fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

INUI 戌亥@川端二条

2022
29
で、紅葉ネタを優先的に書いているので、また訪問からネタダシが10日間ほど経過しているのですが、先週行って、これはなかなかすげえなあ!と感動したお店のご紹介。11月に正式オープンしたばかりのニューカマー店、「INUI 戌亥」、お料理のカテゴリーは無国籍料理になっているのですが、アジア系な旨いアテを頂きつつ、ワインや紹興酒!で楽しめるお店。ネタ元は、Instagramでフォローしている京都食い意地系な人々から。

INUI_2211_01.jpg

で、いつものごとく金曜日の夜、オープン時間にやってきた18:00。前日に予約を入れたのですが、ええ?どこ?!とちょっとわかりにくい立地。Googleマップには正しい位置が表示されているので、それを目印に。川端二条交差点の一つ上の道路で、お好み焼き店の夢屋の角を東に入ったところ。こういうマンションの奥、にあるという。

INUI_2211_02.jpg

我々が本日一組目のゲストでした。店内は、こんな感じで中々にお洒落。4人テーブル2に・・・

INUI_2211_05.jpg

長い10席の相席テーブル。みるみるお客様が集まりだし、1時間ほどで満席になるのだ。(飛び込みで来て、断られている人2組)現在はおおよそ、お知り合いのお若い業界人が集結してくるという状況。
どちらかというと、軽く食べて呑む二軒使い店に良好!との前情報で、この後、「和酒 美ずき」に7周年記念のお祝いに呑みに行く予定なので、2時間までで、余力を残して軽めに頂こうという作戦。

INUI_2211_03.jpg

で、メニューなのですが、これが面白い。アジア系な食材や調理法を使った創作アテ料理、と言うような感じですなあ。御店主は京都の一部業界人の間では「妄想異国料理人」として有名な方で、我々も好きな「マンボ飯店」でコラボされていたりするようです。メニューの字が非常に小さいので、詳細はお店でご確認を(滝汗)

INUI_2211_04.jpg

で、お酒を頂くお店なのですが、これがまた面白い。ワインはまあ、当然として、紹興酒がグラスで各種揃っているのが、我々的にはツボ。日本酒は2種ですが、これも面白いチョイス。

INUI_2211_06.jpg

相方より20分近く先に来てしまったので、ハートランド小瓶¥600に蓮根のアチャール¥400を貰って、暫し待つのですが・・・

INUI_2211_07.jpg

このアチャールにしっかり絡まっているスパイスペーストが結構がしっと!辛いのですが、なんだか滅茶ウマ。そこらにあるマニア系カレー店のアチャールなんぞより、断然旨いじゃん!と嬉しくなっていると、相方から「お店の場所がわからん~」と連絡あり、人見の前まで向かえに行くのだ(汗)

INUI_2211_08.jpg

で、相方は2本空けていたボトルから、グラスの白(自然派のオレンジワインでした)¥900を、私は早速、グラス紹興酒「紅桜夢6年」¥600で再スタート。

INUI_2211_09.jpg

レバームース、カシス、生胡椒 バターナッツカボチャとチーズのワッフル¥850なり。いやー、こういうお店で扱う酒のアテとして、面白すぎるチョイスですなあ。上に乗っかっているのはレバーペーストを更に柔らかくクリーム状にまで泡立てた感じのレバームースで、その上からカシスの甘いソース、それに刺激がある生の粒胡椒が掛かっているという。

INUI_2211_10.jpg

バターナッツカボチャとチーズは、ワッフル生地に練り込んでいるのだと思われますが、これは超旨。照明が暗めなので、お店で見る方が10倍旨そうに見えます(汗)

INUI_2211_11.jpg

相方は速攻でグラスワインを空けて、日本酒にスイッチ。福井は美川酒造場謹製「舞美人 sanQ(サンキュー) 山廃純米」なり。日本酒度が-8、酸度が6という、かなり甘スッパ系で、甘口白ワインのような印象。紹興酒と一緒に置く日本酒としては非常~に適切感あり。辛いものにも相性が良いでしょうな。一合売りで¥900なり。

INUI_2211_12.jpg

照明がテーブルを照らすピンスポットのような感じなので、照明の真下から離れるとかなり暗く、写真映りが良くなくてスミマセン(汗)で、薄切り赤大根に隠れて登場したのは・・・

INUI_2211_13.jpg

短角牛のタルタル。牛肉成分は多分60%強ほどなのですが、一緒に合わせている香草や紫玉ねぎ、ケッパーにハリッサ、それに突然口に甘いものが飛び込んでくるので何!と思ったら刻んだ黒ニンニク。様々な食材が思わぬ調和を生み出していて美味しい。これもハリッサのおかげで、かなりしっかり目に辛く、異国のスパイス料理!と言う感じ。

INUI_2211_14.jpg

それを赤大根の薄切りに乗っけて頂くわけで。思わず紹興酒をお替り!という。量的にも大満足な¥1300! 安すぎ&どこの国ですか!という。

現在、御店主とサポートのおねえさんの2名体制なので、流石に料理進行はかなりゆったり目。他のテーブルに出てくる皿についつい目が行くのですが、基本お料理を1人でこなしておられるようなのに、盛り付けが非常に繊細かつ丁寧で、こりゃ大変そうだなと。ま、吞みながらだらだらできる派なので、周囲を観察しつつノンビリ。

INUI_2211_15.jpg

で、〆はインドシナフライドチキンで¥1100なり。いやー、こういうお店でフレッシュなトムヤン風なグリーンペーストを絡めた唐揚げですか!という驚き。バイマックルー(こぶみかんの葉)が使われているようで、ナンプラーと共にむっちゃ香ります。非常にジューシーで美味しかった!大盛りで喰いたい! しかし、こういう盛り付けをするので時間がかかるのですな(汗)

実はもう1品、途中で追加注文していたのですが、材料切れでキャンセルさせて頂いて、以上、瓶ビール小に、紹興酒グラス2、白ワイングラス1、日本酒一合とそこそこ呑みで〆て¥7000チョイ!というお手頃価格。

帰りがけに御店主から、時間がかかってごめんなさいフォローがしっかり入り、「また、次回は夜遅めで来ます~!」と予告してお店を後にしたのだ。 この規模で満席になると流石にお二人で回すのは厳しそうなのですが、お料理が面白過ぎなので、また来る気満々店。当面、週末は気長に呑んで待っておれる人限定で、大大大!オススメいたします。御馳走様でした。近日、再訪確実。




◆INUI 戌亥
住所:京都市左京区新先斗町133 サンシャイン鴨川 102
営業時間:18:00~23:00 水休
TEL:075-600-2017

INUI_2211_16.jpg

で、食後は、久々に美ずきに。7周年のお祝いにお手軽シャンパーニュを持っていったのですが、陽子先生と3人で1時間半ほどで見事に空けるのだ。

INUI_2211_17.jpg

なんだか、いい夜になりました。

関連記事

0 Comments

Add your comment