fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

炉端居酒屋 來八@広島ツアー22/9/17その3

2022
21
三連休の一泊広島ツアーその3です。
ミシュラン天ぷらランチで大満足の後は、広島駅近くに取ったホテルまでチェックイン&荷物を置きに行こうということに。まだ13:00を少々回った時間帯なので、お土産物漁りで、先のネタに書いた酒屋さんや・・・

來八_2209_05

広島のローカル洋菓子店「バッケンモーツアルト」のもみじケーキを買ったり・・・・ (今回、色々買った広島土産の中で一番旨かったのがこちら。オススメです。)

來八_2209_06

なんだか無茶お客様で混雑しているので、なになに!と入ってみたのがこちら。「広島夢ぷらざ」というで巨大広島物産屋さんなのですが、お洒落セレクトショップではなく道の駅的品揃えで、これまたなかなか面白いお店でした。相方が気に入って色々食材を購入。

來八_2209_198

で、市電で広島駅にとんぼ返り。今回はこちらの「相鉄フレッサイン広島駅前」をチョイス。昨年7月オープンなのでまだ新しく、シングル部屋でも140cm幅のセミダブルベットが入っているので快適。寝相が悪い我々はツイン部屋で、朝御飯付きで¥11000ほど。
で、荷物を置いて、再び広島グリーンアリーナにトンボ返りするのだ。

來八_2209_01

ホテルや市内にPerfumeのツアーTシャツを着た人が大勢うろうろしているので、その人たちについて行けば大丈夫!ということで無事到着したのが16:00過ぎ。暫くすると会場に入れるのですが、中に入って待っているのもなあ!とアリーナ周辺をうろうろ。

來八_2209_02

人だかりしている場所があるので、またまた、なになに?と近づくとツアートレーラーでした。

來八_2209_03

いやー、これはかっちょ良いですな。で、開演1時間ほど前に会場に。驚くべきことに今回取れた席が、北アリーナの正面(いや、円形ステージでどこからでも良く見えるので、どちらが正面かは議論ありそうですが、一曲目で彼女たちが前を向いていた方向。)実質三列目のかぶりつき。少し遅れた18:05の開演から20:20まで、おじさんはうるうるしながら(汗)、夢の世界! (詳細は、他のネット情報でとうぞ。汗)

で、終了後の客出しに少し時間がかかり、アリーナを出たのが15分後。FKOさんの機転で「隣接のリーガに行きましょう!」と、ホテルでタクシーを捕まえて、10分ほどでやってきたのがこちら。

來八_2209_04

平和大通りの「並木通入口」交差点傍にある居酒屋「來八」(らいはち)なり。ご一緒したMDRさんが広島人のお知り合いから教えてもらったお店。Netでほぼ情報がなく、こういうコンサートの後の遅い時間の予約を受けてくれるかな?と電話したら21:00予約がOKだったので、やってきたのだ。お店は2階にあります。

カウンター席が10席ほど、窓側に6人席の小上がりが2つあり、1つ空けてくれていたのだ。2時間概ね立ちっぱなしだったので、ようやくほっと一息。レギュラーメニューはあるのですが、魚料理がお得意なようで、日替わりでメニューは頻繁に入れ替えている模様で・・・

來八_2209_07

皆で目を細めて遠くに置いてある日替わりメニューの黒板を眺めていると、黒板を持ってきてくれました。焼き鳥も扱う、炉端居酒屋という構成で、おじさん2名でこの大きさの箱を回しておられるのだ。

來八_2209_08

とりあえず、広島に来る機会を作ってくれたFKOさん&Perfumeありがとう!ということで、カンパーイ。生ビール2名、ハイボール1名、生レモンチューハイ1名。後程、私もレモンチューハイを呑んだのですが、広島産レモンのおかげで非常にすっきり美味しいという発見。シロップなどの糖質をほぼ使っていないものが美味しい。

來八_2209_09

いちおう突き出しあり。自家製鶏ハム、小鉢は魚ダシで炊いていると思われる高野豆腐。トマトとレモンという布陣。とりあえず刺身は外せないよねえ!と、広島っぽいものを頂くことに。

來八_2209_10

4人前注文しなくてよかったー!と全員胸をなでおろした刺身盛り2人前が、驚くべきしっかり盛り。カンパチに、ヨコワ、シマアジに天然鯛、鰆の炙りに帆立が各4貫というしっかり量。これがどれも居酒屋レベルではないレベルで旨いのですが、多分¥2000だと思われます。お昼の天ぷら屋さんに引き続き、広島侮りがたし!と思っていると・・・

來八_2209_11

本日2品目の広島侮りがたし!が登場。しゃこ酢は¥800なり。皮は剥きやすく切ってくれてあるのですが、こんな太ったしゃこを食べたのは初めての経験!と全員一致。お寿司屋さんで握っているものの三倍ぐらいの肉厚さ。

來八_2209_12

たたみいわし。よき酒のアテで¥380なり。

來八_2209_14

¥580のアジフライが、まさか尾頭付きで出てくるなんて!という驚きさ。揚げはしっかりで、お惣菜系サクサク狙いなのですが、これまた新鮮で美味しい。

來八_2209_13

長野県人のMDRさんは過去食べた経験があまり無かったようで、これは美味しい!とニッコリして頂いた「のどぐろ塩焼き」は20cm超級で¥1500と超お手頃価格。京都で食べると倍はするよねえ!ということに。基本、広島では採れないと思うのですが、魚好きの県には、山口や長崎から運ばれてくるのだ。

來八_2209_15

こういう出し方で出てくるなんて!たしかにステーキ!と納得してしまうしっかり味付で美味しい鮪の頬肉ステーキは、なんとなんと¥730なり。いやー何もかも安いですな。 ライブで喉が渇いているので途中で、全員2杯づつぐらいお酒を追加しつつ、まったり~。

店内を観察しますと、広島市内の吞み客は長っ尻な方々が多いようで、我々が入店した時に既に出来上がっているお客様ばかりなのですが、カープ戦を肴にお酒を呑んで、終了後それを話のネタに更に呑む、というような感じで、カウンター席は大盛り上がり。
とはいえ、ボリューム調整が壊れている人は誰もおらず、関西圏の類似のお店より全然静かな感じ。

來八_2209_16

折角なので、広島の地酒も呑んでおこうと、2種類ほどスイッチしたような。(この規模で、お料理出しを1人でやっておられるので、ボトルをプレゼンしてもらうようなサービスはありません~)

來八_2209_17

親鳥¥650なり。ひね鶏ですが、歯ごたえしっかりで味付けも非常にお上手。こういうコリコリした深い味の肉を頂くのもいいですな。

來八_2209_18

最後のお料理は、MDRさんがここに行くなら必ず食べろと教えてもらっていた一品。焼き穴子で¥1100なり。いやー、多分注文をうけてから割いて、ざっと焼いたと思われる脂を程よく残す焼き方で、ぶりりりんと歯茎をはじき返すゼラチン質満載の皮がとんでもなく美味しい。 過去食べた穴子白焼きでダントツナンバーワン! 私の本日一がこちらでした。

で、1人生ビール、サワー系を3杯づつ、日本酒は2、3合呑んだような気がするのですが、なんとなんとなんと、1人¥4000!という有りえないお支払い。いやはや、これはお安いですなあ。 これは良いお店を教えてもらったよね!と全員納得の一軒でした。
広島の夜を、お安く済ませたいならぜひ。美味しいですよ。




◆炉端居酒屋 來八(らいはち)
住所:広島県広島市中区小町1-29
営業時間:17:30~24:00 木休
TEL:082-246-0563


で、お店を出たのが10:30を回ったころで、タクシーなんぞ捕まるんかよ!と思ったのですが、お店前で1分で捕まり、ホテルまで10分ほどで移動。後は寝るだけ! 広島ツアー2日目、その4に続きます~。
関連記事

0 Comments

Add your comment