fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

生粉打蕎麦 玄太でチョイ呑みディナー(5)@伏見桃山

2023
21
書きやすいネタから書いているので前後入れ替わりつつ、1/8の晩御飯ネタ。
朝早くから「東山福巡り」でうろうろしていたので、結構いい感じでお腹が減った18:00。相方の提案で中書島にあるお気に入り日本酒バル、楓Fuに行くことに。それなら、その前にお腹に何か入れていこうという作戦。

玄太_2301_01

我が家では楓Fuに行こう!と思いつくと連想ゲームでこちらを思い出すのですな。我が駄blog5回目の登場、生粉打蕎麦 玄太なり。伏見桃山界隈では特に蕎麦前が美味しい蕎麦店として、確か楓で教えてもらってから通う様になったように記憶。好みの日本酒をお手軽価格で置いておられるので、蕎麦前(気の利いたアテ類)と日本酒だけで大満足できてしまうのだ。

玄太_2301_02

顔バレしているお店なので、お久しぶりです~!と店内に。前回はこのネタなので結構久々だったのですが、以前の小上がり席が4人掛けテーブル席に改装されて、非常に広々スッキリ!とした感じですな。テーブル席に入れてもらう。

玄太_2301_03

当日は、いがぐり頭の御店主と柔和な奥様、それにしゃきしゃきとした接客のお若いお姉さんの3名体制でした。で、黒板に書いてある超豊富な蕎麦前をチェックし、これは鮪とローストビーフは外せないなということに。

玄太_2301_04

何から呑もうかと日本酒メニューもチェック。とりあえず・・・

玄太_2301_05

喉が渇いていたので、エビスからゆるゆるとスタート。全20席ほどのこじんまり店なのですが、既に半分ほど席が埋まっている状況。最近は飛び込みでは厳しい日が多いので、ま、予約が無難ですな。今回は当日の開店時間に予約。

玄太_2301_06

で、置いてあるときは、ほぼ注文している気がする本鮪の刺身が一品目。本日は青森産で赤身三貫、中トロ三貫。この肉厚さを¥1200で出していて、色々と大丈夫ですか!という感想ですな。いやー、蕩ける旨さ。

玄太_2301_07

これは日本酒だよねえ!ということに。左手は、長野は北安醸造謹製「北安大國 純米無濾過生原酒」で¥850なり。右手は澤乃井で有名な、東京は小澤酒造「蒼天原酒 純米吟醸」¥1000なり。北安大國は多分、初めて呑んだ気がするのですが、しっかり目の酸で結構どっしりしていて旨かったような。

玄太_2301_08

相方が必ず注文しようとする天ぷら盛り合わせ。¥880で海老に蓮根、椎茸に万願寺、サツマイモと南瓜。油切れの良い軽やかな揚げ上がりで揚げ物類全般とも美味しい。

玄太_2301_09

更に日本酒。福井の三宅彦右衛門酒造謹製「早瀬浦 新酒槽搾り 純米酒」¥800なり。福井の日本酒は概ね好みのものが多いのですが、これがまたスッキリスルスル行ける危険なタイプ。右手は兵庫は太田酒造謹製「千代田蔵 純米生原酒 フクノハナ しぼりたて」¥780なり。いやー、これまた旨かったような!

玄太_2301_10

最近は年中見るような気がする、菜の花酢味噌和えは¥600なり。炙った薄揚げと合わせてあるのですが、こういうものもしっかり美味しい~。泣けますな。

玄太_2301_11

で、但馬牛のローストビーフで¥800なり。御店主曰く、フライパンで赤身の塊をころころ焼いてあるそうですが、こんな感じに仕上げるのは技ですなあ。お得すぎ!と言う感想。
蕎麦前だけで、もうかなりお腹はいい感じなのですが、やっぱり蕎麦はちょっと食べたいと・・・

玄太_2301_12

ざる大盛りをツユ2セットでお願いするのですな。こういう柔軟性のある注文もOK。(ま、先に蕎麦前をしっかり頂いているので・・・) 

玄太_2301_13

ご店主は福井で蕎麦打ちを習っているそうで、平打ち太麺の福井風なのですが、腰しっかりで超ウマ。

玄太_2301_14

で、仕上げに蕎麦湯でほっこり。〆て瓶ビール1に日本酒4合で¥9000割れというう大大大大納得なお支払い。新戦力に加入したアルバイトのお姉さんのおかげなのか、テーブル席に改装したのが良かったのか、概ね満席進行なのに、お酒やお料理待ち時間が随分短縮されたような気がしました。 またまた、気が向いたらやってくる気満々店。伏見界隈でうろうろしてる酒呑みなら押さえておくべき一軒ではないかと。 ご馳走様でした~。良いお店です!





◆生粉打蕎麦 玄太(きこうちそば げんた)
住所:京都市伏見区魚屋町574 ハイツ桃山
営業時間:1:30~14:30 17:00~20:00(L.O) 水休・第3火休
TEL:075-755-5116


玄太_2301_15

で、食後やってきたのは玄太から徒歩5分チョイほどの中書島、Sake cafe 楓fuなり。本日は我々が入って満席に。

玄太_2301_16

東北酒が豊富なのですが、本日のスタートはこんな感じから。

玄太_2301_18

常連さんが書かれた絵手紙を見せて貰ったりしつつ、ま、のんびりと。オーナーご夫妻の飲食店の好みが概ね我々と同じような感じなので、色々と情報交換しつつ・・・

玄太_2301_17

小鉢に入っているのはヒグマの煮込みをお相伴させて頂いたもの。後なんだったかな。これは燗酒ですよねえ!と、結局1時間半ほどのんびりさせてもらいました。また来ます~。

関連記事

0 Comments

Add your comment