fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

担担麺の掟を破る者@大阪 梅田

2022
19
のーんびりとした夏休みネタのその7です。ここから、3本ほど大阪日帰り散策ネタを。
和歌山帰省と、相方の企画で観劇以外の予定を一切入れていなかったこの夏休み。和歌山から帰ってきて、さあ、後は何を企もうか!ということに。で、我が家の懸案事項だった大阪中之島美術館で開催されている「展覧会 岡本太郎」を見学に行くことにしたのだ。 我が家のいつものパターンで、大阪美術鑑賞とセットで、ランチとディナーを食べて帰ってくることになるのですが、まずはやってきたのがこちら。

担々麺の掟2208_01

超久々にやってきたのはJR大阪駅の北にあるグランフロント大阪、時は10:50。再開発が進む「うめきた地区」なのですが、来るたびに景色が変わり、完全にお登りさん状態。めざすはグランフロント南館7F。グランフロントは当初から1時間遅れの11:00オープンのようで大阪駅との二連絡通路周辺にはオープン待ちのお客様の200名ほどの行列が。 で、時間通りオープンしてエスカレータを上がって7Fへ。

担々麺の掟2208_02

で、やってきたのがこちら、「担担麺の掟を破る者」なる、店名の自己主張が強い系坦々麺屋さん。大阪で「人類みな麺類」、「くそオヤジ最後のひとふり」などの店名自己主張がやたら強いラーメン店を数多く手がけているUNCHI株式会社が運営する人気店。これまた一度で覚えられる凄い名前の会社ですが、設立は2012年4月らしく、我々が大阪から京都に引っ越ししたのが2011年12月なので、過去、系列店はまったくの未訪問なのだ。少々ワクワクしつつ店内に。

(※余談ですが、過去、京都出店はなかったのですが、10月に「ラーメン大戦争 京都河原町店」を出店される模様です)

担々麺の掟2208_04

こういうあか抜けたさっぱり系和風テイスト内装。席数も結構ありますし、場所が場所ですのでお洒落ですな。我々より先に1人素早く入店されているお客様にびっくりしつつ、メニューをしげしげと確認。

担々麺の掟2208_03

メニューはこういう感じ。「本枯れ節」を使った魚介だし100%の和風担担麺が売りで、それを「掟を破る」と表現している模様なのですが、店内には確かにイイ感じの鰹出汁の香りがふわーんと漂っているのだ。酸っぱいものが好きな相方は「酸辣たんたん麺」¥1188+青梗菜増量¥220で、私は標準の「黄金のたんたん麺」¥1188+温玉¥77+白ご飯¥165を注文。(以上税込み価格)

担々麺の掟2208_05

出てくるお水が、レモンが入った強炭酸水!というのがお洒落。2人分で500ccは有りそうなしっかり量で提供されるのがビックリ。キッチン内にソーダサーバーがありそうですな。で、テーブル上には、洒落なグラインダーに入った黒・赤2種の花椒、チリパウダーがスタンバイ。

担々麺の掟2208_06

とはいえ、お休みですのでアルコールが欲しい!のでハイボール¥528も2つ注文。これも超強炭酸で、コップのフチからぴちぴちと炭酸が賑やかな。 で、注文後10分後にお料理が登場。

担々麺の掟2208_07

まずは相方注文の酸辣たんたん麺+青梗菜増量なり。浮いているラー油量も過剰ではなく、ふわんと鰹出汁のいい香りが。

担々麺の掟2208_08

で、こちらが私注文の黄金のたんたん麺。酸辣のほうは京都三条の千鳥酢で柔らかい酸味を乗せていて、スープにトロミづけしています。ノーマル版も鰹出汁の円やかなダシで胡麻は効かせておらず、両方ともベースは醤油系だと思われますな。非常にしっかりと旨味を乗せてるのですが、担々麺特有の辛味・痺れ感は万人向けに穏やかな設定で、テーブル上のグラインダー等で調整せよということでしょう。

担々麺の掟2208_10

麺もこういう担々麺に採用されている例はあまりないであろうなあ!と思われる若干ちぢれ目かげんの超太麺なのが面白いのですが、ぶりぶりとした歯ごたえ、歯切れの良い麺で美味しいのだ。

担々麺の掟2208_11

で、我々には辛さ・痺れ感はもちょっと欲しいなあ!という感じで、食べるごとに上からグラインダーで花椒やチリパウダーを加えることに。お洒落なグラインダーですが、すりおろしパワーはあんまりないようで、少々イライラします(滝汗)

担々麺の掟2208_09

温玉は別添えで出てくるのが気が利いておりますな。温玉を担々麺に入れると更に辛くなくなるであろうなあ!と思ったので、これは白ご飯に乗せて頂こうということに。(ちなみに、担々麺には無料で一口ご飯が付いているのですが、この温玉の皿で持ってきてくれえる仕組み。確かにほんの一口)

担々麺の掟2208_12

で、気の利いた担々麺屋さんで見かけるミンチ肉サルベージ用レンゲが付いているので、超便利!なのだ。ぜひ全国の坦々麺屋さんで、あまねく採用をお願いしたい!と思う者の1人です(滝汗)

担々麺の掟2208_13

我々は、担々麺はやっぱり替え麺より、白ご飯でこんな感じで〆たいよね!と意見一致。結果、大満足でした。 多分、だれでも食べやすいお味で調整も色々出来るので、担々麺好きなら挑戦して損無き一店ですな。グランフロント大阪の飲食店の中ではお手頃にランチが摂れますし。ご馳走様でした~。



◆担担麺の掟を破る者
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館 7F
営業時間:【平日】11:00~15:30(L.O.15:00) 17:00~23:00(L.O.22:00)
       【土日祝】11:00~23:00(L.O.22:00) コロナ影響で変化している可能性あり
TEL:06-6372-8474


担々麺の掟2208_15

で、食後は梅田周辺を散策したのちに、前回GW中にモディリアーニ展を見学に来た大阪中之島美術館に。(地下街が切れる西梅田から10分ほど地上を歩いてきて、超暑くてへばる・・・)

担々麺の掟2208_16

お目当ての「展覧会 岡本太郎」は非常に盛況で、新型コロナの影響で入館制限されていて、事前に30分置きのネット予約をいれる必要あり。13:30からの予約を入れ、20分ほど前に到着したら、13:15から入館可能でした。

担々麺の掟2208_17

展示されている解説動画以外の作品は、ほぼすべて撮影可能という太っ腹会。とはいえ、概ねこれぐらいの人口密度なので、人を入れない撮影は難しい状況。 ま、ネットに写真は多数アップされていますが、実物の迫力にはかなわないのだ。

担々麺の掟2208_18

で、このような有名な作品や・・・

担々麺の掟2208_19

岡本太郎氏の作品は、個人的には絵画より、こういう立体造形物が好きなのですが、見どころ満載。が、今まで氏の作品を全てみたことは無くて・・・

担々麺の掟2208_20

観覧コースの最後のほうに飾られている、氏が晩年制作された絵画のパワーに圧倒されたのですな。いやはや、なんだか凄いエネルギー。

担々麺の掟2208_21

70才を越え、こういうダイナミックな作品を作られていたとは。いやはやびっくりしました。氏は作品を個人に販売しないという方針で活動されていたそうで、このような作品がアトリエに大量に残されたようです。

担々麺の掟2208_22

1996年に84才で亡くなった氏の遺作と言われる作品、雷人。むやみに放たれるエナジー!
晩年はテレビなどのマスメディアに多く出演され、「芸術は爆発だ!」などの太郎語録で芸術家は変わった人が多い、という社会的認知を高めた人だと思うのですが、亡くなってから20年以上が経過し、時代が岡本太郎的感覚に近づいている気がそこはかとなく、します。

なんだか溢れるエネルギーを頂けた見学所要時間、2時間30分。会期は10月2日(日)までのようですので、気になる方はお早めにどうぞ。 (近日、東京の岡本太郎記念館を見に行かなくては・・・)

関連記事

0 Comments

Add your comment