fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

関ケ原~米原、長浜をぐるぐるドライブ@22/10/01

2022
05
で、関ケ原の鰻屋さんで大満足ランチの後は、いつものごとくその近隣でお風呂に入ろうよ!となるのですが、折角ここまで来たのだから、ちょっと博物館系なものを見学に行こうよ!ということに。

関ケ原_2210_01

やってきたのは鰻を食べた「魚しげ」から車で5分掛からない近場にある「岐阜関ケ原古戦場記念館」なり。名前の通り、今から400年以上前、この地で徳川家康率いる東軍、石田三成率いる西軍により、天下分け目の「関ケ原の戦い」が繰り広げられたのは、戦国武将好き&大河ドラマ好きなら、間違いなくご存じであろうかと思うのですが、その戦いを体感できる施設として令和2年にオープンした博物館なのだ。多分、お城を想像したデザインなのですが、想像以上に立派! 入館料¥500で中に。

関ケ原_2210_02

あちこちで写真スポットはあるのですが、メインの出し物である1Fのグラウンドビジョンやシアターは撮影禁止。が!入館料がお安く思えるほど、出し物は非常に充実。シアターは8分ほどの映像ですが、お金のかかったCGで大音量の大迫力!(椅子がぶるぶる振動する装置まで導入!) いやー、びっくり。

関ケ原_2210_03

入館料がお安く思えるほど、展示物も非常に充実。概ねレプリカなのですが、見所はありまくり。

ちなみに関西人なので、我が家では石田三成に思い入れがあるのですが、我々にとっての石田三成は、大河ドラマ「真田丸」のメフィラス星人山本耕史だよなあ、とかいらんことを言いつつ、たっぷり楽しめました。(「天地人」の小栗旬というご意見も・・・)

関ケ原_2210_04

関ケ原が、文化的にも日本を西と東に分ける「天下の分け目」で、西と東でこんな違いがあるんだよ~という展示がなんだか興味深かったです、はい。で、実はもう一つ非常に良い展示があって・・・

関ケ原_2210_06

エレベーターで最後に5Fの展望室に登るのですが・・・

関ケ原_2210_08

周辺に高い建物が無いので、超絶眺め良好。岐阜方面まですかーんと抜ける青空。で・・・・

関ケ原_2210_07

足元に周辺の巨大航空写真があり、関ヶ原の戦いの陣容を「鳥の目」で立体的に想像できるという仕掛けなのだ。丁度、この記念館の足元に、徳川家康が最後に陣を置いたという場所が間近にあります。 これは良い眺めだよねえ!としばしマッタリ。

関ケ原_2210_09

1Fにでっかいお土産屋さんにこじゃれたレストランも完備。あまり時間がなかったので、駆け足で1時間半ほどで見たのですが、もちょっと腰を入れて見たかったかも!。少々もったいなかったです。(間違いなく、再訪する予感・・・汗) で・・・

関ケ原_2210_10

記念館の隣接にある、徳川家康が最後に陣を置いたという場所まで見学に行き(なぜか写真失敗汗。こちらはその隣にある貴船神社なり。)で、かなり大満足で、そろそろお風呂に入りにいく?ということに。

関ケ原_2210_11

関ケ原周辺で良い感じの立ち寄り湯が見つからなかったので、以前から行きたい!と思っていた長浜のある「あねかわ温泉」に。ざっと30分ほどの工程。(途中で道の駅、伊吹の里にもちょっとだけ立ち寄り)

関ケ原_2210_12

お値段がこちら。露天風呂が人工炭酸泉、天然温泉2種で、内湯がジェット系の寝湯を含む3種類ほど、サウナは無し!なので我が家では訪問優先順位が低かったのですが、お肌に優しそうなヌルトロ系のいいお湯で、温泉自体はかなり好き度高し!という感想。露天風呂の隣接が結構深い森で、ずっとコオロギの鳴き声を聞きつつ、のんびりお風呂。そんなにお湯を熱くしていないのも好感度大。小学生以下の子供を受け付けていないので、なんだか非常に静かでノンビリできました。で・・・

関ケ原_2210_15

窓越しの緑が綺麗な、ゆったりした風呂上りゴロゴロ場所も完備。半数以上寝台は埋まっているのですが、こちらもありえない静けさ。いやー!寝るわこれは!という感想。

関ケ原_2210_13

で、案の定ちょっとだけ昼寝し(汗)、帰りに再度、別の道の駅「浅井三姉妹の郷」で地元産ジェラートを食べて・・・

関ケ原_2210_14

バターナッツカボチャやら何やら野菜類を色々購入して(もしかすると、この写真は伊吹のほう?)、マッハで帰宅。途中、名神の多賀PAでえびせん大量購入・・・汗汗。なかなか良いドライブになりました。
関連記事

0 Comments

Add your comment