fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

おでんと酒 大河桃山に再訪(2)@大手筋商店街

2022
28
秋分の日を含む三連休ネタを一つ。
どういう星の巡りあわせか、またまた台風がやってくる三連休。とはいえ、京都はそれほど激しい風雨ではなく、概ね午前中には通り過ぎた日。遠くに遊びにいく根性が無いので、近場で手ごろな所にいこうよ!ということで、またまた当日予約でやってきたのはこちら。

大河桃山_2209_05

お店の名前は「おでんと酒 大河桃山」、大手筋商店街すぐ傍に忽然と登場したおでん専門居酒屋。が、お料理のセンスがどう考えてもちゃんと和食をやられている人のもので、これは再訪しないと!ということでやってきたのですな。前回ネタが三週間前のこちらです。どういうわけだか、最近再訪ネタが多いのですが、どぞ宜しく!なのだ(汗・・)。

大河桃山_2209_06

で、本日のメニューはこんな感じ。ご店主は我々を覚えてくれていて、「先日、楓fuさんがこちらに来られていたのですよ~!」と教えてくれるのだ。御店主曰く、うちの駄blogに気づいて早速立ち寄ってくれた人が数組居られたようで、色々良くしてもらいました(汗) 

大河桃山_2209_07

日本酒も豊富で120ccグラス提供で¥800均一、という分かりやすいお手軽価格設定。相方はハイボール、私は・・・

大河桃山_2209_08

珍しく、レモンミント酎ハイウオッカ¥550からスタートなり。広島訪問以来、レモンチューハイ系が好きになったような。

大河桃山_2209_09

突き出しからセンス有り。前回同様、焼きナスがメインなのですが、生湯葉、生雲丹、いくらで和えたクリーミーな冷菜。これは居酒屋ではないよなあと思いつつ。

大河桃山_2209_10

今日はおでん系も含めてチャンポンで色々注文。前回も食べて、これまた居酒屋ではないよなあ、と思った「海老しんじょう」¥500なり。正統派椀物で、上品且つ控えめな味付け。ま、これを食べてみるべし!な一品。

大河桃山_2209_11

押しこんにゃく¥200と大根¥250なり。うどんぐらいの太さの押しこんにゃく。あまり食べた経験がない形状ですが、ブリブリとして口の中で躍る食感が面白い。大根は期待通り。

大河桃山_2209_16

で、御店主に日本酒の推薦をお願いしたら、島根は旭日酒造謹製「十旭日 純米生原酒 仕込み十二号」のあらばしり、中取り、責め(同じタンクからとった原料を絞る際、初めに出てくるのがあらばしり、順に中取り、責めとなります。) が呑めるというのでお願いしました。まずはあらばしりから。ボトルはほぼ同じですので、後の写真2枚は割愛。個人的には中取りが美味しかったような。

大河桃山_2209_18

で、今回初挑戦。ロールチーズは¥350。キャベツでチーズを巻いて、上から卸しチーズ(色からすると、チェダーチーズ?)をたっぷりと。なかなか乙なお味。

大河桃山_2209_12

「台風続きで、あまり魚の良いのがないんですよ~!」と大将。オススメ頂いた赤貝の刺身。あしらいも綺麗ですし、これまた間違いのない一品。白いのは大根薄切りの塩漬け的なもの。いい箸休め。

大河桃山_2209_14

ここで、子持ち鮎塩焼き¥650×2。カウンターのはしっこに水槽が置いてあって、そこからすくって焼いてくれるのだ。小ぶりですが卵たっぷりで旨! (もしかすると、これも台風対策かも?と思いつつ・・・) で、十旭日も順次、中取り、責めと制覇して・・・・

大河桃山_2209_19

お酒は薄い陶器製のグラスなのですが、お酒を受ける小皿が可愛らしいのでパチリ。

大河桃山_2209_15

これもおでん屋さんで過去見たことがあるかなあ?と思った「マコモダケ」なり。茸ではなく、イネ科の植物だというのは最近書いた記憶がありますな。ほくほくしたお芋さん+アスパラの繊維質みたいな感じです。 大将に豚肉巻にしたら美味しくないですかね?と要らぬ提案などしつつ。。(汗)

大河桃山_2209_21

そんなに呑んでいないのですが、もろQ でインターバル。巨大な胡瓜丸々一本分ぐらいで¥350なり。盛り付けが気の利いた居酒屋レベルを凌駕するのだ。

大河桃山_2209_20

まだ食べます。焼いた魚は鮎以外にありますか~!と確認し、出して貰ったのがこちら。なんでしたかね?確かカマスですが、味噌漬けでこれまた少量でむちゃ日本酒が進むお味。

大河桃山_2209_22

相方が〆にチョイスした唐揚げは¥850なり。下味しっかりで多分塩こうじ系。ジューシーで言うことなしでした。

大河桃山_2209_23

〆にサービスで、ふわっとスフレっぽいミニデザートまでついていて、にっこり。 

初回に来た時はカウンター満席だったのですが、今日は家族連れ4名様ご一行と入れ替わり入店で、カップル2組でノンビリ営業(台風一過・・・途中ぐらいでしたし)という状況。 酒量もハイボール1、チューハイ1、日本酒2合と少な目で〆てなんとなんとなんと¥11000ほどという大大大大納得価格でした。いやー、なんとも使いやすいので、またタイミングを計ってくることになると思います。御馳走様でした~。



◆おでんと酒 大河桃山
住所:京都市伏見区新町5丁目495番地 北本ビル1F101
営業時間:12:00~14:30 17:00~23:00 月休・第二火休
TEL:070-9020-8550


大河桃山_2209_24

で、前回大河桃山に来た時は、いきなりのスコールのような雨に負けて、行けなかったお気に入り日本酒バルを目指すのだ。

大河桃山_2209_25

もう何回来たか、回数が良くわからない中書島「Sake cafe 楓fu」に。こちらもいつも良くして頂いております。

大河桃山_2209_27

コロナ足かけ3年の中、オープン4周年!ということで大変な営業状況だったと思いますが、おめでとうございます!なのだ。
このお店が、我が家から頑張ったら徒歩圏の中書島に出来たおかげで、京都駅北側エリアの日本酒バルに行く回数がめっちゃ減っている(汗)と思われます。

大河桃山_2209_26

ちょこちょこ旅行ついでにあちこちから日本酒を見つけてこられるのですが、現在青森推しの状況。私は青森の玉田酒造店謹製「純米吟醸 福」を。相方は、長野の市野屋謹製「市野屋 特別純米酒」をチョイス。いつきても、あまり他店でお目にかかれないようなものを出してくれるので好きなのですな。 で、合わせて出してくれた「ごぼう風味のかりんとう」がなんだか乙なお味。

大河桃山_2209_28

で、青森の中村亀吉酒造謹製「亀吉 特別純米 辛口酒」なり。いやー、覚えちゃいないのですが旨かったような! 今日は2人で2杯づつで仕上がったのでお安くあがってしまいました。御馳走様~。



◆Sake cafe 楓fu
住所: 京都市伏見区南新地4-1
営業時間:[水~金]17:00 - 21:00 [土・日]15:00 - 21:00 月・火休 
   (最新の営業状況はお店にご確認を)
TEL:090-6060-8915
関連記事

0 Comments

Add your comment