fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

うなぎや源内@滋賀 彦根

2022
14
滋賀県で2年に1回開催されている国際芸術祭、BIWAKOビエンナーレ。ご飯ネタだけ先に書きますよ!のその2です。その一は、近江八幡の琵琶湖食材が豊富な居酒屋さんでした。

20221106_105947-1_1.jpg

彦根城の見学を終えたのが10:30。11:00から開いている鰻屋さんに行けそうじゃないの!と10:45に「夢京橋キャッスルロード」にある鰻店前にいったら、順番取り表が置いてあって、一番目がGETできてしまうわけで。お店の名前は「うなぎや 源内」、店名は土用に鰻を食べると良い!という、日本初の鰻料理キャッチコピーを考え出したとされる「平賀源内」からだと思われますな。彦根の水産会社がやられているお店で、お隣で鮎の串焼きの旨そうな香りをキャッスルロードに巻き散らかしている(汗)「あゆの店 きむら」も系列店のようです。


20221106_110210-1_1.jpg

時間通りに開店し、一番目に名前を呼ばれ店内に。30席とそんなに席数はないのですが、想像以上にゆったりした空間。で、2階席も完備。そちらのテーブル席に入れてもらうのだ。メニューは御覧のように鰻丼にひつまむしはお約束で、お値段も昨今の鰻店では概ね、標準価格帯。

20221106_110233-1_1.jpg

ちょっとだけ呑みたい派な我々はアテがあると嬉しいなあとメニューをめくると、流石琵琶湖のほとりなので鮒ずしも完備。前日夜に頂いているので、アテを2種、あとは鰻丼!ということに。

20221106_110407-1_1.jpg

で、みるみる席が埋まっていくのを眺めつつ、お料理を待つのですが・・・

20221106_110805-1_1.jpg

待つまでもなく、瓶ビールは¥600、ノンアル¥400は注文3分後に登場。と、一緒にサービスで骨せんべいが。ポリポリと良い暇つぶしですな。で・・・

20221106_110939-1_1.jpg

小鮎煮は¥800なり。佃煮ですが、これまた琵琶湖の幸!的な。そんなに量は無いですが、良きアテなのだ。これは、日本酒と合わせると良いよなあ!と思ったのですが、これからまだ随分歩く予定なので、ビールだけで我慢、我慢・・・汗

20221106_111524-1_1.jpg

肝焼きも入店1組目でしたのでOKでした。¥900で8匹、いや9匹分もついていてびっくりなのですが、串はしておらず、非常にレア焼でこれまた美味しい。面白いのが、肝焼きの下に敷いてあるのが青ネギの焼いたもので、これを肝焼きに合わせるとなかなか乙なお味でイケております。 以上が入店後15分でテンポよく進行。

20221106_111942-1_1.jpg

で、入店後19分後に、鰻丼がばばーんと。では、開けますよと!

20221106_112022-1_1.jpg

奥側が鰻丼の上¥2800、手前が特上で¥3800なり。上で鰻2/3匹分、特上で一匹分なのですが、このビジュアルなら上でもOKだよなあ!と言う感想。湯葉入りの肝吸い、お漬物つきで、ご飯大盛りも無料ですが、両方とも普通量。

20221106_112026-1_1.jpg

特上アップ写真。関西風の蒸し工程の無い腹開き焼き鰻ですな。あまり焦げないようにコントロールされているのですが・・・・

20221106_112228-1_1.jpg

かなりな肉厚の良い鰻をお使いで。季節により色々な産地の鰻を出されていて、今日は鹿児島産とのこと。皮はぱりっと、とむっちりの中間ほど、皮の裏側の脂も程よく、身はふっくら。タレは濃度さらっと目の中庸な感じで、バランスは良好。こういう観光地、それもお城の真ん前という立地ですので、実はあまり期待せずに入ったのですが(汗)、いやいやどうして、非常にうまいじゃーんと言う感想。鰻好きのツボはきっちり押さえているお店ではないかと。

実は、我々が並ぶ前に1組、作業服のおじさん2名が前のベンチに座って待たれていて、え?と思ったのですが、お持ち帰りのお弁当待ちの方で、地元民にも便利に使われているお店なのかも!と思いつつ、美味しく頂きました。

ま、以上で¥10000程ランチになるのですが、この質なので全然大納得。ご飯量は、御覧のように控えめですので、お若い人なら大盛りをお願いすれば大満足ではないかと。いやー旨かったです、ご馳走様!



◆うなぎや源内
住所:滋賀県彦根市本町2-1-6
営業時間:11:00~14:30 17:00~20:00(L.O)
TEL:0749-27-5025


で、先のネタに続き、BIWAKOビエンナーレの経路説明のネタを。
近江八幡のホテルで朝7:00起床、8:00にはホテルを出て、9:00前には彦根に到着。彦根城内にはBIWAKOビエンナーレの会場が合計4か所あるのですが、BIWAKOビエンナーレのほかの会場のように10:00オープンではなく、彦根城と同じ朝の8:30からオープンされているので、ゆったり目に彦根城を見学できました。

20221106_092523-1_1.jpg

昨日の午前中は曇天だったのですが、今朝から抜けるような青空。彦根城と紅葉!が美しいのだ。

20221106_093937-1_1.jpg

高台にある彦根城からは、彦根市の風景が殿様気分で眺められるのですが、今日は彦根沖にある多景島の「霊夢山見塔寺」までずーっと見渡せる抜けるような良いお天気。スマホの10倍ズーム大活躍。

20221106_100604-1_1.jpg

で、彦根城内にある庭園二か所「楽々園」、それに「玄宮園」も大堪能! で、先ほどのランチネタに続くわけで。ランチを35分で済ませ(汗)、その後は、彦根市内の残りのビエンナーレ会場6か所を見学。

20221106_122149-1_1.jpg

今年も面白かった、元銭湯の山の湯。最後に車を近所に停めていた彦根市役所にも1つ展示があるので覗きに行って、サクサクと見学が完了。(一昨年と同じ会場がほとんどだったので、Googleマップを見る必要もなく、全く道に迷わなかった、というのはあります) 完了した時点で、13:30というサクサクさ。

20221106_131034-1_1.jpg

今回は、電車で一駅分離れている、車で10分ほどの旧中山道「鳥居本宿」の会場に移動。

20221106_132404-1_1.jpg

で、「赤玉神教丸」という昔ながらの丸薬を製造販売されている「有川薬局」が非常~に良かったです。14:10には撤収だ!ということに。

20221106_150647-1_1.jpg

折角なので、途中でお気に入り道の駅、「あいとうマーガレットステーション」に30分ほどかけて寄って・・・

20221106_145333-1_1.jpg

おやつに旨いジェラート(私、1つ覚えのラムレーズン、相方は、きなこと小豆)でホッコリ超旨! で、自宅到着、確か18:00チョイ前でした。
BIWAKOビエンナーレのご紹介は、我が飯ネタだらけ駄blogではあまり需要がなさそうなのですが(滝汗)、実は昨年よりも更にぐっと良かった!と言う感想でした。自分の備忘録代わりにこの週末には書く予定です。

関連記事

0 Comments

Add your comment