fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

【まとめ記事】2022年、アクセス数ランキング50

2023
04
2021年12月から、GoogleがBlog管理者向けに提供されている「アナリティクス」を我が駄blogでも使えるようにしたのは、こちらの中華料理店ネタの「枕」に使ったのですが、アナリティクスとは、ホームページのアクセス解析を行える無料サービスです。(更に、有料の高機能サービスもアリ)

本来は企業の宣伝やアフェリエイトをやっているような人が、アクセス増のためのネタ探しを行う解析ツールなのですが、様々な切り口でアクセス解析が可能で、どの程度、新しい読者のアクセスがあるか?、どんな通信環境で読まれているか?、どの程度の時間でページが読まれているか?などの解析が無料版でも可能で、眺めているだけで結構面白いのです。(いや、全然使いこなせていないのですが・・汗)

で、2022年の全ページ総ビュー数で概ね100万アクセスほどの当駄blogなのですが、1年分データが溜まりましたので、2022年にアクセス数が多かったお店ネタの上位50位を順にご紹介してみようかと。「このようなネタが読まれているリスト」ということになるのですが、いやー、これまた需要があるか微妙ですな。
が、概ね自分の覚書のために(滝汗)書いてみることにします。まずは、50位から31位までのご紹介。



■50位~31位 (日付は書き込み日です)

50 老重慶 川菜館@竹田街道沿い中華料理店巡り4 :2020/1/14
49 元気小煮 麻辣烫@京都現地系中華料理店巡り20 :2021/5/21
48 京馳走 佳辰(かしん)@JR京都駅八条口 :2020/8/2
47 長命寺温泉 天葉の湯@滋賀県近江八幡市 :2020/8/31
46 竈炊き立てごはん 土井@京都駅八条口 :2022/3/3
45 Bistro&Wine espace(エスパス)@京阪三条 :2022/9/6
44 2022年 伏見酒蔵(半)開きに参戦@22/4/16(前編) :2022/4/26
43 老上海@京都現地系中華料理店巡り19 :2021/4/20
42 Bistrot MANKAIでディナー(3)@中書島 :2022/3/10
41 久々、Bistro四川食堂(14)@近鉄伏見駅 :2022/3/15
40 セジールで肉まみれランチ(3)@滋賀県 南草津 :2022/3/7
39 京都さしみ丸@松原通御幸町西入 :2022/3/23
38 ryuen@三条通室町西入ル :2022/8/1
37 京都駅のJR京都伊勢丹で買える贅沢お弁当 :2016/11/24
36 鮨 えいろう@JR京都駅前 :2022/9/13
35 お昼の料理屋fudo by 安保清市@京都市役所前 :2021/8/5
34 卯凪(うなぎ)@北大路大宮下ル :2021/4/27
33 カンティーナ・ロッシ@出町柳 :2022/5/23
32 洋食 おがたでディナー(2)@柳馬場押小路上ル :2022/7/7
31 魚河岸 やま久でランチ(2)@丸太町堀川通り東入 :2022/4/1


ユニークユーザーで1500アクセス/日ほどの駄blogで、50位~31位までは概ね累積アクセス数は800~1000以下と言うような状況。あー、そうなのか!これは面白いわと思ったのが

●37位のお弁当ネタが、2016年の書き込みにもかかわらず結構お読み頂いていること
●2022年度ネタが10件で、意外とかなり前に書いているネタが読まれていること
●44位の伏見酒蔵ネタは、後半は250位圏外でアクセス数が半分以下。大作は読まれないなあと反省。

など。この順位ではアクセス数はどんぐりの背比べで、31位と50位のアクセス数の差はわずか150でした。現地系中華料理店ネタが3件あるのですが、ネット検索でやってこられる人が半数以上。他のネット情報源に書かれないネタは検索順位があがる影響でBlogを見に来ていただいているということなのでしょう。
ちなみに解析結果によると、複数回アクセス頂いている奇特な方々は、概ね2万人ほどです。いつもありがとうございます~。



■30位~11位

30 ビストロ 仙人掌@亀岡市 :2021/7/23
29 老炮儿包子(老砲豚饅頭)@京都現地系中国料理店巡り25 :2022/12/9
28 bistro & wine 苑(en)@岡崎白川 :2022/5/31
27 食堂デイズは平日ディナーがオススメ(3)@河原町通四条下ル :2022/6/29
26 無名小吃でランチ(6)@京都現地系中国料理店巡り再訪編 :2022/6/22
25 多来多来(たくたく) 本店@久世郡久御山町 :2018/8/18
24 居酒屋 よこちょうでランチ(1)@二条通川端東入 :2021/2/08
23 【まとめ記事】2021年、心に残った12軒 :2021/12/27
22 洋食堂 すずき@二条城前 :2022/7/27
21 自然坊たなかでランチ(2)@滋賀県大津市 :2021/6/4
20 INUI 戌亥@川端二条 :2022/11/29
19 お料理 まえしろ@麩屋町通押小路上ル :2022/5/19
18 bistro bebe@松原通御幸町東入 :2022/6/3
17 千里うなぎ ホテルエミオン京都店@JR梅小路京都西駅 :2021/1/27
15 小梟(シャオシャオ)@塩小路橋東詰 :2022/11/18
14 うなぎ 鯉 ちか定@滋賀県 石山 :2022/8/19
13 DUPREEでランチ!(2)@岡崎 :2021/9/29
12 Kazuka多佳@出町柳 :2022/10/3
11 うなぎのいとう@三重県伊賀市 :2021/3/10


30位~11位で累積アクセス数が1000~1500くらいですが、記事をアップして2か月ほどしか経過していない、INUI 戌亥、小梟がこの辺りに食い込んできております。 Kazuka多佳は書いてから他のメディア(TVと雑誌)で紹介されたので検索が増えたようです。当駄Blogで継続的に深草周辺でWatchしている現地系中国料理店ネタも2つ含まれておりますし、「うなぎのいとう」や「食堂デイズ」等、自分が好きなお店だと思っているネタが読まれていることが分かり、内心大ニッコリ。とりあえず、今年も現地系店は積極的に回らなくては!です。




で、ここからは1件ずつ画像付きでご紹介。実は上位ほど自分的には予想外な結果となっています。

10位 
満幸商店Ⅱ@和歌山市加太 :2018/8/15
住所:和歌山県和歌山市加太1323

スイカメモ:和歌山と大阪の県境にある港町、加太にある人気食堂、満幸商店のお洒落なカフェ風二号店。満幸商店は加太の淡島神社参道にある海鮮系お土産屋さん&海の家的な食堂なのですが、御店主がお料理センスのある方で何を食べても美味しい。鯛出汁の「山葵スープ」、それに超てんこ盛りの「しらす丼」(写真はミニサイズ)は必食!4年前の記事なのですが、また再訪しなくては。

満幸商店Ⅱ_8



9位
ハシヤとナカセ@東洞院松原下ル :2022/6/20
住所:京都市下京区大江町547-8

スイカメモ:京都イタリアン「イル・ギオットーネ」出身のシェフとソムリエがタッグを組んで、昨年5月にオープンされたニューカマー店。別ネタの【まとめ記事】2022年、心に残った12軒でもご紹介。今年上半期で個人的には一番ツボだったお店で、それ以降、合う人合う人に「今年はハシヤとナカセが来ますから!」と言いふらしていたので、印象に残っている方も居られるかもです(滝汗) お洒落イタリアンではなく、あくまで居酒屋ですのでそういうのがお好きな人に。

ハシヤとナカセ_2206(小)_026



8位
うどん えんどう@今熊野 :2022/6/13
住所:京都市東山区今熊野池田町4-14 レッドケンビル B1F

スイカメモ:高級料理店専門の魚屋さんの御店主が息子さんに代替わりされ、引退後に起こされたご夫婦で営むうどん屋兼居酒屋。こちらも別ネタの【まとめ記事】2022年、心に残った12軒でもご紹介しているのですが、我が家では定番化している活動パターンで、速攻で小宴会を開催!となったお店。 カレーうどんをまだ食べていないので行かなくては!

えんどう_2210_12



7位
おでんと酒 大河桃山@大手筋商店街 :2022/9/2
住所:京都市伏見区新町5丁目495番地 北本ビル1F101

スイカメモ:伏見桃山の大手筋商店街に現れた、おでん&日本酒バル。お料理は馬鹿旨ではないのですがシミジミ旨、大手筋周辺で気軽にゆったり呑める、普段使いには非常に有りがたいお店。日本酒のチョイスも手堅いのがGOOD。我が家の昨年の京都最終外食がこちらでした。店名はうどん屋さん関係ではなく、お孫さんの名前から付けられた模様。我が家から徒歩圏なので、多分、今後ともちょこちょこお世話になりそうな予感ですな。

大河桃山_2209_11



6位
創作料理 魚河岸 やま久@丸太町堀川通り東入 :2022/3/9
住所:京都市中京区丸太町30-1

スイカメモ:昨年1月オープンした海鮮ランチが人気のお店。若干お高め設定でボリュームで客を納得させる設定なのですが、お料理の組み合わせにも工夫があり、お得感あり。我が駄blogのアクセス数ランキング50位中に、唯一、2つの記事が同じお店でランク入りしたのがこちらでした。皆さん、あちこちの情報源で知って検索されているようで。ランチ時は小鉢てんこ盛りの刺身定食、エビフライ定食などが人気なのですが、夜メニューも大変良いとの噂なので、一度行かなくては~!。

やま久2202(小)_003



5位
餃子お持ち帰り(2)、マルシン飯店&祇園餃子 :2021/10/27

スイカメモ:いや、まさかまさかこのネタがここに食い込んでくるのか!なのですが、マルシン飯店のネームバリューのおかげでしょう。コロナ渦中に流行しはじめた24時間無人販売のお店も、厳しいところは厳しいようで撤退を余儀なくされているようですが、冷凍自動販売機は、餃子以外のアイテムも取り込みつつ、まだ増殖しているような気がする今日この頃です。

マルシン飯店&祇園餃子(小)_001



4位
天ぷら割烹 臣 (こと じん) @滋賀 膳所 :2021/7/19
住所:滋賀県大津市馬場1-4-30 スペースVANVA1 1F

スイカメモ:コロナ渦中で京都市内の飲食店が〆られた時期に、山科在住のFB友、AOK夫妻とご一緒した滋賀県の天ぷら割烹店。昨年ネタなのですが、テレビでランチのお店紹介があったようで、その日の検索がいきなりドカンと!というパターン。夜メニューは揚げたて天ぷらと握り寿司、それに日本酒に寄りそうアテがコースで出てくる趣向ですが、なかなか良い感じだと思いました。日本酒も各地のものを色々呑め、CP良好な一軒。また機会がありましたら是非。

湖都臣(小)_013



で、ベスト3!をいよいよ発表! 4位~10位は2000アクセス程度なのですが、3位、2位は3500超、1位のみ5000アクセス超!というよくわからない状況。他のネット上の情報が無いので、当駄blogの検索順位が高いからだと思われますな。



3位
おゝ杉@大津 :2019/2/20
住所:滋賀県大津市中央3-4-30

スイカメモ:これも4年前のネタなのですが、山科在住のFB友、AOK夫妻プレゼンツ宴会への参加ネタ。これが非常~に良いお店で、うなぎのしゃぶしゃぶ、それに鴨の陶板焼のダブルメインメニューのコースが¥6500!という有りえない設定で、参加者一同超絶喜んだのですが、それ以来全然予約が入らない~!ことに。こちらも再訪機会を狙っている一軒。滋賀の日本酒が超揃っているのも二重丸◎!です。

おお杉16



2位
PIZZERIA 儘(Mama)@嵐山 :2021/7/13
住所:京都市西京区嵐山西一川町1−5

スイカメモ:観光地、嵐山に出来た、阪急電鉄保養所のリノベーション物件、ホテル「嵐山邸宅MAMA」。その一階にあるお洒落で雰囲気の良いピッツアリア。季節の移ろいを感じられる箱が非常に素晴らしいのですが、ピッツア屋さんとしてもかなり二重丸◎!なお店。和風トッピングのピッツアが美味しい。こちらもGoogleの検索順位がなぜか3番目なので、旅行前に検索されているようです。

儘(小)_011



1位
台湾美食 裕福 岩出店@和歌山県岩出市 :2022/1/9

スイカメモ:このネタも、まさかまさか1位になるなんて面白すぎ!な一軒。和歌山県内のロードサイド中華料理/台湾料理チェーン店。高野山口に本店があり、こちらが三店舗目。そんなに台湾!という感じはしないのですが、スタッフの皆さんは中国人?が多いようで、半現地系の様な感じのボリュームは間違いない!普段使い店。Facebookの和歌山系食べ歩きグループでは結構頻繁に書かれていたので覗きに行ったのですが、いやー、最近のblogで何が読まれるかは、いち早く書くこと、あとはGoogle様次第、ということのようですな。勉強になりました。

裕福2112(小)_010



で、結構頻繁に書いているラーメン店やうどん店、蕎麦店などのランチネタは、専門で書かれている人が多く居られるので、うちのblogでは閑古鳥が鳴いていて

ラーメン店最高位:177位 麦の夜明け@西大路花屋町西入 :2022/5/30
うどん店最高位:143位 三代目おうどんや 饂の神@伏見桃山  :2022/7/22 (うどん えんどうは居酒屋なので除く)
蕎麦店最高位:250位以内に無し

という結果でした。いやー、需要の無さになんだかへこむのですが、今年はどういうお店のネタを書くか悩みたいと思います。とりあえず、「料理とお酒のマリアージュが楽しめるお店をご紹介」というコンセプトは概ね間違っていなさそうな予感ですな。良きお店がありましたら、またFacebookやこのblogのコメントでタレコミのほう、よろしくお願いいたします。

以上、まとめるのに結構時間が掛かる&来年も同じお店が上位に来る可能性大!なので、需要を見つつ、次回に続いたり続かなかったりする予定です~。



↓「拍手」をクリック頂きますと、管理人が超~!喜びます。
関連記事

0 Comments

Add your comment