状況。カウンター席に端っこに入れてもらう。

バブルガム2208_01

で、気になるメニューがこちらで、全て税込み価格表示。多分、パスタはどれも美味しいのですが、食べてみたいものが沢山あるので目移り! 前回来た時は仔羊の麻婆豆腐があったのですが、今回は黒毛和牛のホルモン入りの模様。悩みつつ、前菜や肉料理を4種類チョイスし、パスタは入りそうだったら後で注文します!ということで。

バブルガム2208_02

我々が入店し、30分ほどで当然のように満席に。とりあえず瓶ビールで喉を潤しつつお料理を待つ。

バブルガム2208_03

キッチン内雰囲気写真。Sketch時代はフライパンを振っていたご店主はこのお店では接客ご担当で、1人、すらっとしたお兄さんがお料理を回しておられるのですが、キッチン内を独楽鼠のように走り回っておられました。お客が12名ほど入っている状況で待ったなあ!という感覚がない程度で料理出しされるのが凄いです。

バブルガム2208_05

まずは前菜から一皿目。ブッラータチーズと桃、生ハムで¥2900なり。良い値段だな!と思ったのですが、小ぶりのおにぎりぐらいありそうなブッラータチーズがごろんと入っていて存在感大。チーズを手で割いて、オリーブオイルと塩、それに黒胡椒をがりりっと掛けただけのシンプル極まりない一品。

バブルガム2208_06

が! 生ハムでチーズと桃を巻いて頂くと、ハムのちょい強めの塩加減が甘ーくて香り高い桃、それとミルキーなチーズが見事に調和するのだ。この季節食べておきたい超ウマな一品。お箸があると便利ですな。

バブルガム2208_07

んで、これも美味しいなー!と感心した、前回食べ損ねたので食べないと!と考えていた一品。なんだと思います? 
ポテトサラダVer2.0、¥950なり。 丸いものはジャガイモのコロッケで、周りにちりばめてあるのはあおさ海苔、で、コロッケの下には自家製の角切りチャーシューがころころと隠されていて、上に半熟茹で玉子、自家製マヨネーズ、飾りのお花、という布陣。この菊は食べられるの?と確認すると、苦いので食べない方が良いですよ~とのこと。で・・・

バブルガム2208_08

コロッケや茹で玉子を潰して混ぜて頂くのだ。マヨネーズの円やかな味わいの中から甘醤油味のチャーシューとあおさ海苔の海の香りがときおり顔を出すというような面白いお味なのですが、これはひえひえのしっかり系白ワインにピタリじゃないの!ということに。いやー、想像力は無限大!

バブルガム2208_04

ワインをボトルで!とお願いし、前回はグラスで頂いた、米カリフォルニア産のBogle Vineyards Chardonnay 2019を。いやー、最近あちこちのお店でお見掛けするボトルですが、しっかり目の白好きなのでかなりお気に入り。確か¥5500だったかな。

バブルガム2208_09

偶然にも丸い料理が続くのですが、鴨と豚足のメンチカツで¥2100なり。小さなココット鍋でソースがぐつぐつと煮たって登場。かなり大きなサイズで1人ならメイン料理でも通用しそうなしっかり量。で・・・

バブルガム2208_10

で、割りましたの図。豚足の刻んだのが大量に入っていてゼラチン質しっかりなお味。年寄りが昔語りをするのですが、20年少々前に大阪の天神橋商店街近くにあるイタリアン「トラットリア・アルチェントロ」にハマっていた時期があって、そこの名物料理「豚足のコロッケ」が大好きだったのですが、そうだよ~、この味だよ~!という感想。 
が、こちらのほうが肉密度が高いうえにソースも凝っていて、鴨出汁を使ったヴァンブラン(白ワインソース)がお肉とよく合い美味しい。完全にフレンチの手法ですが円やかウマー!

バブルガム2208_11

ポテサラの途中でパンがあるともっとうまい!と思いついたのですが、再ベークする時間がかかるので初めに注文しておくことをお勧めします。とはいえ、ソースも、パンで根こそぎ頂くのが美味しいですな。

バブルガム2208_12

更に丸い料理から、これも食べてみたい!と思っていた一品。シューファルシで¥2100なり。先ほどのメンチカツと同じ傾向のお料理ですが、ひき肉を包んだロールキャベツで、これまたソースが異常に美味しい。

バブルガム2208_13

割りましたの図。先ほどのゼラチン質満載の豚足メンチカツとは違って、キャベツの優しい甘味の加わった煮込みハンバーグ的な一品。で、ソースがあまり甘口ではないマデラ酒を使った深みのある味わいのソースなのですが、相当煮込んだデミグラスぐらいの旨味があって、これまたお勧めの一品。とはいえ、先のメンチカツと同様、1人ではメイン料理になりえるしっかり量で、流石にパスタは食えないねえ!ということに。

バブルガム2208_14

甘いものは欲しいよね!と、フランボワーズとナッツが入ったセミフレッド¥700で〆。ほど良い酸っぱさで最後まで大充実。偶然にもこれもちょっと丸いお料理でした汗汗。

以上、瓶ビール1、ボトルワイン1とそこそこ呑みで〆て¥15000チョイ、という大大大大納得価格。つい、盛りの良いメニューばかりをチョイスし、旨いパスタに行きつけなかったのでこ近日パスタを食べに来ないとねえ!と意見一致。多分、近日再度お邪魔することになりそうな予感ですな。ご馳走様でした、また来ます!




◆Bubblegum. (バブルガム) 
住所:京都市下京区柏屋町12 GUYS57 1F
営業時間:18:00~24:00 不定休
TEL:075-585-5658

関連記事

0 Comments

Add your comment